成田空港グルメガイド。限定メニューなど食通でも満足なレストラン厳選11店 [my best+αシリーズ]

Narita-Aiport-Food-Court

Contents

各地域のテーマごとに鉄板3店と新鋭や穴場などを紹介する[my best+αシリーズ]。

家に帰るまでが遠足、家に帰るまでが旅と言うように、せっかく海外へグルメ旅に行く際、あるいは日本に到着してからも、つまらないものは口にしたくありません。
最大の難関が機内食と空港でしょう。
機内食は致し方がないとして、頼みの綱は空港。スケジュールによっては、どうしても空港で食べておかないといけないことがよくあります。

 食通でも満足できるレストランを成田空港で探索

古びたショッピングモールのレストランエリアのごとく、どこにでもあるチェーン店が…というのは、今や昔。

まずは羽田空港がリニューアルし、充実したレストランのラインナップを誇ってきました。

それに引っ張られたのか、成田空港も少しずつですがラインナップが変わり、グルメでも満足できる店が増えつつあります。

ここではそんな成田空港であるからこそ、食べるき理由がある店をピックアップします。

japan_narita-gourmet
少し長めの海外渡航をする際に、空港で日本食の食べ納めをしたり、帰国してすぐ日本食が食べたくなることがありますよね?

旅仲間などとそんな話題になると、たいてい「寿司」「ラーメン」「とんかつ」が三大流派。

ちなみに30代まで私はとんかつ派でした。美味しさ・楽しさは二の次で、食べたい料理の方が重要な場合は、成田空港オフィシャルwebサイトから検索していただければと思います。

成田空港で美味しい料理を食べるなら、第1ターミナルがオススメ

3つのターミナルがある成田空港で、通向けグルメが比較的充実しているのは、第1ターミナルでしょう。

私自身は、第2や第3の利用便を使う際でも、時間に余裕があれば、第1で食事をすることが多いです。

2018年5月現在で、食通でも満足できるオススメ3店を選んでみたのですが、結局、2016年11月にオープンした「NARITA Dining Terrace」からになってしまいました。

オススメ店①:『日本の中華そば富田』@第1ターミナル4F(出国手続き前)

現在、成田空港で最も希少なお店が、第1ターミナルのこの『日本の中華そば富田』でしょう。

本店は、千葉県松戸にある『中華蕎麦 とみ田』。濃厚豚骨魚介系つけ麺の名店の一つで、一時期は3~4時間の行列ができる店として知られていました。

整理券制になったものの、受け取ってから食べられるのは半日後……。

『松戸富田製麺』と名付けられた支店が、木更津アウトレットや船橋ららぽーとにありますが、千葉県在住者じゃないとなかなか行けないですよね。

japan_narita-gourmet
そこに誕生したのが、この『日本の中華そば富田』だったのです。

空港内のレストランとしては、比較的混んでいますが、それでも本店・支店に比べれば全然マシ。ほとんど並ばすに、つけ麺日本最強の一つが味わえます。

japan_narita-gourmet
本店と同じく「つけそば」「中華そば」「濃厚中華そば」の3品が基本メニュー。

そこに各種トッピングでバリエーションが出せます。どれも美味しいですが、「とみ田」初心者はまず「つけそば」からどうぞ。

本店よりは多少味が劣るという人もいますが、許容範囲でしょう。「これが、日本最高レベルの濃厚豚骨魚介系か」と、じゅうぶん納得できます。

オススメ店②:『gihey』@第1ターミナル4F(出国手続き前)

京都の老舗米店「儀兵衛」のレストラン。

京都と銀座にその直営レストラン『米料亭』がありますが、少しカジュアルな3店目は、成田空港に。

当たり前ですが、とにかく米が美味しいです。

米自体へのこだわりだけでなく、釜で炊いた炊きたてお米を提供していることが特徴。運がよければ、おこげが付いてきます。パリッパリとした食感は塩で食べれば格別です。

おかずも焼き魚からとんかつまで、お米にベストマッチするものばかり。

海外滞在後、白米に飢えているときは、至福のお店になること間違いなし!です。

オススメ店③:『焼肉食堂やんま』@第1ターミナル4F(出国手続き前)

成田空港「焼肉食堂やんま」

熱々の鉄板の上で、上質の和牛を焼き上げる「やきすき」がシグネチャー。

この「焼肉食堂やんま」が生み出した新スタイルだそうですが、焼き肉のタレを「すき焼き」の割下にしただけとも言えますが、そりゃ美味しいですよ。

コロンブスの卵的な発想として優秀。

その他、薄切りにした肩ロースや日替わりなど、時間がかからずに焼き上げられる定食が、出発前にもありがたいですね。

成田空港「焼肉食堂やんま」

+α:日本って良いなぁとしみじみと『だし茶漬けえん 成田空港店』@第1ターミナル(出国手続き前)

