浜松町・芝大門周辺でおすすめ!カツカレー・ランキング8 [my best +αシリーズ]

Tokyo-Daimon-Tonkatsu-Aoki

 

各地域のテーマごとに鉄板店と新鋭や穴場などを紹介する、[my best+α]シリーズ。

ラーメン、蕎麦、トンカツと日本を代表する国民食すべてが激戦区と呼ばれる浜松町、大門、芝公園エリア。その中で、今回は「カツカレー」をクローズアップ。勝手にランキングをつけてみました。
とんかつ自体の評価の高い名店・人気店の多くは、主力メニューを2,000円以上の高級とんかつが占めているのですが、「カツカレー」は840~1,300円という価格帯。
限られた予算のなかで、トンカツ自体の旨さ、カレーの質、サイドメニューなどをどう演出していくか。
その店の実力の一端を垣間見ることができる、面白いメニューかもしれません。全部美味しんですけどね。

 

では、もったいぶらずに1位からどうぞ!

my best 1:『燕楽(えんらく)』

創業は1950年。『池上燕楽』『千鳥町燕楽』だけでなく超人気店高田馬場『成蔵』の店主らを輩出。

東京に有名とんかつ店の総本山の一つです。同じく人気店を多く輩出している『まるやま食堂』門下の『とんかつ檍』と迷ったのですが、総合力でこちら。

Tokyo-Daimon-Tonkatsu-Enraku

「ロースカツカレー」(1,280円)

ランチのとんかつ定食は900円、ディナーで定食は2,000円以上のメニューしか出ていないのですが、「カツカレー」は昼でも夜でも1,280円。

この値付けからうかがえるのは、使っている肉の質などは、ランチのロースカツとほぼ同等だということでしょう。

最上級ではないけれども、店の名に恥じない質のものだと捉えています。

Tokyo-Daimon-Tonkatsu-Enraku

この薄いきつね色に揚がった衣から、低温で丁寧に揚げられたことが滲み出ています。

まず、とんかつだけ口に運ぶと、その特徴であるしっとり感が歯と舌にまとわりつきます。

肉自体の旨味は、2,000円超えの「ロースカツ定食」と比べてしまえば、ほどほどと言ったところですが、あくまでカツカレー。むしろ淡白さがカレーの味を受け止めています。

舌にまつわる辛さはないのですが、結構スパイスを使っていて、身体が火照ってきます。

具は、かたちが残っているものとしては、ジャガイモと豚バラの塊。とんかつと角煮を一緒に食べているようなものですが、これがまた美味しいんです。

足しげく通えるなら、単品の「カレー」(830円)も試してもいいかも。

Tokyo-Daimon-Tonkatsu-Enraku Tokyo-Daimon-Tonkatsu-Enraku

席に着くと、お手製の漬物が、着丼の前には豚汁が出てきます。どちらも、ハイクオリティ。

ある有名イタリアンのシェフが言っていたのですが、「テーブルの上に出されるものすべてに、無駄がない」という言葉に納得です。

『燕楽(えんらく)』店舗情報

予算:930〜2,350円
営業時間:[月~金] 11:00~14:00 17:00~21:30、[土] 11:00~13:30
定休日:日曜・祝日
電話番号:03-3431-2122
住所:東京都港区新橋6-22-7

店の地図

 

my best 2:『とんかつ檍 大門店(あおき)』

蒲田の超人気店の支店。率直に言うと、1位にした『燕楽』より、こちらのほうがわかりやすい味かもしれません。

Tokyo-Daimon-Tonkatsu-Aoki

「カツカレー」(1,200円)

厚切りの林SPF豚を使ったとんかつの肉々しさが群を抜いているお店ですが、その真骨頂は「カツカレー」でも味わえます。

Tokyo-Daimon-Tonkatsu-Aoki

値段は、平日の昼限定の「ロースかつランチ定食(170g)」と同じ1,200円。トンカツ自体のサイズは少し小さめですが、2cm強の厚みは健在。

ほかの店に比べてカレーは辛め。中辛と大辛の間くらいでしょうか。

肉に力があるので、このくらいガツンとくるルーがちょうどいいと思います。

良い具合に、かつとカレーが闘ってくれている感じ。これは『檍』じゃないとできないことでしょう。

『とんかつ檍 大門店(あおき)』店舗情報

『とんかつ檍 大門店(あおき)』店舗情報
予算:1,200〜3,000円
営業時間:ランチ 11:00~15:00、ディナー 17:00~20:00 定休日:日曜日・月曜日
電話:03-5473-6403
住所:東京都港区浜松町1-11-12 KMビル 1F

