東京・六本木『豚組食堂』とんかつ

六本木・とんかつ『豚組食堂』

 

店の特徴 

平均予算:ランチ 1,000~2,000円、ディナー 2,000~3,000円 

”究極のとんかつ”を目指す『西麻布 豚組』のとんかつを、クオリティーはそのままに、より財布に優しい値段で提供することがコンセプト。

椿ポーク・いも豚・松阪ポーク・なっとく豚を始めとした全国の銘柄豚を使う方向性は、本店と同じです。
出来上がったとんかつに、ブランド豚の銘柄が書かれたフラッグが立ってきます。

それぞれ3パターンのボリューム

基本的に、どのとんかつも110g、165g、220gの3種類がメニューが出ています。

六本木・とんかつ『豚組食堂』

165gのヒレで、このボリューム感!
このサイズあれば、肉の旨味が生きてきて、ブランド豚を使っている良さがより実感できます。

六本木・とんかつ『豚組食堂』

110gのスタンダードなヒレカツ。
普通のランチだったら、これで十分です。

付け合わせも、おすすめ

とんかつが主役の店ですが、出される小皿が美味しいのも、この店の特徴でしょう。
ひと手間かけたものが出てくると、ほっとします。

六本木・とんかつ『豚組食堂』

定食としても、バランスがいいのはうれしいですね。
また、夜は「生ビール」「日本酒」「ハイボール」「ワイン」などアルコールも一通りそろっているので、つまむの最初として付け合わせを食べて、メインのとんかつに行くっていうのが、王道のコース。

六本木・とんかつ『豚組食堂』

最近は、消化の問題で、野菜などの繊維質から先に食べたい方も多いと思いますが、キャベツを先出ししてくれるのもうれしいサービスです。
とんかつが揚げあがるのを待ちながら、食べ尽くすもよし。
おかわりし放題なので、足りなくなったら、追加の注文ができます。

 

 

インスタグラム最新投稿を見る

 

メニュー

【昼のとんかつの一例】
スタンダード銘柄豚 *ごはん・キャベツは、お替り自由(お好きなだけどうぞ)
「ロースかつランチ(110g)」1,100円
「希少部位のリブロース」165g:1,550円、220g:1,950円
「フィレかつランチ」110g:1,300円、165g:1,750円

【夜のとんかつの一例】
スタンダード銘柄豚 *ごはん・キャベツは、お替り自由
「ロースかつ膳」110g:1,400円、165g:1,850円、220g:2,250円
「フィレかつ膳」110g:1,600円、165g:2,050円
プレミアム銘柄豚 *ごはん・キャベツは、お替り自由
「ロースかつ膳」110g:1,980円、165g:2,480円、220g:2,980円
「フィレかつ膳」110g:2,180円、165g:2,680円
六本木・とんかつ『豚組食堂』

【夜のドリンクの一例】
ビール・ハイボール
「エビスビール生」グラス:650円、小:400円
「ハイボール」500円
「ノンアルコールビール」650円
日本酒・梅酒
「八海山」700円
「奥武蔵のにごり梅酒」650円
ワイン
「本日のおすすめワイン(赤/白)」650円
ソフトドリンク
「オレンジジュース」400円
「グレープフルーツジュース」400円
「コーラ」400円
「ウィルキンソン・ジンジャーエール(辛口・甘口)」400円
「ウーロン茶」400円
「黒ウーロン茶」440円

メニュー・料金はあくまで参考になります。季節や食材の入荷状況によって変わることを前提にご覧ください

店の地図・アクセス

地下鉄「六本木駅」から約4分。

『豚組食堂』店舗情報

営業時間:ランチ 11:00~16:00(LO 15:30)、ディナー 17:00~23:00(LO 22:30) 定休日:不定休
電話番号:03-3408-6751
住所:〒106-0032 東京都港区六本木6丁目4−1 ヒルズ メトロハット B2F
オフィシャルwebはこちら

六本木・とんかつ『豚組食堂』

 

関連記事

  1. 蒲田・とんかつ『丸一』

    東京・蒲田『丸一(まるいち)』とんかつ

  2. 芝大門・とんかつ『のもと家』

    東京・芝大門『のもと家』とんかつ

  3. 東京 ・西麻布『L’Effervescence (レフェルヴェソンス)』コンテンポラリーフレンチ

  4. 芝大門『燕楽』メニューランキング

    名店の系譜を生んだ老舗!御成門『とんかつ 燕楽』のメニューベスト5

  5. 高田馬場・とんかつ『なりくら』

    東京・高田馬場『なりくら』とんかつ

  6. 小川町・とんかつ『ポンチ軒』

    東京・神田小川町『ポンチ軒』とんかつ