2018年度「アジアのベストレストラン50」の全リスト!『ガガン』が4連覇!!

Asia's-50-Best-Restaurants-2018

バンコクの『ガガン』が4連覇! 日本からは、No.2に『傅』、No.3に『フロリレージュ』がランクイン!!
3月27日夜、マカオで2018年度の「Asia’s 50 Best Restaurants 2018」の全リストが発表されました。このページでは、気になるランキング&特別賞をすべてご紹介します。

2018年度「アジアのベストレストラン50」、発表!

バンコクの『ガガン』の4連覇でフィナーレを飾った2018年度の「アジアのベストレストラン50」。
「世界のベストレストラン50」ではスペインの『エル・ブジ』が5度、デンマークの『ノーマ』が4度なので、この2大巨頭と同じくらい、アジアエリアでは確固たる地位を築いているとも言えるかもしれません。


余談ですが、昨年の授賞式で『ガガン』のアナンドシェフから壇上に呼ばれてハグしあっていたのが、今年No.2の『傅』の長谷川シェフと『フロリレージュ』の川手シェフ。この3人が、ベスト3になるとは、なんたる符号でしょうか。

じわりじわりと地殻変動が起こるアジアのグルメシーンを反映

さて、トップが4連覇となると面白みに欠けるランキングだと思うかもしれませんが、そうでもありません。じわりじわりとアジアのグルメシーンに地殻変動が起きていることが反映された結果になっていると感じました。

シンガポールの『レストラン・アンドレ』が歴史に幕をおろしたことはアジアのグルメシーンにとってはこの1年のなかで最も大きなニュースでしたが、その『アンドレ』とともに香港『アンバー』、東京の『龍吟』や『NARISAWA』、バンコクの『ナーム』など上位常連組を形成していたのが、昨年までの「アジアのベストレストラン50』の5年間でした。

bangkok_suhring
双子の兄弟がシェフを務める『ズーリング』は、ドイツの伝統料理を現代的なセンスで蘇らせた

そこに割って入ったのが、先の東京の『傅』や『フロリレージュ』、バンコクの『ズーリング』、シンガポールの『オデット』などのアラフォー世代。2020年代のメインストリームがどんな感じになるのかが、これらの店から垣間見えるような気がします。

Manila-Restaurant-Toyo-Eatery
『ザ・ファット・ダック』などで研鑽を積んだナバラ・シェフも、フィリピン伝統料理を再構築

一方で、そういった次なるメインストリームへのカウンターになるような、さらに若いやんちゃなサプライズは、もう少し時間を待たなければならないようです。

兆しとして注目したいのは、No.21にランクインしたバリ島の『ロカヴォール』と、次に活躍が期待される店に贈られる「one to watch award」を獲得したマニラの『トーヨー・イータリー』でしょう。これまでグルメシーンからすれば、辺境とも思える地から、新たな風が吹いてくる可能性を感じさせました。

国別に見ると、香港・マカオを含めた中国が12店のランクイン、日本が11店、タイが9店、シンガポールが7店と続きます。

(3月28日追記)YOMIURI ONLINEでも、SANKEI Bizでも、香港・マカオを含めた中国が9軒と書かれていたので、心配になって数えましたが、やはり中国は12店でした。そもそも国別で見ていく意味は薄いランキングだと思いますので、そのことは下記の別記事に書きました。

(6月20日追記) 2018年度の「世界のベストレストラン50」も発表されています。そのランキングは、下記の記事で紹介していますので、あわせてお読みいただければ。

それでは、全ランクを見ていきます。当サイトおすすめの店は、10位ごとのランキングの下にカードにしています。

No.1-10にランクインしたレストラン

No.1:バンコク『ガガン(GAGGAN)』プログレッシブ・インディアン
 > 日本語可!『ガガン』をグルヤクで予約する

No.2:東京『傅(DEN)』日本料理

No.3:東京『フロリレージュ(FLORILÈGE)』コンテンポラリー・フレンチ

No.4:バンコク『ズーリング(SÜHRING)』モダンジャーマン
 > 日本語可!『ズーリング』をグルヤクで予約する

No.5:シンガポール『オデット(ODETTE)』フランス料理
 > 日本語可!『オデット』をグルヤクで予約する

No.6:東京『NARISAWA』イノベーティブ *Chef’s Choice Award

No.7:香港『アンバー(AMBER)』フランス料理
 > 日本語可!『アンバー』をグルヤクで予約する

No.8:上海『ウルトラバイオレット(ULTRAVIOLET)』イノベーティブ *Art of Hospitality Award
 > 
日本語可!『ウルトラバイオレット バイ ポールパイレート』をグルヤクで予約する

No.9:東京『龍吟』日本料理

No.10:バンコク『ナーム(NAHM)』タイ料理
 > 日本語可!『ナーム』をグルヤクで予約する

 

次ページ:新鋭が躍進したNo.11~30の店舗リスト >

 

 

1

2 3

関連記事

  1. bangkok_suhring

    タイ・バンコク『Sühring(ズーリング)』モダン・ジャーマン ☆☆

  2. Thai-Bangkok-Gaggan

    【閉店】タイ・バンコク『GAGGAN(ガガン)』プログレッシブ・インディアン ☆

  3. La-Liste-TOP1000

    「La Liste 2018」のTOP 1000ランキングからアジア各国の「食いしん坊度」を試算 Pt.1

  4. Singapore-CornerHouse

    シンガポール『Corner House (コーナーハウス)』フランス料理

  5. Asia's-50-Best-Restaurants-2018

    2019年度「アジアのベストレストラン50」の全リスト掲載・全店紹介!『オデット』がNo.1

  6. Thai-Bangkok-House-on-Sathorn

    「アジアのベストレストラン50」ランキングの統計から、注目のグルメシティを探ります

▽海外レストランを日本語で予約したい方は、こちらがおすすめ!▽


予約手数料=1人350円(税抜)
サイトに未掲載のお店もリクエスト可能

予約手数料=1組500円(税抜)

Foodies Asia Instagram

▽空港のラウンジが使えるプライオリティ・パスが付いています!▽

▽日本国内のレストランのweb予約は、こちらで!▽



カテゴリー