バリ島スミニャック『Sarong(サロン・レストラン)』アジアン・フュージョン ☆

Bali-Sarong

2008年のオープン以来、国際的な評価も高いアジアン・フュージョン。コロニアル様式の邸宅を想起させるエレガントな空間で味わう、ヒネリのきいたスパイス料理の数々。アジアの人気リゾートにとどまらず、世界のリゾートとしてのポジションを築いてきたバリ島を象徴するレストランの一つです。
googleマップで地図を見る

バリ島スミニャックで歴史を刻むゴージャスなアジア料理

「アジアのベストレストラン50」では2014年にNo.47にランクイン。

それ以前に、バリ島でハイエンドなレストランとしては、長年ウブドの『Mozaic(モザイク)』、デンパサールの『Sarong(サロン)』と言われてきたほど、象徴的なレストランと言えるでしょう。

料理の内容は、『Mozaic』が時差のないモダン・フレンチであるのに対して、この『Sarong』は、一般的にはアジアン・フュージョンにカテゴリー。

オフィシャルHPでは「Inspired by the flavours of South-East Asia(東南アジアの味にインスパイアされた)」と表現されています。

 

インドネシアからタイ、インドまでを網羅。アジアのスパイス料理をモダンに

実際、2008年のオープン以来、スコットランド出身のシェフ、ウィル・メイリック(Will Meyrick)氏が志してきたのは、インドネシア料理の現代化ということ。

伝統的なレシピにリスペクトを払いつつ、そこに加えられた彼独特の「ひねり」が高く評価されてきました。

そのスタイルを実現するために、地元の生産物の質を高めるために、地域のコミュニティを支援してきたことはよく知られています。

Bali-Restaurant-Sarong
ただ、メインにはタンドリがあったり、ビリヤニやナンがあったり、ややインド料理寄りのメニューも多く揃っています。

そのあたりは、インドネシアからタイ、インドあたりにいたるアジア全域の料理だと捉えておいたほうが、訪れたときのイメージにズレが出ないかもしれません。

メニューは、ア・ラ・カルト。サービススタッフからは、1人あたり前菜2皿、メイン1皿くらいがちょうどいいとのこと。

また、「かなりスパイシーなので、苦手だったら、少しマイルドに作りますよ」と説明が付け加えられます。

Bali-Restaurant-Sarong
最初に頼んだのは「マグロの冷菜」。

タルタル状のマグロに、レモングラスが爽やかさを加え、グリーントマトのサンバルソースが辛味とコクを足しています。

確かに辛めですが、スパイスの使い方が見事。

Bali-Restaurant-Sarong
合わせるドリンクは、ちょっと深めの味がいいかとソーヴィニヨンブランにしてみました。

続く、温菜は「薪でローストしたスパイシー・オクトパスのサラダ」。

Bali-Restaurant-Sarong
香ばしいタコに、サラダとして添えられた酢漬けのキュウリと食用ヒョウタンがマッチしています。

 

 

次ページ:『サロン』の魅力の真髄は何か? バリ島のファインダイニングの特質に迫ります >

店舗情報、予約の仕方、マップなどはこちら >

 

英語、インドネシア語などでのやり取りが面倒な方は、予約代行サービスが便利です。

1

2

関連記事

  1. タイ・バンコク『EAT ME(イート・ミー)』モダン・インターナショナル ☆

  2. Bali-Breeze-at-The-Samaya-Seminyak

    バリ島スミニャック『Breeze at The Samaya Seminyak(ブリーズ・アット・ザ・サマヤ・スミニャック)』インターナショナル料理 ☆

  3. yamanashi-qui-cucinna

    山梨・北杜市『qui CUCINA ITALIANA(クイ クッチーナ イタリアーナ)』イタリア料理

  4. Taipei-Beitou-Marshal Zen Garden

    台湾・台北『少帥禪園/Marshal Zen Garden(シャン・ガーデン)』台湾料理 ☆

  5. Bali-Restaurant-Guide

    バリ島(クタ・ウブドetc.)でおすすめのグルメ。おしゃれで美味しいレストランを厳選 [フーディーズ・タウンガイド]

  6. 韓国・ソウル『Mingles(ミングルス)』モダン・コリアン ☆☆