店の地図

 

my best 3:『のもと家』

2,000円以上の本気とんかつであれば、『燕楽』『檍』とともにこのエリアでベスト3に入る実力店。

「カツカレー」(1,300円)

鹿児島の六白黒豚を使ったとんかつが名物ですが、こちらはランチのカツ定食と同じ、ノン・ブランドのロースを使ったとんかつです。

Tokyo-Daimon-Tonkatsu-Nomotoke

皿が大きくて、「あれ、とんかつの存在感が……」とも思ったのですが、食べてみれば、さすがのクオリティでした。

カレーは煮込み系。甘さと、スパイス感がバランスよく同居している味です。

Tokyo-Daimon-Tonkatsu-Nomotoke

『のもと家』店舗情報


Tokyo-Daimon-Tonkatsu-Nomotoke
予算:1,2000〜3,000円
営業時間:【平日】11:30~14:30(L.O.14:00)、17:30~20:30(L.O.20:00) 【土】11:30~14:30(L.O.14:00) 定休日:日曜・祝日
電話:03-6809-1529
住所:東京都港区芝公園2-3-7 玉川ビル2F

店の地図

 

my best 4:『大門 かつ福』

夜は、ちょい飲みも楽しめるとんかつ屋さん。きれいな店内で、入りやすい雰囲気が魅力です。

とんかつ自体がそうなのですが、「カツカレー」も優等生的なバランスの良さが魅力です。

「濃厚ロースかつカレー」(1,100円)

メニュー名にある、何が「濃厚」かと言うとカレー。具やルーがぎっちり煮詰まっている感が満喫できます。

ここで紹介している「カツカレー」の中で、カレーだけ切り取れば、もっとも安定した美味しさかもしれません。

Tokyo-Daimon-Tonkatsu-Katsufuku

かつは熟成三元豚をつかったロース。からっときつね色に揚がった衣などが魅力で、シャキッとした面持ちの優等生なとんかつです。

Tokyo-Daimon-Tonkatsu-Katsufuku Tokyo-Daimon-Tonkatsu-Katsufuku
「カツカレー」にも豚汁とキャベツが付きます。これが食前に出てくるところが嬉しいです。

とんかつという、ダイエットの敵のような後ろめたい食べ物を口に入れるのですから、開き直るのも手ですが、野菜を先に食べて、少しでも消化の助けにしたいですから。

ちなみに、この「カツカレー」を含め、ご飯、豚汁、キャベツはお代わり自由。食いしん坊にはありがたいですね。

『大門 かつ福』店舗情報


Tokyo-Daimon-Tonkatsu-Katsufuku
予算:900〜1,600円(ランチ)
営業時間:11:00~21:00(L.O. 20:00) 定休日:土曜・日曜・祝日
電話:050-5589-4623
住所:東京都港区浜松町1-10-13 福岡ビル1F

店の地図

 

my best 5:『とんかつ まるや 浜松町店』

700円でまっとうな「とんかつ定食」が食べられることで名を知られた『とんかつ まるや』の浜松町店。

「特製かつカレー」800円

グランドメニューには、載っていなくて、壁に貼られた特別メニュー扱いのカツカレー。

これが結構いけます。

Tokyo-Hamamatsucho-Tonkatsu-Maruya
おそらくカツは、とんかつ定食と同じロース肉。

定食で食べると、まあ、700円だったらいいか?っていう感じなのですが、カツカレーにしたほうが、かなり良い感じです。

カレーは、よく煮込んであり、具が溶けてしまっているタイプ。かたちがなくなっているものの、素材から出る味もあり、悪くないです。

これで800円だったら、じゅうぶん満足して、お釣りが来るくらいのクオリティだと思います。

『とんかつ まるや 浜松町店』店舗情報

Tokyo-Hamamatsucho-Tonkatsu-Maruya
予算:900〜1,600円(ランチ)
営業時間:【平日】11:00~22:00(L.O. 22:00)、【土日祝】11:00~20:00(L.O. 20:00) 定休日:無休
電話:050-5589-4623
住所:東京都港区海岸1丁目2−20 ハマサイト グルメ1F

店の地図

 

my best 6:『カズサヤ (KAZUSAYA)』

芝商店街にある洋食屋さん。カレー、カツ、スパゲッティなどが人気メニュー。

「カツカレー」としては、少し変わり種です。

Tokyo-Daimon-Kazusaya

「ロースカツカレー」(1,150円)

