バリ島スミニャック『Breeze at The Samaya Seminyak(ブリーズ・アット・ザ・サマヤ・スミニャック)』インターナショナル料理 ☆

バリ島スミニャック『ブリーズ・アット・ザ・サマヤ・スミニャック(Breeze at The Samaya Seminyak)』インターナショナル料理

 

Trip Advisorによる2017年度の「絶景レストラン10」のトップで紹介されている人気店。
バリ島のスミニャックのビーチ沿い、ハイセンスなリゾート「ザ サマヤ スミニャック」のメインダイニング『Breeze at The Samaya Seminyak(ブリーズ・アット・ザ・サマヤ・スミニャック)』の何よりもの特徴はそこです。
さて、どんなものかと、バリ島に行った際にランチで訪れてみました。

Bali-Breeze-at-The-Samaya-Seminyak

平均予算:ランチ 1,000~2,000円、ディナー 5,000~7,000円 

日本語可!『ブリーズ アット サマヤ』をグルヤクで予約する

 店舗情報・予約方法はこちらへ > 

「世界の景色のいいレストラン10」にも選ばれた、オン・ザ・ビーチのレストラン

場所は、デンパサール近辺のビーチのなかでは、北西部に位置するスミニャック(Seminyak)。

このエリアは、クタなどに比べれば、少し落ち着いた雰囲気で、ハイセンスなホテルやレストランが揃うことでも知られています。

Bali-Breeze-at-The-Samaya-Seminyak

このスミニャックで、最も評価の高いリゾートホテルの一つ「The Samaya Seminyak(ザ・サマヤ・スミニャック)」にあるメインダイニングが『Breeze(ブリーズ)』。

朝食は宿泊客限定ですが、ランチとディナーはビジターでも利用可能です。

ビーチとは逆側のカユアヤ通り(Jl. Kayu Aya)からホテルのエントランスに入り、コテージの間からプール越しの海が見えたときに、「おおっ!」とちょっとした感動を覚えます。

Bali-Breeze-at-The-Samaya-Seminyak

プールの脇を通って、さらに進むとレストランが見えてきます。

ビーチ沿いには、セットアップされたテーブルがずらりと並んでいます。

Bali-Breeze-at-The-Samaya-Seminyak

ランチですが、このビーチの雰囲気につられて、カクテルからスタート。

「シグネチャー・カクテル」のカテゴリーの中で、「ドラゴンボール」というのが目に入ったので、これにしてみます。

Bali-Breeze-at-The-Samaya-Seminyak

ドラゴンフルーツを使ったウォッカベースのオリジナルカクテルでしたが、なかに丸くくり抜かれたフルーツの実が7個沈んでいました。

狙ってやっているのかどうかはわかりませんが、なんか良いことがありそうな気がします。

 

英語などでの予約が面倒な方は、代行サービスが便利です▽
日本語可!『ブリーズ アット サマヤ』をグルヤクで予約する

 

次ページ:ハズさないホテルクオリティの料理を >

店舗情報、予約の仕方、マップなどはこちら >

 

 

1

2

よく読まれている関連記事

  1. 東京・恵比寿『ロングレイン(Longrain)』モダンタイ料理

    東京・恵比寿『ロングレイン(Longrain)』モダンタイ料理

  2. 台湾・台北『天下三絶(テンシャーサンジュエ)』牛肉麺

    台湾・台北『天下三絶(テンシャーサンジュエ)』牛肉麺

  3. 韓国・ソウル『品(プム・ソウル/POOM Seoul)』 モダン韓国料理

    韓国・ソウル『品/POOM Seoul(プム・ソウル)』 モダン韓国料理 ☆

  4. DSC02702

    【東南アジア全域】プライオリティ・パスで無料で使える空港VIPラウンジ一覧

  5. マカオ『ギンショ ア ガレラ(Guincho a Galera)』ポルトガル料理

    マカオ『Guincho a Galera(ギンショ ア ガレラ)』ポルトガル料理 ☆

  6. タイ・バンコク『ジェーム バイ ジャンミッシェル ロラン(J’AIME by Jean-Michel Lorain)』コンテンポラリーフレンチ

    タイ・バンコク『J’AIME by Jean-Michel Lorain(ジェーム バイ ジャンミッシェル ロラン)』コンテンポラリーフレンチ



海外レストランを日本語で予約したい方におすすめ!

予約手数料=1人350円~(税抜)
サイトに未掲載のお店もリクエスト可能です

 

 

エリアからお店を探す