マレーシア・クアラルンプール『Babe Restaurant(ベイブ・レストラン)』イノベーティブ ☆

Kualarumpur-Babe-Restaurant

日本料理がベースのイノベーティブが、なぜかマレーシアで? 日本生まれで、アメリカ育ち、ふたたび日本で寿司修行をし、『エルブジ』でモラキュラーなセンスを習得。異色の経歴を持つアメリカ人シェフが縦横無尽にセンスを奮う、コース料理を体験してきました。クアラルンプールの街を見下ろす夜景も絶景です。
googleマップで地図を見る

クアラルンプールではいち早くオープンしたイノベーティブ・レストラン

「マレーシアって話題にならないね」。旅好きで食いしん坊の知り合いに会うと、こんなことが話題になるマレーシア。

どういうことかと言うと、 アジア・レベルで知られているハイ・エンドな店が少ないということです。

マーレシアは、ファインダイニング不毛の地?

例えば「アジアのベストレストラン50」で、ASEAN加盟の10か国中、今まで一度もランクインしたレストランを出していない国は4カ国。ミャンマー、ラオス、ブルネイと、そして、このマレーシアなんです。

「La Liste」のTOP1000に入ったレストランも、マレーシアにはありません。

「え、なぜ?」。アジア各国の経済や文化を知っている方なら、たいていそう思うはずです。

Kualarumpur_Babe-Restaurant
何しろ、食に関しての地力はあります。

諸説あるものの、シンガポール名物として日本でも市民権を得てきた「クラブチリ」にしろ「チキンライス」にしろ、もともとはマレーシア料理だとする向きも多いのです。実際に、マレーシアでも、これらの料理は一般的です。

経済的にも、マレーシアが、ASEANの勝ち組として、活気を呈し続けていることことは、私が言うまでありません。

なのに、なぜ?と、もう一回言いたくなります。ならば、探しに行くか!

 

小高い丘の上、さらに地上11階からの絶景

目星を付けていた店はありました。それはクアラルンプールの『Babe』というレストラン。

シンガポールの知り合いのシェフがSNSに投稿していたのを見て知ったのですが、日本のシェフの方々からも、たまに名前は上がっていました。

マンダリンオリエンタル東京の『Tapas Molecular Bar(タパスモラキュラーバー)』にいたことがあるシェフのようなので、直接知っている飲食業界の方が何人かいましたが、実際に行ったことがあるという方は見つからず。

ならば、自分で確かめてくるかと思ったわけです。

場所は、最近できたメトロの「Semantan」駅から、歩いて5分ほどのところにあるモダンなビル「Clearwarter」の11階。

Kualarumpur_Babe-Restaurant
ビルの入口には、コンテンポラリーアートがあり、ハイソなイメージが漂います。

1階奥にはオシャレなカジュアルレストランがあり、ファショナブルな若者たちが出入りしていました。2階には、広東料理の店。ここも悪くなさそうです。

11階に行くエレベーターはロックしてあったので、ビルの受付スタッフに声をかけて、上がっていきます。エレベーターを降りると、すぐ店。

Kualarumpur_Babe-Restaurant
クラブのようなバーカウンターの壁には、日本酒が並びます。

そう言えば、勢いで予約してしまいましたが、どんな料理の店か知らなかったので、検索してみると「寿司専門店」と出てきたことがありました。それならそれでもいいのですが。

早めの予約だったせいか、もっとも眺めの良い席を用意してくれていました。

Kualarumpur_Babe-Restaurant
スパークリングワインを傾けながら、その視線の先には、記念公園「トゥン アブドゥル ラザック メモリアル」の緑、そしてクアラルンプールの象徴であるKLタワーとツインタワー。

この夜景を見ることができただけで、満足です。

ディナーのみ、コース料理のみの営業

メニューは、基本的にコースのみ。320マレーシアリンギット(約9,000円)~。

ワインと酒のコースもあります。3杯120リンギット(約3,500円)~。マレーシアでは、酒税の関係で、アルコールはちょっと高め。

Kualarumpur_Babe-Restaurant
アミューズは、トマトのドリンク。味付けが凝っています。

Kualarumpur_Babe-Restaurant
フランス産の牡蠣。軽く火を入れてあります。

Kualarumpur_Babe-Restaurant
「春の庭」と名付けられた一皿。マッシュルームとレモン風味のクリーム

Kualarumpur_Babe-Restaurant
アラスカ産のカニを、クリスピーなパン仕立てで。

一連の前菜は、『エル・ブジ』~『タパスモラキュラーバー』というシェフのキャリアが反映されていますね。

 

次ページ:和食の影響が濃くなっていく中盤~クライマックス >

店舗情報、予約の仕方、マップなどはこちら >

 

外国語での予約が面倒な方は、代行予約が便利です。

1

2

関連記事

  1. Hongkon-Ritx-the-Lounge-Bar

    香港『ザ ラウンジ&バー(ザ・リッツ・カールトン香港)』で地上102階からの絶景アフタヌーンティー

  2. Bali-Restaurant-Guide

    バリ島(クタ・ウブドetc.)でおすすめレストラン。おしゃれでグルメなお店を厳選 [フーディーズ・タウンガイド]

  3. バリ島ウブド『BLANCO par Mandif(ブランコパーマンディフ)』イノベーティブ

  4. Yamanashi-Nagasaka-Restaurant-Stove

    山梨・北杜市『素透撫 STOVE(すとうぶ)』創作料理

  5. Singapore-restaurant-Odette

    シンガポール『Odette Restaurant (オデット)』フランス料理

  6. Bali-Ubud-Mozaic

    バリ島ウブド『Mozaic(モザイク)』モダン・フレンチ ☆

▽海外レストランを日本語で予約したい方は、こちらがおすすめ!▽


予約手数料=1人350円(税抜)
サイトに未掲載のお店もリクエスト可能

予約手数料=1組500円(税抜)

Foodies Asia Instagram

▽空港のラウンジが使えるプライオリティ・パスが付いています!▽

▽日本国内のレストランのweb予約は、こちらで!▽



カテゴリー