バンコク・レストランランキングの決定版! 英字タウン誌『BK Magazine』による「Top Tables 2018: Bangkok’s 100 best restaurants」がリリース

Bangkok-Top-Tabele-2018

年末から、各地域のランキング発表のラッシュが続いていますが、バンコク・エリアでは本命とも言える、英字タウン誌『BK Magazine』による「Top Tables 2018: Bangkok’s 100 best restaurants」がリリース。ランキングとしては、TOP30店のランキング、100店のリストが公開されています。
オフィシャルwebサイトはこちら

『BK Magazine』の「TopTables 2018」とは?

『BK Magazine』は、バンコクのタウン情報を伝える英語メディア。ですので、日本で例えるなら、『ぴあ』というより、『Time Out』のようなテイストでしょうか。バンコクに根付いているだけあり、インターナショナルなランキングメディアより細かな情報は網羅しています。

と言っても、タイ語のものではないので、マニアックになりすぎず、外国人の私にもちょうど良い記事のバランス。なので、ちょくちょくチェックしています。

Bangkok-Top-Tabele-2018

バンコクのことはうちに任せろという矜持は当然あるでしょうから、昨年末にリリースされた「ミシュラン バンコク」の格付けへのアンサーになっている部分もあるのかな?と勘ぐってみたりしています。

「いやいや、バンコクのグルメシーンは、こうなってるでしょ?」っていう感じで。

ミシュラン2つ星の『Mezzaluna』がTOP30には入ってないとか、勝手な憶測ですけどね。

そんなバックボーンからか、今回も、非常に納得感のあるランキング。現時点の決定版としては、このリストを推したいですね。TOP10なんかはとくに。

とりあえずこの10店を網羅すれば、いっぱしのバンコクガストロノミー通でしょう。

 

TOP10内にランキングされたレストラン

No.1:『Suhring』モダンジャーマン

bangkok_suhring
ますます評価は安定してきていますね。私が行った1年前よりもさらに凄みが増しているという話も聞きます。

日本語可!『ズーリング』をグルヤクで予約する

 

No.2:『Le Normandie』フレンチ

アジア屈指のフレンチなのは、もうわかっているから、という理由かどうかはわかりませんが、あまりメディアでの話題にはならなかった印象がありますが、ミシュラン2つ星獲得で、話題性でも少し盛り返しましたかね。

日本語可!『ル・ノルマンディ』をグルヤクで予約する

 

No.3:『L’Atelier de Joel Robuchon』フレンチ

Bangkok-L'atelie- de-Joel-Robuchon
ロブションの味が好きな方ならバンコク店でも満足できるでしょう。他都市と決して変わらないクオリティです。

 

No.4:『Gaggan』プログレッシブ・インディアン

Thai-Bangkok-Gaggan
アジアのベストレストラン50では3連覇、ミシュランでも2つ星と確固たる地位を確立。

ただ、クロージングに向けての端境期という印象。質が落ちているわけではなく、むしろエンディングに向けてふたたび盛り上がっていくでしょう。

特別賞「ベストワインリスト店」も受賞。

日本語可!『ガガン』をグルヤクで予約する

 

No.5:『80/20』イノベーティブ

Bangkok-80-20
さりげなく若手では、トップの評価になってきていますね。

『ノーマ』以降のイノベーティブをタイ料理で表現するスタンスは、今のところ、唯一無二の店と言えるでしょう。

日本語可!『80/20』をグルヤクで予約する

 

No.6:『Paste』 コンテポラリー・タイ

bangkok_paste

2018年度のアジア最優秀女性シェフを獲得し、ミシュランも1つ星を獲得。今ノリにノッてますね。

日本語可!『ペースト』をグルヤクで予約する

 

No.7:『Le Du』 コンテンポラリー・タイ

Thai-Bangkok-Restaurant-Le.Du
今やバンコクの若手シェフの顔ですね。

日本語可!『ルドゥ』をグルヤクで予約する

 

No.8:『Upstairs Mikkeller』

人気のビール「Mikkeller」を出すバーの2階は、1つ星を獲得したハイセンスなレストラン。

イノベーティブ系ではもっとも注目すべき安定感らしいので、行ってみたい店。

 

No.9:『Sushi Masato』 寿司

2016年オープンの寿司店。一躍人気になり、予約は1ヶ月以上先でないと取れないとか。

 

No.10:『Bo.lan』 オーセンティック・タイ料理

bangkok_bolan
ここも安定感ありますね。洗練されつつオーセンティックなタイ料理を食べたければ、真っ先に候補に上がるお店。

日本語可!『ボラン レストラン』をグルヤクで予約する

 

 

次ページ:TOP11-30、特別賞受賞店をご紹介 >

 

タイ語・英語で予約をするのが面倒な方は、こちらが便利です。

1

2

関連記事

  1. Taipei-Michelin-2018

    3つ星店も誕生! 初の台湾版「ミシュランガイド 台北 2018 」星獲得レストラン全20店リスト掲載

  2. seoul_michelin-list-2018

    「ミシュランガイド 韓国ソウル 2018」星獲得レストラン全23店舗リスト

  3. Thai-Bangkok_Nahm

    タイ・バンコク『nahm(ナーム)』オーセンティック・タイ ☆☆

  4. Asia's-50-Best-Restaurants-2018

    2019年度「アジアのベストレストラン50」の全リスト掲載・全店紹介!『オデット』がNo.1

  5. OAD-2018-TOP200-Restaurants

    世界のレストランランキングOADによる「アジア・レストラン 2018」TOP200が発表

  6. guangzhou-michelin

    初の中国・広州版! 「ミシュランガイド 広州 2018 」星獲得レストラン全8店リスト掲載

▽海外レストランを日本語で予約したい方は、こちらがおすすめ!▽


予約手数料=1人350円(税抜)
サイトに未掲載のお店もリクエスト可能

予約手数料=1組500円(税抜)

Foodies Asia Instagram

▽空港のラウンジが使えるプライオリティ・パスが付いています!▽

▽日本国内のレストランのweb予約は、こちらで!▽



カテゴリー