タイ・バンコク『paste(ペースト)』モダン・タイ料理 ☆

bangkok_paste

Jason & Bee の夫婦シェフによるモダン・タイ・キュイジーヌ。定番のタイ料理に現代のエッセンスを加え、味も見た目も洗練させた人気店。
googleマップで場所を見る

日本語可!『ペースト』をグルヤクで予約する

タイ伝統の味をオーストラリア仕込の洗練でやさしく包み込む、モダンタイ料理

2013年にスクンビット・ソイ49に、こじんまりとした店としてオープンしつつも、その可憐な料理で、瞬く間に人気店になった『paste(ペースト)』。

2016年には、バンコクでも高級さではトップを争うショッピングモール、ゲイソン・ビレッジに移転し、店も拡張。そして2018年度版のミシュランガイドでは、1つ星を獲得。

bangkok_paste
まさに順風満帆。バンコクのガストロノミー・シーンの隆盛を象徴する店の一つであるのは間違いありません。

そもそも、オーストラリアで人気タイレストランを経営していたシェフのビー氏とジェイソン氏の夫婦が、ビー氏の故郷タイで開いたのが、そのバンコク・ドリームのスタート。

bangkok_paste
タイ料理の宮廷料理に顕著なさまざまなペーストを駆使した料理から店名がつけられたそうですが、現代的なアレンジ・センスが、この2人の真骨頂でしょう。

オーソドックスなタイ料理の味をキープしつつ、時に花をあしらったり、時にソースをディップに置き換えたり、プレゼンテーションはお洒落そのもの。

bangkok_pasteできる限りオーガニックな国産食材を使っているとのこと。

料理にもよりますが、比較的スパイスは控えめで、やさしい味がタイ人のみならず、日本人や西欧人からも信頼を置かれている理由かもしれません。

bangkok_paste
ドリンクは、ワインに力を入れているそうで、料理に合わせることをテーマに選ばれた銘柄は常時50種以上。

カクテルも、レモングラスやコリアンダー、ミントなどのハーブを多用し、さっぱりとした大人の味が特徴です。

bangkok_paste

bangkok_paste

今回はランチ利用。料理に関しては、美味しいことは確かですが、今ひとつ掴みきれなかったので、再度チャレンジして加筆しようと思います。

立地の良さ、洒落のインテリアの雰囲気から、ビジネスユースよりも、カップル、若めの家族が多い印象。ノスタルジックなタイではなく、今のタイを感じたい人にオススメのお店です。

 

『paste(ペースト)』店舗情報

営業時間:ランチ 12:00~14:00、ディナー 18:30~23:00
定休日:日曜
電話番号:+66 2 656 1003
住所:3rd. fl, Gaysorn Shopping Centre 999 Ploenchit Road, Lumpin, Bangrak, Bangkok
オフィシャルHP(英文)はこちら

ドレスコードと店の雰囲気

ドレスコードは、「スマートカジュアル」で。
食事の間も含めて、コミュニケーションは英語かタイ語が話せる方なら、まったく問題ないでしょう。日本人客も多いので、ある程度スタッフも慣れているようですが、日本語での細かな対応は難しそうです。

予約の仕方

予約は電話かオフィシャルHPの予約フォームから(英語、タイ語)。
日本語での予約をしたい場合は、予約代行サービスが便利です。
日本語可!『ペースト』をグルヤクで予約する

店の地図

 

 

関連記事

  1. bangkok_suhring

    タイ・バンコク『Sühring(ズーリング)』モダン・ジャーマン ☆☆

  2. Hangzhou-Hubin-28-Restaurant

    中国・杭州『湖浜28餐庁/28 Hubin Road』 浙江料理 ☆

  3. bangkok-cocktail-bar-VESPER

    バンコクでおすすめのカクテルバー。アジアのイノベーティブなシーンを牽引する注目店揃い [my best 3+αシリーズ]

  4. bengkok-mid-range-restaurants

    バンコクのタイ料理の人気店。カジュアルでもオシャレなおすすめレストラン [my best 3+αシリーズ]

  5. Korea-Seoul_Kwon-Sook-Soo

    韓国・ソウル『KWON SOOK SOO(クォンスクス)』 韓国料理 ☆☆

  6. Hongkong-Chairman

    香港『大班樓/The Chairman(チェアマン)』広東料理 ☆