目黒とんかつ御三家『かつ壱』で、「かつ丼ソース味(ロース/ヒレ)」「カツカレー」を食べ比べ

Tokyo-Meguro-Tonkatsu-Katsuichio\

目黒3大とんかつ店で、もっとも親しみやすいお店『かつ壱』

『とんき』『大宝』『かつ壱』。

目黒のとんかつマニアなら、もうご存知でしょう。これらは、とんかつ御三家とよばれる人気店です。

伝統では『とんき』、とんかつ単体のインパクトでは『大宝』、そして、入りやすさも含めた親しみやすさでは『かつ壱』という整理の仕方をしているのですが、『かつ壱』の良さは、かつ丼やかつカレーなどバリエーションがあること。

その「かつ丼」は、一般的な玉子とじ丼ではなく、ソースかつ丼。ヒレとロース、どちらもあります。

ご当地グルメとして知られる長野や新潟の「ソースかつ丼」は、かつをソースでくぐらせて、ご飯の上にのせるものですが、ここ『かつ壱』の「かつ丼ソース味」はご飯の上にキャベツをはさみ、揚げたてのかつをのせたもの。

そこは、とんかつをしっかりと味わって欲しいという、とんかつ専門店の矜持でしょうか。

 

かつ丼ソース味(ロース)

Tokyo-Meguro-Tonkatsu-Katsuichio

やっぱり、この店はロースですね。

かなり厚手のカットで肉々しさを楽しめます。夜でも950円(税込)。

味噌汁付き。定食・単品などと同じロース肉を使っているせいか、はみ出しているところがお茶目です。

ランチでロースカツ定食は1,100円なのですが、縦に重なると安くなります、なぜか。ポテサラがない分?

かつ丼ソース味(ヒレ)

Tokyo-Meguro-Tonkatsu-Katsuichio

この店はロースだと上で書いておきながら、ヒレも当然美味しいです。1,100円(税込)。

ロースかつカレー

Tokyo-Meguro-Tonkatsu-Katsuichio

ランチで出ている「ロースかつカレー」、950円(税込)。

かつの存在感がすごすぎます。

夜はなぜか「ヒレかつカレー」のみ、サラダが付いて、1,000円(税込)。

 

『かつ壱』店舗情報

平均予算:ランチ 950~1,200円、ディナー 950~1,600円
営業時間:11:00~14:00、17:00~21:30 定休日:日曜
電話番号: 03-3779-3388
住所:東京都品川区上大崎2-25-5 久米ビル B1F

Tokyo-Meguro-Tonkatsu-Katsuichio

 

 

関連記事

  1. Tokyo-La-Pioche

    東京・水天宮『La Pioche(ラ ピヨッシュ)』ワインバー・フランス料理

  2. tokyo-ajibou-tetsunabe

    東京・根津『味坊鉄鍋荘(あじぼうてつなべそう)』山東料理

  3. Tokyo-Celeravird

    東京・代々木上原『Celeravird(セララバアド)』イノベーティブ ☆☆

  4. tokyo-natural-wine

    “ワイン天国”東京で良質な自然派ワインが揃う店 Pt.2:イタリアン・西欧料理全般・中華料理・和食

  5. tokyo-restaurant-unique

    東京・目黒『restaurant unique(レストランユニック)』フランス料理

  6. Tokyo-Shinjuku-Ouroji

    カツカレーの元祖と言われる「とん丼」from 東京・新宿『王ろじ』

▽海外レストランを日本語で予約したい方は、こちらで!▽

▽空港のラウンジが使えるプライオリティ・パスが付いています!▽

▽日本国内のレストランのweb予約は、こちらで!▽
▽空港のラウンジが使えるプライオリティ・パスが付いています!▽

Foodies Asia Instagram