タイ・バンコク『THE HOUSE ON SATHORN(ザ・ハウス・オン・サトーン)』イノベーティブ・アジアン ☆

Thai-Bangkok-House-on-Sathorn

感度の高い大人たちからの絶大な信頼を誇る「W HOTEL」。そのバンコク店に併設するレストランが「ハウス・オン・サトーン」です。
トルコ出身のシェフ、ファティ・トゥタク氏のマルチ・カルチャーな料理が真骨頂。旅をコンセプトとすることで、ホテル・レストランというスタイルにも新たな風を吹き込んでいる存在だとも言えるかもしれません。
googleマップで地図を見る

日本語可!『ザ ハウス オン サトーン』をグルヤクで予約する

マルチ・カルチャーを“コロンブスの卵”的に解釈。旅をテーマとするホテル・レストラン

Thai-Bangkok-House-on-Sathorn

バンコクの中心地シーロムにある築120年の歴史的建造物

場所は、現在のバンコクの躍進を象徴する中心地、シーロム。かつては大使館として使われていた築120年の由緒ある洋館がレストランとして生まれ変わったのが、2015年のこと。

博物館であってもおかしくない建築が、レストランとしてオープンしたことも話題でしたが、その料理のクオリティも折り紙つき。

2017年3月に発表された「アジアのベストレストラン50」では、開店1年余りで、No.36にノミネートされています。

Thai-Bangkok-House-on-Sathorn

今回はランチで訪れたので、基本的には、コートヤード(中庭)での食事になりますが、あまりに暑い日だったので、ダイニング・ルームに変更してくれました。

一歩、そこに足を踏み入れると、異空間が広がっていました。

建具やインテリアの一つをとっても、当時の面影が残されながら、野暮ったさがない設えはさすがの一言です。

オリジナリティ溢れるカクテルが魅力

手仕事によるアールヌーボー期の装飾は、現在では実現が難しいんだよな、などと思いながら、まず食前酒を選びます。

ワインリストは妥当なものだったのですが、東南アジア諸国では酒税が高いため、日本と比べるとコスパが悪くなるのは、仕方がありません。

となると、南国ではカクテルがおすすめでしょうか。ここ『ザ・ハウス・オン・サトーン』でも、カクテルの種類は豊富で、シグネチャーの一つ「ザ・ガーデン」をオーダー。

Thai-Bangkok-House-on-Sathorn

ジンベースのカクテルで、キュウリとタイムの青酸っぱさで、フレッシュな気分になったところで、パンも登場。

Thai-Bangkok-House-on-Sathorn

パン自体もタイで食べた中では最上級のものだったのですが、付け合せのペーストも秀逸。基礎力の高さをうかがわせます。

 

外国語での予約が面倒な方は、代行予約が便利です。
日本語可!『ザ ハウス オン サトーン』をグルヤクで予約する

 

次ページ:アジア~中東~西欧へ、ユーラシアをトリップするかのような料理 >

店舗情報、予約の仕方、マップなどはこちら >

 

 

1

2

関連記事

  1. bangkok-restauranta-canvas

    タイ・バンコク『Canvas(キャンバス)』イノベーティブ ☆

  2. Bangkok_Srabua-by-Kiin-Kiin

    タイ・バンコク『Sra Bua By Kiin Kiin(スラブアバイキンキン)』モダン・タイ ☆

  3. Laos-Luang-Prabang-Manda-De-Laos

    ラオス・ルアンパバーン『Manda De Laos(マンダ デ ラオス)』モダンラオス料理

  4. Best-Female-Chef-2018-Paste in Bangkok

    「アジアのベストレストラン50」2018年度の「最優秀女性シェフ」は、バンコク『ペースト』のビー・サトンガンさんが受賞

  5. Bali-Sarong

    バリ島スミニャック『Sarong(サロン・レストラン)』アジアン・フュージョン ☆

  6. 2年目のタイ版「ミシュランガイド バンコク、プーケット&パンガー 2019 」星獲得レストラン全27店リスト

▽海外レストランを日本語で予約したい方は、こちらがおすすめ!▽


予約手数料=1人350円(税抜)
サイトに未掲載のお店もリクエスト可能

予約手数料=1組500円(税抜)

Foodies Asia Instagram

▽空港のラウンジが使えるプライオリティ・パスが付いています!▽

▽日本国内のレストランのweb予約は、こちらで!▽



カテゴリー