タイ・バンコク『Charcoal Tandor Grill & Mixology(チャコール タンドールグリル&ミクソロジー)』インド料理 ☆

bangkok-indian-restaurant-charcoal-tandor-grill-and-mixology

 

数多くあるバンコクのインド料理店のなかで、今っぽさでは群を抜く『Charcoal Tandoor Grill & Mixology(チャコール・タンドールグリル&ミクソロジー)』。
ナナエリアの北側、高級ホテル「Fraser Suites Sukhumvit」内のメインダイニングで、伝統的な調理法で丁寧に作られたタンドリ&ケバブと、インド流のミクソロジー・カクテルの極上のマッチングが楽しめます

bangkok-indian-restaurant-charcoal-tandor-grill-and-mixology

平均予算:ブランチ 5,000~7,000円、ディナー 10,000~15,000円 

googleマップで地図を見る 日本語可!『チャコール・タンドール・グリル アンド ミクソロジー』をグルヤクで予約する

素材を活かしたインド料理と、素材を活かしたミクソロジーカクテルのハーモニーを堪能できる新感覚インディアン

バンコクには、インドから中東系の居住者や滞在者が多くいます。なので、インドや中東料理のレストランが多く、とくにこれらの地域の大使館などが多いスクンビット通りの「ナナ駅」から「アソーク駅」の北部あたりはかなりの確率でそっち系。

「Radisson Suite」「Ambassador Hotel」などの高級ホテルや、「ナナ スクエア」のような大手モールにも、当たり前のようにインド料理店が入っていることに、需要の大きさが伺えます。

そういった影響があるのか、TripAdvisorのバンコクのグルメランキングでも、インド料理店が上位を独占している時期もあったんです。最近は少し落ち着きましたが、2015~17年くらいは、バンコクの1位を「Radisson Suite」のインド料理店『Punjab Grill』がキープし続けていました。

でもですね。この時期を中心に、ランキング上位店を何軒か試してみたのですが、あまりわざわざバンコクでいく必然性を感じる店は見つからず。

確かに悪くはないんです。ただ、東京にも美味しいインド料理はたくさんあるからなぁと、バンコクのインド料理店には足が遠のいていたのですが、ようやく1軒、好みの店を発見しました。

高級ホテル「Fraser Suites Sukhumvit」の5階にあるメインダイニング

お目当てのレストランにフラレ続けた、ある日曜の昼下がり。

宿泊していたホテルの近くに、評判のいいインド料理店があったので、久しぶりにインド料理でも食べようか?と思ったんです。

BK Magazineによる2018年度版の「Top Tables Bangkok」の18位に入っていて、ここのセレクトのセンスは信用していますので、この店なら楽しめるかな?と思ったこともきっかけ。

それに『Charcoal & Mixology』という店名がいいな、と。

ちゃんとしたタンドールなら“炭火”でつくっているのは当然と思ってしまいますが、さらに最近やけにハマっているミクソロジー・カクテルを推しているところにも惹かれます。

 

bangkok-indian-restaurant-charcoal-tandor-grill-and-mixology

場所はナナ駅から北に10分ふほど歩いたところ。

「Fraser Suites Sukhumvit」という高級ホテルの5階にあります。

bangkok-indian-restaurant-charcoal-tandor-grill-and-mixology

店はプールに面していて、エントラスを入ると、バースペースがあります。

夜は、ここにカクテルを飲みに来るだけでもいいかもしれません。

bangkok-indian-restaurant-charcoal-tandor-grill-and-mixology

さすが、アーバンリゾート「Fraser Suites Sukhumvit」。高級感とナチュラルさのバランスが取れたダイニングルームです。

たまにはインドの宮殿のようなインテリアもいいですが、普通のランチなので、それでは気分的に疲れてしまう性質なので。

「サンデーブランチ」のビュッフェがお得

bangkok-indian-restaurant-charcoal-tandor-grill-and-mixology

席につくと、メニューより先に、豆からつくられるおせんべい「パーパル」、玉ねぎのスライス、3種のソースが出てきました。

ちなみに、ランチタイムは日曜のみの営業。「サンデーブランチ」ということで、ビュッフェメニューのみ、999THB(約3,500円)+税サです。

ビュッフェとは言っても、作りたてのメニューが食べられるのが特徴。1,000THB足せばプロセッコ(イタリアのスパークリングワイン)のフリーフローが付けられますが、カクテルを飲みたいので、私はパス。

bangkok-indian-restaurant-charcoal-tandor-grill-and-mixology

基本は、このメニューから食べたいものを好きに頼んでね、というスタイル。

bangkok-indian-restaurant-charcoal-tandor-grill-and-mixology

メニューを眺めている間に、「サモサ」が出てきます。

日曜の昼下がり、頭が回ってないときには、このオートマティックな感じは快適です。

ミクソロジーカクテルはマスト。飲めない方はモクテルで

ミクソロジー・カクテルは、まず飲みやすいもので、「MUFFETY MAI」というものから。

bangkok-indian-restaurant-charcoal-tandor-grill-and-mixology

ジン・ライムなのですが、マサラなどのスパイスがアクセントに加えられているので、料理とのペアリングもバッチリ。

こんなインド風のメニューは、ほかではちょっと楽しめない面白さでしょう。

モクテルもあるので、アルコールがNGの方にもおすすめです。

 

外国語での予約が面倒な方は、予約代行サービスなどが便利です。
日本語可!『チャコール・タンドール・グリル アンド ミクソロジー』をグルヤクで予約する

 

次ページ:ネタに使われた食材のバラエティと素材の活かし方に驚いたタンドール&ケバブ >

店舗情報、予約の仕方、マップなどはこちら >

 

 

1

2

関連記事

  1. Seoul-Joo Ok Restaurant

    韓国・ソウル『Joo Ok Restaurant(ジュオク)』コンテンポラリー・コリアン

  2. タイ・バンコク『Sensi Restaurant(センシ レストラン)』コンテンポラリー・イタリアン

  3. Taipei-Toa'A-Restaurant

    台湾・台北『Toh-A’桌藏』フレンチ&台湾フュージョン ☆

  4. Bangkok-Frenach-Restaurant-J’AIME

    タイ・バンコク『J’AIME by Jean-Michel Lorain(ジェーム バイ ジャンミッシェル ロラン)』コンテンポラリーフレンチ

  5. 東京・後楽園『CITTA’ ALTA(チッタ アルタ)』イノベーティブ・イタリアン

  6. tokyo-garam-masala

    東京・経堂『ガラムマサラ』インド料理



▽日本国内のレストランのweb予約は、こちらで!▽

海外レストランを日本語で予約したい方におすすめ!

①:グルヤク

 

予約手数料=1人350円~(税抜)
サイトに未掲載のお店もリクエスト可能

②:たびらく

 

予約手数料=1組500円(税抜)
 

空港ラウンジが使えるプライオリティパス付!

 

 

エリアからお店を探す