こちらもチェーン店で首都圏各地で展開していますが、海外から帰国したときには、ありがたさが増すお店。

japan_narita-gourmet

とくに午前中に到着する便の場合は、お茶漬けっていうのはアリだな、と。

機内食はほどほどに、こちらに駆け込むことが多いです。

japan_narita-gourmet
「漬け鮪の漁師風」「奄美大島 鶏飯風」「炙り明太子と高菜」など各種の具が揃っていますが、「鯛だし茶漬け」が定番。

日本っていいなぁという気分に浸れます。

2種類楽しめる「ハーフ&ハーフ」もおすすめ。

出国手続き後も充実している第1ターミナル

おすすめ店④:成田空港のみ限定メニューが魅力の『一風堂』@第1ターミナル(出国手続き後)

今や世界の『一風堂』なので、成田空港にあるのはしっくりきます。

定番の「白丸元味」や「赤丸新味」に使われた、香り高いシルキーな豚骨スープが特徴ですが、この成田空港店限定で出ているメニューは、なんと「ベジラーメン」と「チキン醤油ラーメン」。

Narita-aiport-ramen-ippudo

空港という場所柄、ハラルやベジタリアン対応ということなのでしょうが、一風変わった一風堂の味を楽しみたいなら、日本ではここしかありません。

Narita-aiport-ramen-ippudo

あなたは出国前に定番の「白丸元味」「赤丸新味」で日本のラーメンとしばしのお別れをする派? それともレア物を堪能する派?

もう一つの成田店限定メニュー「醤油ラーメン」は未体験なので、次に行く機会があったら情報を追加します。

Narita-aiport-ramen-ippudo

おすすめ店⑤:日本って良いなぁとしみじみと『こめらく』@第1ターミナル(出国手続き後)

東京銀座に本店を構える創作だし茶漬け専門店。

海鮮やうなぎ、ローストビーフや焼き鳥などの具を、「ひつまむし」のように、丼とお茶漬けの二刀流で味わうスタイルで人気を博しています。

出汁は風味豊かな特製のかつおだし。

Narita-aiport-Restaurant-Komeraku

出国手続きをした後の制限エリア内のお店で、弁当も用意されているので、機内食代わりにも。

ただ、行きしか利用できませんので、帰国の際は次の『だし茶漬けえん』で。

+α:裏技として使える『KAL BUSINESS CLASS LOUNGE』@第1ターミナル(出国手続き後)

食事を摂り、ドリンクを飲み、搭乗までに時間をゆったりとしたソファーで過ごす――それならば、航空会社のラウンジも選択肢に入るでしょう。

narita-airport-KAL BUSINESS CLASS LOUNGE

海外の空港のラウンジに比べて、日本の空港のラウンジの食事サービスは、あまり優れたものではないですが、あるだけマシと考えるなら、第1ターミナルの大韓空港のラウンジがおすすめです。

narita-airport-KAL BUSINESS CLASS LOUNGE

通常であれば、ビジネスクラス以上の利用の場合に使えるラウンジが多いのですが、ここは汎用カード「プライオリティ・パス」えお所持していれば利用可能。

空港ラウンジが使える「プライオリティ・パス」の入手方法はこちらで。

 

 

次ページ:成田空港限定メニュー店など、第2・第3ターミナルで >

 

1

2

関連記事

  1. HoChiMinh-Cộng Cafe

    ホーチミンでカフェ三昧。ヨーグルトコーヒー 、エッグコーヒーとレアなおすすめカフェが揃い踏み [my best+αシリーズ]

  2. tokyo-ajibou-tetsunabe

    東京・根津『味坊鉄鍋荘(あじぼうてつなべそう)』山東料理

  3. Tokyo-Restaurant-Kabi

    東京・目黒『kabi(カビ)』日本料理・イノベーティブ

  4. Tokyo-French-Restaurant-Ginza-Oishi

    東京・銀座『銀座 大石(ギンザ オオイシ)』フランス料理

  5. Singapore-Cocktail-Bar-Native

    シンガポールのナイトライフを彩る最新型カクテルバー5選 [my best+αシリーズ]

  6. 東京・恵比寿『焼貝 あこや』貝料理・創作和食

▽海外レストランを日本語で予約したい方は、こちらがおすすめ!▽


予約手数料=1人350円(税抜)
サイトに未掲載のお店もリクエスト可能

予約手数料=1組500円(税抜)

Foodies Asia Instagram

▽空港のラウンジが使えるプライオリティ・パスが付いています!▽

▽日本国内のレストランのweb予約は、こちらで!▽



カテゴリー