ラオス・ルアンパバーンで旅慣れた食通でも満足できる、おすすめレストラン [my best+αシリーズ]

Laos_Luangphabang-Best-Restaurants

各地域のテーマごとに鉄板3店と新鋭や穴場などを紹介する[my best+αシリーズ]。

街自体が世界遺産に指定されている、ラオスの古都ルアン・パバーン。
目に美しい街並み、アジア的なゆったりと流れる空気に、長期滞在する旅慣れたトラベラーが多いことでも知られています。
そんな滞在者に鍛えられたのか、洗練されたレストランが多いのも特徴。
違いがわかるトラベラーにこそ訪ねて欲しい、おすすめのレストランをピックアップしました。

 

 

欧米人を中心に長期滞在者が多いルアンプラバンならではの洗練した店が揃います

・おすすめ店①:『Manda De Laos(マンダ・デ・ラオス)』モダン・ラオス料理

高級ブティックホテル「Maison Dalabua」に併設されていますが、レストランとして独立していますので、ビジターもOK。

この店は、もう立地で卑怯ですね。エントランスを入り、テーブルに着いただけで、もう満足感に溢れますので。

Laos-Luang-Prabang-Manda-De-Laos

さらに驚くのが、料理のクオリティ。

ラオス料理なのですが、こんなソフィスティケートされたものにもなるということを、この店ではじめて知りました。

Laos-Luang-Prabang-Manda-De-Laos

イノベーティブなものではありませんが、美しく盛り付けられたプレゼンテーション。

そして、どの料理も雑味のないなめらかなテイスト。宮廷タイ料理というカテゴリーがありますが、宮廷ラオス料理というのがあったら、ここで出されたような料理になるんだろうと思います。

Laos-Luang-Prabang-Manda-De-Laos

ラオスのソウルフード「フォー」だけでも食べてみてください。

アーモンドとセサミの香りに溢れ、スムースに仕上げられたスープの得も言えぬ衝撃といったら!

味にこだわる方なら、ルアン・パバーンでは真っ先に行って、間違いのないレストランです。

『Manda De Laos』店舗情報

営業時間:12:00~0:00 定休日:無休
電話番号:+856 71 253 923
住所:10 Norrassan Road, Ban That
オフィシャルwebページはこちら

Laos-Luang-Prabang-Manda-De-Laos

ドレスコードと店の雰囲気

リゾート地ではありますが、あまりラフな格好は避けた方が良いでしょう。食事の間も含めて、英語かラオ語が話せる方なら、まったく問題ないでしょう。日本人客も少なからずいますが、日本語でのコミュニケーションは難しいと思います。

予約の仕方

運が良ければ、ウォーク・インでも入れることもありますが、基本は予約が推奨されています。連絡は電話かオフィシャルHPから(英語、仏語、ラオス語)。外国ほでの予約が苦手な方は、日本語で予約代行サービスを利用するのもいいと思います。

・おすすめ店②:『Tangor(タンゴール)』フランス料理

ナイトマーケットが開かれる「Sisavangvong」通りにある、ビストロ・カフェ。

伝統的な木造建築を使った雰囲気のよさに、リラックスした時間が過ごせます。ルアン・パバーンは欧米からの長期滞在者が多い街ですが、彼らの止まり木になっているようなお店です。

Laos-Luang-Prabang-Tangor

料理は、ビストロ料理が中心。

地元の食材を使っているので、ところどころにラオス・テイストが混じってきますが、それもまた個性になっていると思います。

Laos-Luang-Prabang-Tangor

ランチタイム、ディナータイムはかなり混んでいますが、1日中開いているので、夕方のディナー前、あるいはディナー後の一杯など、世界遺産の街での時を噛みしめるようにゆっくり過ごすのがおすすめです。

『Tangor』店舗情報

営業時間:10:30~23:30 定休日:無休
電話番号:+856 (0)71 260 761
住所:63/6 Sisavangvong Road, Luang Prabang
オフィシャルwebページはこちら

Laos-Luang-Prabang-Tangor

予約の仕方

予約なしでも座れることが多いですが、ハイシーズンなどに確実にテーブルを押さえておきたい場合は、予約した方が確実です。連絡は電話かメールで(英語、仏語、ラオス語)。外国ほでの予約が苦手な方は、日本語で予約代行をしてくれるサービスを利用するのもいいと思います。

 

・おすすめ店③:『Le Calao』アジア・ヨーロッパ料理

メコン川に面したコロニアル風の外観が特徴の老舗ホテル「ル カラオ」のダイニングが、リニューアルオープン。

中心部で雰囲気の良さと料理の美味しさを兼ね備えたレストランとしては、真っ先におすすめできるクオリティです。

ホテルレストランなので、アジア系や欧州系など幅のあるメニューを楽しめますが、興味深いのは、ラオスの郷土メニューや少数民族メニューにも力を入れていること。

特別の日には、うってつけの一店でしょう。

 

・おすすめ店④:『La Belle Epoque at The Luang Say Residence』欧州料理・アジア料理

店内の雰囲気の格調高さでは、「ザ ルアン サイ レジデンス」にあるこのレストランが、ルアンパバーン随一と言ってもいいかもしれません。

白亜の空間で、斬新さは控えめながら、しっかりと美味しい料理を堪能することができます。

 

・おすすめ店⑤:『3 Nagas Restaurant』アジア料理

Sofitel系列のホテル「3 Nagas Luang Prabang」のレストラン。

ラオス、タイ、ベトナム料理を中心としたフュージョン・アジアンです。

料理やサービスに斬新さは薄めですが、長らくルアンパバーンのレストランの中で人気を保ち続けてきたように、安定したお店であることは確かです。

 

 

 

 

次ページ:カジュアルフュージョンや職業訓練レストラン、ローカルフードなどのオススメ店 >

 

中国語・英語などで予約をするのが面倒な方は、代行予約が便利です。

1

2

関連記事

  1. Tokyo-Azabujuban-Sublime

    東京・麻布十番『sublime(スブリム)』新北欧料理・フレンチ ☆

  2. Hongkong-Mak-Noodle

    香港名物「ワンタン麺」を堪能! ミシュラン星付きから隠れた名店までオススメ5選 [my best+αシリーズ]

  3. Bangkok-Bunker

    タイ・バンコク『Bunker(バンカー)』ニューアメリカ料理 ☆

  4. Taiwan-Taipei-Restaurant-Mume

    台湾・台北『MUME(ムメ)』ヨーロピアン&アジアン・フュージョン ☆

  5. nagano-hikariya-nishi

    長野・松本市『ヒカリヤ ニシ 』フランス料理

  6. Andre-Closing

    シンガポールの『レストラン アンドレ』が2018年2月14日に営業終了