バンコクでおすすめのカクテルバー。アジアのイノベーティブなシーンを牽引する注目店揃い [my best 3+αシリーズ]

bangkok-cocktail-bar-VESPER

各地域のテーマごとに鉄板3店と新鋭や穴場などを紹介する[3+αシリーズ]。

「アジアのベストバー50」の浸透により、イノベーティブなカクテルを提供するバーが躍進していることが注目を集め始めていますが、アジアでシンガポールとともにこのシーンを牽引するのがバンコク。注目すべき最旬バーをピックアップしてみました。

バンコクのおすすめ最旬カクテルバー

 

オススメ店1:『Vesper Cocktail Bar(ヴェスパー・カクテル・バー)』

バンコクの中心地シーロムにある、立地的に行きやすいバーからまず1店。

BTS「Sala Daeng」駅の南西側の出口をから降り、C.P. タワー手前、夜は屋台街になるConvent Rd.を曲がって少し行ったところにある、この『ヴェスパー』。

「アジアのベストバー50」2018年度のランキングは、No.27。

bangkok-cocktail-bar-VESPER
若干オーセンティックな佇まいのバーですが、メニューのバラエティは豊富。クラシックからオリジナリティあふれるカクテルまで網羅しています。

bangkok-cocktail-bar-VESPER
このバーのシグネチャーは「THE ART BOOK」と名付けられたシリーズ。歴代のアーティストにインスパイアされたオリジナルカクテルが楽しめます。

bangkok-cocktail-bar-VESPER
好きなアーティストから選ぶこともできますが、通常のバーのように味の好みからお任せするのも一興。「ラムベースで甘すぎないの」と頼むと、バーテンダーが選んでくれたのは「サルバトール・ダリ」でした。
ファットウォッシュドのバターラムをベースに、アーティチョークが入ったワインのリキュール「チナール」を配合、レモンなどで味を整えたカクテル。そこに、キャラメライズされたパイナップルが乗ります。
アーティストとしてはピカソやエゴン・シーレのほうが好みだったなとか思いながらも、飲んでみたら、美味しかったので、良しとしましょう。パイナップルのキャラメルを口に含みながら、味わうラムは、ちょうどよいバランスでした。南国感もあるし。

bangkok-cocktail-bar-VESPER
バンコクでは、木~土曜がどの店も非常に混雑しますが、それ以外の曜日は人気店でも客足がかなり落ちてしまうのが通例。ゆっくり味わいたいなら、日~水曜を狙うのも手だと思います。

Vesper(ヴェスパー)』店舗情報

営業時間:<月~土曜>17:30~1:00 <日曜>17:30~0:00 定休日:無休
電話番号:+66 2 235 2777
住所:10/15 Convent Rd, Khwaeng Silom, Khet Bang Rak, Krung Thep Maha Nakhon 10500

bangkok-cocktail-bar-VESPER
オフィシャルHP(英文)はこちら

予約に関して

オフィシャルwebからメールで予約可能(タイ語、英語)。

 

オススメ店2:『Teens Of Thailand(ティーンズ・オブ・タイランド)』

フアランポーン駅から徒歩5分、チャイナタウンの入り口あたりの路地にある『ティーンズ・オブ・タイランド』。バンコクでも、ジン専門店として有名なバーです。
「アジアのベストバー50」2018年度のランキングは、No.44。

bangkok-TEENS-OF-THAILAND
店内には、アメリカやタイのヒップホップがかかるカジュアルな雰囲気。バーカウンターではなくテーブル席中心なので、仲間とわいわいやる感じが似合います。

bangkok-TEENS-OF-THAILAND
付き出しは、栗でした。なんだかほっこり。

bangkok-TEENS-OF-THAILAND
その日のジンメニューが2つほど出ていて、こちらは「Sweet & Sour」。パッションフルーツとはちみつの甘酸のバランスが絶妙。

bangkok-TEENS-OF-THAILAND
ちなみに、店名ですが、タイでも10代は飲酒禁止。ちょっとグレーではあるのですが。とはいえ、お酒を一番求めていたのは、10代の頃だったなぁとか、淡い記憶が蘇ったり……。

Teens Of Thailand(ティーンズ・オブ・タイランド)』店舗情報

営業時間:19:00~0:00 定休日:無休
電話番号:+66 96 846 0506
住所:76 ซอย นานา Khwaeng Pom Prap, Khet Pom Prap Sattru Phai, Krung Thep Maha Nakhon 10100

bangkok-TEENS-OF-THAILAND
オフィシャルHP(英文)はこちら

予約に関して

電話あるいはFacebookのメッセンジャーにて予約可能(タイ語、英語)。

 

