2018年度「世界のベストレストラン50」、No.100までにランクインしたアジアの店をピックアップ

World-50-best-restaurants

現地時間の6月19日夜に行なわれたスペイン・ビルバオでのセレモニーで、「世界のベストレストラン50(World’s 50 Best Restaurants)」が発表されました。
はたしてアジアからランクインした店はどこか?
事前に発表されていたNo.51-100とともに、アジアのレストランをピックアップして、速報でお伝えします。

2018年度「世界のベストレストラン50」が発表!

こちらがリリースされたNo.1-50のリストです。

また、「世界のベストレストラン50」では、100位まで発表されますので、No.51-100のランキングも公開されています。

この中から、当サイトに関わるアジアのレストランのみピックアップしてみたいと思います。

アジアからベスト50にランクインしたレストランは、7店。No.51~100は9店。この数に関しては、あまりとやかく言っても意味がないかと思います。なぜなら投票権を持つアカデミー会員が地域的に振り分けられていますので、ある程度地域枠のようなものが存在するランキングだからです。

とはいえ、自分が活動しているエリアを超えてまでその店に食べに行き、感動して投票することもあるわけですから、厳密に考えるなら、投票権を持つ方と結果を照らし合わせなければなりません。

Thai-Bangkok-Gaggan

それはさておき、結果をお伝えします。

「アジアのベストレストラン50」で4連覇中のバンコクの『GAGGAN(ガガン)』がNo.5で、アジア最上位。

続くは同じくアジアではNo.2にランクインした東京の『傅』がNo.17。この『傅』は昨年よりもっとも順位を上げた「Highest Climber Award」も受賞しています(2017年度はNo.45)。

そして、東京の『NARISAWA』がNo.22、上海の『Ultraviolet』がNo.24と続きます。

そして、No.28にシンガポールの『ODETTE(オデット)』、No.41に東京の『日本料理 龍吟』日本料理、No.48にバンコクの『NAHM(ナーム)』といったラインナップがベスト50にランクイン。

先ごろ発表されたNo.51-100の顔ぶれも含めて考えると、ほぼ「アジアのベストレストラン50」の上位がそのままこの「世界のベストレストラン50」にも入っています。

ただ、強いて言うなら、微妙に並び順が異なっているところが、面白いのかもしれません。

先の「アジアのベストレストラン50」のランキングでは、緩やかに世代交代が始まったかな?と思わせる若手の躍進が顕著だったのですが、この「世界のベストレストラン50」では、その傾向は薄めです。

世界規模で新しいレストランの良さが伝わっていくには時間がかかるということなのか、あるいは、世界的にはベストレストランのなかでは比較的コンサバなほうが評価に値するということなのか。ここは想像するしかないのですが、少し気になるところです。

ただ、忘れないでおきたいのは、このベストレストランは、シェフのカリスマ性、話題性などが大きく影響するランキングですので、多少の順位の違いは、本質的なレストランの優劣とはイコールではありません。

むしろ、食通と言われる人たちが何を求めているかが反映されるイベントだと思ったほうがいいと思います。

 

 

No.1-25にランクインしたアジアのレストラン

No.5:タイ・バンコク『GAGGAN(ガガン)』プログレッシブ・インディアン
 > 日本語可!『ガガン』をグルヤクで予約する

No.17:日本・東京『傅(DEN)』日本料理

No.22:日本・東京『NARISAWA(ナリサワ)』イノベーティブ

No.24:中国・上海『Ultraviolet by Paul Pairet(ウルトラバイオレット)』イノベーティブ
 > 日本語可!『ウルトラバイオレット バイ ポールパイレート』をグルヤクで予約する

No.26-50にランクインしたアジアのレストラン

No.28:シンガポール『ODETTE(オデット)』フレンチ
 > 日本語可!『オデット』をグルヤクで予約する

No.41:日本・東京『日本料理 龍吟』日本料理

No.48:タイ・バンコク『NAHM(ナーム)』タイ料理
日本語可!『ナーム』をグルヤクで予約する

No.51-75にランクインしたアジアのレストラン

No.54:タイ・バンコク『Sühring(ズーリング)』モダン・ジャーマン
 > 日本語可!『ズーリング』をグルヤクで予約する

No.56:香港『AMBER(アンバー)』フランス料理
 > 日本語可!『アンバー』をグルヤクで予約する

No.59:日本・東京『FLORILÈGE(フロリレージュ)』コンテンポラリー・フレンチ

No.61:シンガポール『BURNT ENDS(バーントエンズ)』バーベキュー
 >日本語可!『バーント エンズ』をグルヤクで予約する

No.76-100にランクインしたアジアのレストラン

No.78:韓国・ソウル『MINGLES(ミングルス)』モダンコリアン
 > 日本語可!『ミングルス』をグルヤクで予約する

No.80:香港『龍景軒/LUNG KING HEEN(ロンキンヒン)』広東料理
 > 日本語可!『龍景軒(ロン キン ヒン)』をグルヤクで予約する

No.90:インド・ニューデリー『INDIAN ACCENT(インディアン・アクセント)』コンテンポラリー・インディアン
 >日本語可!『インディアン アクセント』をグルヤクで予約する

No.92:日本・東京『L’EFFERVESCENCE(レフェルヴェソンス)』

No.93:香港『8 1/2 OTTO E MEZZO BOMBANA』イタリア料理
 >日本語可!『8 1/2 Otto e Mezzo Bombana』をグルヤクで予約する

特別賞を受賞したアジアのレストラン

昨年よりもっとも順位を上げた「Highest Climber Award」を、東京の『傅』が受賞しています。

 

関連記事

  1. osaka-restaurant-la-cime

    2020年度「アジアのベストレストラン50」にランクインした日本のレストラン全12店一覧

  2. Noma-Movie

    『ノーマ、世界を変える料理』(2015年)[フーディーズ・シネマ・クラブ]

  3. Asia-Foodie-Ranking

    国別・都市別のアジア美食力ランキング。アジアを網羅するサービスの結果を総合して再集計してみました

  4. La-Liste-TOP1000

    「La Liste 2018」のTOP 1000ランキングからアジア各国の「食いしん坊度」を試算 Pt.1

  5. Best Vegetables Restaurants 2019

    「Top 100 Best Vegetables Restaurants 2019」にランクインしたアジアのレストラン一覧

  6. 南京ダック、豚スペアリブ、得月童鶏、豚角煮…江蘇省の名店、肉料理のスペシャリテ4選 [my best+αシリーズ]