バリ島スミニャック『Breeze at The Samaya Seminyak(ブリーズ・アット・ザ・サマヤ・スミニャック)』インターナショナル料理 ☆

バリ島スミニャック『ブリーズ・アット・ザ・サマヤ・スミニャック(Breeze at The Samaya Seminyak)』インターナショナル料理

 

Trip Advisorによる2017年度の「絶景レストラン10」のトップで紹介されている人気店。
バリ島のスミニャックのビーチ沿い、ハイセンスなリゾート「ザ サマヤ スミニャック」のメインダイニング『Breeze at The Samaya Seminyak(ブリーズ・アット・ザ・サマヤ・スミニャック)』の何よりもの特徴はそこです。
さて、どんなものかと、バリ島に行った際にランチで訪れてみました。

バリ島スミニャック『Breeze at The Samaya Seminyak(ブリーズ・アット・ザ・サマヤ・スミニャック)』インターナショナル料理

平均予算:ランチ 1,000~2,000円、ディナー 5,000~7,000円 

 

「世界の景色のいいレストラン10」にも選ばれた、オン・ザ・ビーチのレストラン

場所は、デンパサール近辺のビーチのなかでは、北西部に位置するスミニャック(Seminyak)。

このエリアは、クタなどに比べれば、少し落ち着いた雰囲気で、ハイセンスなホテルやレストランが揃うことでも知られています。

バリ島スミニャック『Breeze at The Samaya Seminyak(ブリーズ・アット・ザ・サマヤ・スミニャック)』インターナショナル料理

このスミニャックで、最も評価の高いリゾートホテルの一つ「The Samaya Seminyak(ザ・サマヤ・スミニャック)」にあるメインダイニングが『Breeze(ブリーズ)』。

朝食は宿泊客限定ですが、ランチとディナーはビジターでも利用可能です。

ビーチとは逆側のカユアヤ通り(Jl. Kayu Aya)からホテルのエントランスに入り、コテージの間からプール越しの海が見えたときに、「おおっ!」とちょっとした感動を覚えます。

バリ島スミニャック『Breeze at The Samaya Seminyak(ブリーズ・アット・ザ・サマヤ・スミニャック)』インターナショナル料理 ☆

プールの脇を通って、さらに進むとレストランが見えてきます。

ビーチ沿いには、セットアップされたテーブルがずらりと並んでいます。

バリ島スミニャック『Breeze at The Samaya Seminyak(ブリーズ・アット・ザ・サマヤ・スミニャック)』インターナショナル料理

ランチですが、このビーチの雰囲気につられて、カクテルからスタート。

「シグネチャー・カクテル」のカテゴリーの中で、「ドラゴンボール」というのが目に入ったので、これにしてみます。

バリ島スミニャック『Breeze at The Samaya Seminyak(ブリーズ・アット・ザ・サマヤ・スミニャック)』インターナショナル料理

ドラゴンフルーツを使ったウォッカベースのオリジナルカクテルでしたが、なかに丸くくり抜かれたフルーツの実が7個沈んでいました。

狙ってやっているのかどうかはわかりませんが、なんか良いことがありそうな気がします。

 

・ハズさないホテルクオリティの料理

前菜にしようか迷ったのですが、暑かったので身体を冷やす「ガスパッチョ」から。

バリ島スミニャック『Breeze at The Samaya Seminyak(ブリーズ・アット・ザ・サマヤ・スミニャック)』インターナショナル料理

トマトの味は抑えめで、キュウリなどのシャキシャキ感を活かしたところが好印象。

訪れた2018年のGW時点、昨年末のアグン山噴火は客足を遠のかせているようで、ランチのプロモーションメニューも出ていました。

パスターやバーガー、ピザなどにワンドリンクが付いたセットメニューが、180,000ルピア(約1,500円)。

メインは、こちらのセットメニューにしてみます。

バリ島スミニャック『Breeze at The Samaya Seminyak(ブリーズ・アット・ザ・サマヤ・スミニャック)』インターナショナル料理

ビールはインドネシアの代表的なブランドである「ビンタン」。

東南アジアのビールというと、薄め印象の飲み口が多い印象でしたが、これはしっかりした苦味に加えて、多少辛口よりなのが特徴です。

料理はピッツァに。好みの具を3種選べるというのが決め手でした。プロシュートとブラックオリーブ、アーティチョークをセレクト。

アーティチョークなどが普通にラインナップに入っているところが、バリ島が日本よりもヨーロッパに近い感じがします。

これだけの料理では、評価はしずらいですが、味付けなどはハズさないホテル・レストランの料理だという印象です。このサイトで扱っている他の店と比べて、料理自体に凄みはないかもしれませんが、それはシチュエーションのほうに任せればいいのです。

 

・夕暮れ時は、これぞマジックアワー

バリ島スミニャック『Breeze at The Samaya Seminyak(ブリーズ・アット・ザ・サマヤ・スミニャック)』インターナショナル料理

おすすめの時間帯は、夕暮れ時でしょう。

夜は18時からスタートですので、一番早めのディナーが、このシチュエーションをもっとも楽しめると思います。

日が暮れても、海辺の雰囲気は楽しめますが、ほかの店でのキャンドル・ディナーと変わらなくなってしまいますからね。

記念日なんかには、思いっきって、特別プランをオファーしてみては。

「ロイヤル・キャノピー・ディナー」

バリ島スミニャック『Breeze at The Samaya Seminyak(ブリーズ・アット・ザ・サマヤ・スミニャック)』インターナショナル料理
オフィシャルサイト[http://seminyak.thesamayabali.com]より

こんなんがあります。

他ではそうそう味わえないディナーだということは確かでしょう。

 

 

『Breeze at The Samaya Seminyak(ブリーズ・アット・ザ・サマヤ・スミニャック)』店舗情報

平均予算:300,000~1,000,00ルピア(約2,500~8,000円)
営業時間:12:00〜15:00、18:00~23:00
定休日:無休
電話番号:+62 361 731 149
住所:Jl. Laksamana Basangkasa, Seminyak, Kuta, Kabupaten Badung, Bali
オフィシャルHP(英文)はこちら

予約の仕方

電話、オフィシャルweb(英語、インドネシア語)などで。
日本語での予約は、代行サービスなどが便利です。
日本語可!『ブリーズ アット サマヤ』をグルヤクで予約する

店の地図

 

 

 

よく読まれている関連記事

  1. 大阪・本町『La Cime(ラ シーム)』コンテンポラリー・フレンチ

    大阪・本町『La Cime(ラ シーム)』コンテンポラリー・フレンチ ☆☆

  2. タイ・バンコク『Supanniga Eating Room Tha Tian(スパンニガー イーティング ルーム タティアン店)』タイ東北料理

  3. 札幌・円山公園『コートドール(Côte d'Or)』コンテンポラリーフレンチ

    札幌・円山公園『コートドール(Côte d’Or)』コンテンポラリーフレンチ

  4. バリ島ウブド『Nusantara By Locavore(ヌサンタラ・バイ・ロカヴォール)』インドネシア伝統料理

    バリ島ウブド『Nusantara By Locavore(ヌサンタラ・バイ・ロカヴォール)』インドネシア伝統料理 ☆☆

  5. 東京・目黒『レストランユニック(restaurant unique)』フランス料理

    東京・目黒『restaurant unique(レストランユニック)』フランス料理

  6. 京都・東山『LURRA°(ルーラ)』イノベーティブ



 

エリアからお店を探す