オススメ店3:『Ku Bar(ク・バー)』

これまで紹介したバーでもかなり個性的ですが、それにもまして個性が強いのが、この『Ku Bar(ク・バー)』。「アジアのベストバー50」2018年度のランキングは、No.49。
隠れ家バーとしては、かなり高い隠れ家度です。場所が本当にわかりにくいんです。大雑把に言えば、カオサン通りがあるプラナコーンのはずれ。通りに面したジャズバーの脇を入っていくと、廃墟のようなビルがあります。

Bangkok-Ku-Bar
暗がりのなか、そのビルの入口にかろうじて、店名がプリントされた表札が見えます。2階がワインバー、3階がカクテルバーと書かれています。暗い階段をさらに登って、3階のギャラリースペースへ。でもバーらしきものが見当たりません。他の客も、間違えてトイレのドアを開けていたりしてます。

Bangkok-Ku-Bar
なんとかドアらしきものを見つけて、開けてみると、ようやくそこにバーを発見。

Bangkok-Ku-Bar
中はかなりミニマルな内装。ビンテージ感とも言えるかもしれません。

Bangkok-Ku-Bar
シグネチャーは10メニューほどあり、「ライチ」「大豆/黒ごま」「しそ」など、どれもがアジア/東洋的なオリジナルカクテル。

Bangkok-Ku-Bar
東洋的なメニュー、空間のミニマル感に、店名は絶対「空(くう)」だと思いこんでいたのですが、facebookを見たら「苦」の文字が!

ただ、英語表記は「Kǔ / Ku bar」のダブル表記。どちらも入っているのかな?と思ったのですが、聞いたらやはり「苦」でした。

なんでもオーナーが仏教僧でもあるので、「苦行」というのは、決してネガティブではない、深遠なものなのだとか。

 

Ku Bar(ク・バー)』店舗情報

営業時間:19:00~0:00 定休日:月火曜
電話番号:+66 2 067 6731
住所:469 Phra Sumen Rd, Khwaeng Wat Bowon Niwet, Khet Phra Nakhon, กรุงเทพมหานคร 10200
オフィシャルHP(英文)はこちら

予約に関して

電話あるいはFacebookのメッセンジャーにて予約可能(タイ語、英語)。

+α:その他の注目バー

①『SMALLS』

シーロム・エリアではありますが、サトンタイロードの南側の閑静な住宅街にあるので、落ち着いて飲めるバー。「アジアのベストバー50」2018年度のランキングは、No.29。

店舗情報

営業時間:<水~月曜>19:00~2:00 定休日:火曜
住所:186/3 Suan Phlu Soi 1, 10120 Bangkok, Thailand
オフィシャルwebはこちら

②『RABBIT HOLE』

流行発信地トンローにあるバー。「アジアのベストバー50」2018年度では、「ONE TO WATCH(次に注目すべき店)」を受賞。

店舗情報

営業時間:<水~日曜>19:00~0:00 定休日:月火曜
住所:125 Thonglor, Sukhumvit 55, 10110 Bangkok, Thailand
オフィシャルwebはこちら

 

英語・タイ語でのやり取りが面倒な方は、代行予約サービスなら日本語でコミュニケーションが取れます。

関連記事

  1. Hanoi-Noodle-Pho-Best-Restaurant

    ベトナム・ハノイのおすすめヌードル(麺)料理。フォー&ブンボーナム、ブンチャーのベストランキング [my best 3+αシリーズ]

  2. Tokyo-Daimon-Tonkatsu-Aoki

    浜松町・芝大門周辺でおすすめ!カツカレー・ランキング [my best 6+α]

  3. bangkok_bolan

    タイ・バンコク『Bo.Lan(ボラン)』オーセンティック・タイ ☆☆

  4. Thai-Bangkok-House-on-Sathorn

    タイ・バンコク『THE HOUSE ON SATHORN(ザ・ハウス・オン・サトーン)』イノベーティブ・アジアン ☆

  5. Bangkok_Srabua-by-Kiin-Kiin

    タイ・バンコク『Sra Bua By Kiin Kiin(スラブアバイキンキン)』モダン・タイ ☆

  6. タイ・バンコク『EAT ME(イート・ミー)』モダン・インターナショナル ☆