この店のカレーメニューは仕上げに皿ごとオーブンで焼いているのですが、「カツカレー」も同じスタイル。

テーブルに置かれても、まだグツグツ煮え立ってます。

Tokyo-Shibakouen-Kazusaya

とんかつのカレー煮のような姿ですが、意外や衣のサックリ感は残っています。とんかつ自体がしっかり作られているのでしょう。

ただ、肉の身の味はほどほど。カボチャやジャガイモ、茄子などと具の一つとしてバランスよく入っているイメージです。

カレーは、洋食屋らしく欧風カレーと言えるもの。フォンドボーの味が浮き上がってきます。

芝商店街は、激辛ストリートという別名を持つように、この店のカレーも頼めば相当な辛さのものも出てくるよう。

下から3段目の「激辛」でココイチの7辛は優に超えるそう。苦手な方は気をつけましょう。

Tokyo-Shibakouen-Kazusaya

カレーの直前に大根メインのサラダと、コンソメスープが付きます。

『カズサヤ(Kazusaya)』店舗情報


Tokyo-Shibakouen-Kazusaya
予算:850〜2,000円(ランチ)
営業時間:11:00~15:00、17:00~21:30 定休日:日曜・祝日
電話:03-3451-4275
住所:東京都港区芝2-10-6

店の地図

 

+α ①:『日乃屋カレー 浜松町金杉橋口店』

チェーン展開しているカレー店ではありますが、全店手作り。日本流のカレーを時代を超えて受け継いできたお店です。初め甘めで、だんだん辛さが沁みてくるふしぎな魅力に、つい食べたくなります。

「名物カツカレー」(840円)

店の名物、一番人気とされるのが、この「カツカレー」。

Tokyo-Hamamatsucho-Curry-Hinoya
とんかつの名店と比べれば、とんかつ自体の存在感は勝りようがないですが、カツカレーとしての全体のバランスではかなりいい線いっています。

『日乃屋カレー 浜松町金杉橋口店』

予算:850〜1,500円<
営業時間:11:00~15:00、17:00~21:30 定休日:日曜・祝日
電話:03-6876-3899
住所:東京都港区浜松町2-2-9 佐藤ビル1F

店の地図

 

+α ②:『春きゃべつ』

浜松町の路地裏にある、庶民的なとんかつ+フライのお店。800円前後で食べられるランチのサービスメニューがお得。日替わりメニューも有り、ごはん、味噌汁、キャベツはお代わりし放題なので、がっつり食べたい学生・社会人で溢れています。

店名の通り、キャベツはかなりの高レベルです。

Tokyo-Hamamatsucho-Tonkatsu-Harucabagge

「かつカレー」(980円)

さて、この店にも「カツカレー」があります。店のシグネチャー、キャベツもちゃんと別皿で付いてきます。

Tokyo-Hamamatsucho-Tonkatsu-Harucabagge

カレーは典型的な“おうちカレー”。最初に食べたときには、つい「秀樹、感激!」と口走りそうになりました。バーモントカレーじゃないかもしれませんが、そんな味です。

かつの肉は、薄め。1cmないですね。なので、かろうじて肉の味が感じられる程度ですが、衣の揚げ具合は抜群。フライを食べている楽しさはあります。

そんなこんなで、なんだかホッとする味で、たまに食べたくなる感じ。

『春きゃべつ』店舗情報

予算:800〜1,200円
営業時間:11:30~13:30、17:30~21:30 定休日:土・日・祝日
電話:03-3437-3537
住所:東京都港区浜松町2丁目8-10 ティー・ユービル1階

店の地図

 

関連記事

  1. Narita-Airport-SushiTatsu

    成田空港レストランガイド。限定メニューなどグルメな食通でも満足できる厳選12店 [my best+αシリーズ]

  2. osaka-yao-manger

    大阪・八尾市『とんかつ マンジェ』とんかつ

  3. Tokyo-Natural-Wine

    “ワイン天国”東京で良質な自然派ワインが揃う店 Pt.1:ビストロ・ワインバー編。この店さえ押さえておけば大丈夫!

  4. Tokyo-Restaurant-Ode

    東京・広尾『Ode(オード)』コンテンポラリーフレンチ ☆☆

  5. Tokyo-Shinjuku-Ouroji

    カツカレーの元祖と言われる「とん丼」from 東京・新宿『王ろじ』

  6. Tokyo-Shibuya-Katsudon-Zuichou

    新感覚の「かつ丼」で一躍人気店になった裏渋谷『かつどん屋 瑞兆』。煮ないからサクサク!

▽海外レストランを日本語で予約したい方は、こちらがおすすめ!▽


予約手数料=1人350円(税抜)
サイトに未掲載のお店もリクエスト可能

予約手数料=1組500円(税抜)
▽空港のラウンジが使えるプライオリティ・パスが付いています!▽

▽日本国内のレストランのweb予約は、こちらで!▽

カテゴリー