中国・上海『福1015/Fu 1015』☆ 上海料理

直球勝負の主菜(メイン)~ご飯もの

主菜「Main Cuisine」

ここからメインに入っていきます。

メニューには、3品書かれていたので、プリフィクス式に選ぶのかな?と思ったら、何のことはない全部出てきました。

最初は海鮮のメイン。

Shanghai-Rerstaurant-Fu1015
「辣醤焼明○(虫に下)伴雪茄鏝/Braised prawn with chill sauce served with fried bun」。

英語のメニューを見て、「海老」に「チリソース」…あ、「エビチリか」と思って出てきたのが、これでした。びっくり!

確かに「Prawn」なので、「shrimp」よりは大きい海老でしょうが、ここまでだとは思ってもみませんでした。

でも、食べてみると確かにエビチリです。ソースもそれほどチリが強くなくまろやかな口当たりです。

肉のメインは、「和牛のステーキ」。

Shanghai-Rerstaurant-Fu1015
「火焼雪花牛肉/Grilled wagyu rib eye with mushroom」。

日本産を使うこともあるようですが、この日は、オーストラリア産のA5ランクの和牛だそうです。素直に美味しいなと思うのは、日本人だからでしょうか。

ソースもXO醤ベースですが、くどくなく、すっきりと仕上げています。

メインに野菜だったので、どんなすごい野菜が出てくるかと思ったのですが、青菜とキノコの炒め物でした。

Shanghai-Rerstaurant-Fu1015
「肘令蔬菜拼○(舟に皿)/Sauted seasonal vegetables」。

あまりにソフィスティケートされたここまでの皿に何料理を食べているのかすっかり頭から抜け落ちてしまっていたのでしょう、中華だということ忘れていました。

中華のコースの場合、メイン料理の後に野菜が出てくる流れも多いことを忘れていました。

口直し的な皿の扱いではあるかもしれませんが、実はこれがすごかった。青菜はシャキシャキで、しっかりした薫りが出ています。キノコも松茸とは違ったコクというか。こういった皿にもまったく手が抜かれてないことが伺えます。

 

のご飯は、アワビとトンポーローとトリュフとともに

主食「Rice」

最後の飯ものは土鍋ご飯。そそくさとスタッフが何かを準備していると思ったら、トリュフ削ってます!

アワビと東坡肉の組み合わせは、ほかのレストランでもよく見られますが、たまに見られるのですが、黒トリュフまで入れられると圧巻ですね。

Shanghai-Rerstaurant-Fu1015
「黒松露鮑魚紅焼肉燜飯/Steamed rice with abalone and pork, black truffle」。

ただ、トリュフごはんだけでも名物にしている店もあるくらいなのに、こんなに詰め込むとごちゃごちゃいないか?という気もしたのですが、口に入れてその疑問はすんなり胃の中に消えていきました。

もしろトリュフが脇役で、あわびなどの香りを引き立てていくイメージでした。

甜品「Dessert」

デザートはすっきり豆乳のアイスクリーム。

Shanghai-Rerstaurant-Fu1015
「豆乳油条/Soybean milk ice cream with Shanghainese fried twisted dough sticks」。

「エビチリ」のときとは別バージョンの揚げパンがついてきます。

前菜のプレゼンテーション以外、それほどひねりはなく、比較的高級食材で押してくるメニュー構成だったのですが、なんだか説得力を感じてしまいます。

それは、食材の良さに負っていて、それをストレートに出す方向が成功しているからではないでしょうか。

中華料理でも、ものによってはフランス料理以上にソースに頼る場合もあるのですが、そういったこってこての中華料理とは一線を画しています。


話は少し変わりますが、よく知らない人間が今の上海に行くと驚きます。私自身がそうでした。

その驚きとは、何らかのカルチャーショックを感じるのとはまったく逆で、カルチャーショックがないことです。

東京で暮らしたり、ニューヨークやロンドンに行ったりするのとほとんど同じ感覚で上海でも過ごせるんです。やはり上海は上海で、中国を象徴している都市というわけじゃないということなのですが、そんな上海の現在の姿を料理に落とし込んだら?

それは、この『Fu 1015』が表現しているようなものになるような気がしています。

 

 

福1015/Fu 1015

営業時間:ランチ 11:00~14:00、ディナー 17:30~23:00
平均予算:18,000~30,000円
電話:+86 21 5237 9778
住所:上海市长宁区愚园路1015号

Shanghai-Rerstaurant-Fu1015

予約の仕方

予約は2名から。オフィシャルHPはないので、電話か、Chopeなどの予約サービスから中国語か英語で。
日本語で予約したい場合、予約代行サービスなどを利用する方法もおすすめです。
日本語可!『福一零一五/Fu1015』をグルヤクで予約する

店の地図

 

 

1

2

関連記事

  1. Shanghai-Speak-Low

    中国・上海『Speak Low 彼楼(スピーク ロー)』バー ☆☆

  2. kyoto-aca-1

    京都・京都市『aca 1°(アカ)』スペイン料理

  3. taichung_lemout

    台湾・台中『Le Moût/楽沐法式餐庁(ル・ムー)』モダンフランス料理 ☆

  4. Gifu-Yanagiya

    岐阜・瑞浪市『御料理 柳家(やなぎや)』郷土料理

  5. Korea-Seoul_Jungsik

    韓国・ソウル『正食堂/Jungsik(ジョンシクタン)』ニュー・コリアン ☆

  6. Shanghai_Mr&Mrs-Bund

    「ミシュランガイド上海2017」星獲得店舗リスト26