香港『Gaddi’s(ガディス)』フランス料理

・ハーブを通してクラシック料理を現代に活かすセンスが真骨頂

コース前半で、モダンフレンチとしてのレベルの高さはじゅうぶん堪能できましたが、メインはどうなっていくのかと期待が膨らんいきます。

 

「John Dory/海魴魚」

Hongkong-French-Restaurant-Gaddi's

ジョン・ドリー、日本名で言えばマトウダイです。

フランス牛蒡「Salsifies」やマスカットが添えられ、ソースは日本酒から。

オーセンティックなモダンフレンチの佇まいでありながら、少しひねりを加えています。

 

 

続く肉料理に合わせて、カベルネソーヴィニヨン主体の赤ワインを。

Hongkong-French-Restaurant-Gaddi's

芳醇な香りを楽しんでいたら、テーブル脇に厳かにワゴンが用意されていきます。

と思ったら、パイ包みをそこで切り分け、盛り付けてくれます。こういうプレゼンテーションが逐一憎いです。

Hongkong-French-Restaurant-Gaddi's

それ以前に、メインが「パイ包み」だったことに、ちょっとした驚きもあります。

クラシカルフレンチの象徴とも言えるこのパイ包みは、30代くらいの今の若手シェフたちはあまりやらないメニューだという印象を抱いていたのですが、さらに若いシェフがメインとして持ってくるところに、個性が出ているのか、また時代が動いてきたということか。

いやはや、個人的に大好きなことが見透かされていたのでしょうか。

とんかつや天ぷらと一緒にしたら、眉を顰める方もいらっしゃるかもしれませんが、肉の旨みは、包み焼き(もちろん揚げでも)が一番だと思っていますので。

 

「Beef and Foie Gras Wellington/牛肉鴨肝酥皮卷」

Hongkong-Gaddi's

西洋カボチャからつくられたソース、そして、セージが軽やかさを加えています。

それぞれ味付けは控えめなのですが、この辺りも若さや時代感が出ていて興味深いです。

クラシックフレンチの神髄は、食材のマイナスポイントを消していくために味を足して強くしていくものですが、そこをスタート地点にしつつも、うまく食材の味をかけ合わせていくイメージです。

皿の上に、無駄がないと言えばいいでしょうか?

 

「Citrus/甘筍」

Hongkong-Gaddi's

最後のデセールはなかなか奇抜。グラッセで幕を張られた上に、キャラメライズしたシソが載っています。

同席したPRスタッフの方は、このデセールを「ウォータープールのよう」と表現していました。

Hongkong-French-Restaurant-Gaddi's

中を覗くと、皿の中には、プティフールがいくつも並べられています。

 

・日本にいると感じられないタイプのフレンチの現在形

さて、こんなコースを組んでくれたアルビン・ゴビル氏について最後に紹介しておきます。

彼は13歳のときから料理に道に入り、15歳のときには地域のコンペティションなどで受賞していたというので、早熟の天才でもあったのでしょう。

2008年にはロンドンに渡り、1つ星の『L’Atelier de Joel Robuchon』で5年、2つ星の『Hélène Darroze at The Connaught』で5年スーシェフを務め、ロンドンを象徴するフレンチで10年を過ごしていたそう。

言ってみれば、王道のモダンフレンチの最前線で研鑽を積んでいた料理人です。

そういった彼のキャリアを聞きながら、やはり日本では食べられない味だなと思い浮かべていました。

例えばアルビンシェフが5年を過ごしたジョエル・ロブションには、日本人の優秀な料理人を多数輩出していたこと。

そのほとんどは帰国しても素晴らしい仕事をしていますが、自らがシェフとなり、独自の色を出す際に、素材だったり環境の面でどうしても「日本化」していくケースが多く見られます。

むしろそのスタンスが国際的にも先端だと捉えられるのですが、ここ『ガディス』で味わっていたのは、そういった「日本」を感じさせないフレンチの現在形。

在住者でもなく、「旅先でフレンチを食べる必要があるの?」とは、よく訊かれる質問の一つですが、それが答えの一つです。

やはり、違う料理なんです。

この多様化の時代にどちらも楽しめることが幸せなのでは?と。

そんな幸福感を、香港で感じさせてもらえました。

 

 

『Gaddi’s(ガディス)』店舗情報

予算:ランチ 約10,000~15,000円、ディナー 約30,000~50,000円
営業時間:ランチ 12:00-14:30、ディナー 19:00-22:30
電話:+852 2696 6763
住所:香港 尖沙咀彌敦道19-21號半島酒店1樓
オフィシャルwebサイトはこちら

Hongkong-Gaddis

予約に関して

電話、webから。
日本語で予約したい方は、代行サービスが便利です。

日本語可!グルヤクで予約する

店の地図

 

 

香港の「ミシュラン」1つ星獲得店を探すなら、こちらの記事がおすすめ▽

 

香港のフレンチを探すなら、こちらの記事がおすすめ▽

 

 

1

2

よく読まれている関連記事

  1. 京都・京都市『Restaurant MOTOI(レストランモトイ)』フランス料理

    京都・京都市『Restaurant MOTOI(レストランモトイ)』フランス料理 ☆☆

  2. 東京・丸の内/大手町『THE UPPER(ジ アッパー)』コンテンポラリー・フレンチ

    東京・丸の内/大手町『THE UPPER(ジ アッパー)』コンテンポラリー・フレンチ

  3. 香港・中環『アーハーン(Aaharn)』タイ料理

    香港・中環『アーハーン(Aaharn)』タイ料理

  4. タイ・バンコク『シェフズテーブル(Chef's Table)』コンテンポラリーフレンチ

    タイ・バンコク『Chef’s Table(シェフズテーブル)』コンテンポラリーフレンチ

  5. tokyo-L'Effervescence

    「ミシュラン東京 2021」フレンチで3つ星・2つ星を獲得したレストラン全15店リスト

  6. 韓国・ソウル『DINING IN SPACE(ダイニング イン スペース)』コンテンポラリー・フレンチ



 

エリアからお店を探す