中国・蘇州で絶品蘇州麺を!まずは 「豚肉入り白湯麺」「蟹粉麺」の2店を押さえておけば大丈夫

China-Suzhou_Noodle

 

東洋のベネチアと称される運河の町・蘇州。
いろいろ美味しいものはあるのですが、手軽に食べられるものとしては蘇州麺がおすすめです。

 

中国のラーメンの中でも評価が高い蘇州麺

中国のラーメンというと、適当な店選びをしてしまうとハズす可能性が高かったりもします(その反動で、日本のラーメンチェーンが現地の人にも人気を博しているようですが)。

私も、中国でさんざんハズしまくった結果、やっぱり麺や具よりも基本的にはスープが決め手だなんだな、と。

改めて言わなくても日本のラーメン店やベトナムのフォー店でもそうですよね。

 

ちゃんと調べて行かなかった私が悪いのでしょうが、中国では個人的に、なかなか美味しいスープに出会えなかったのです。

鍋料理でもワンタンでも小籠包でも、美味しいスープを楽しむ食文化なのに、なぜラーメンにはいかされないのだろう?という疑問ばかりが募っていました。

 

China-Suzhou

伝統的な建築が並ぶ風光明媚な街に、運河が張り巡らされた蘇州の風景

そんな中で、もちろん例外もあって、お気に入りの2店が蘇州にあります。

具体的な店の紹介に入る前に、蘇州のラーメンの特徴をざっくり挙げておきます。

蘇州麺(スージョウミェン)とは?

基本は鶏がらスープ。白湯もありますが、醤油を加えたスープもあります。

麺は、博多ラーメンと同じくらいの細麺が基本。

茹で具合は、博多より少ししんなりした状態で仕上げがってきます。

写真で見ると想像がつきにくいのですが、丼の下までびっしりと麺がつまっているので、結構な量です。日本のラーメンの1.5~2倍くらいの麺の量でしょう。

具は、様々です。

チャーシューも肉の塊から薄切りまで、そしてこの地方の名物の蟹まで。

①:『同得興』の「豚肉入り白湯麺」

まずは白湯麺です。もっとも定評があるのが『同得興』で、まったく異論なしのクオリティでした。

蘇州市内には2店舗ありますが、中国語ができない私のような人には、十全街の支店をおすすめします。

本店のほうは、中国語で口頭でオーダーするのですが、十全街店では、写真のようなオーダー表にチェックする方式。漢字なので概ね理解できると思います。

China-Suzhou-Tongdexing

白湯と赤湯がベースになっていますが、朝ということもあり、白湯にします。肉は当然として、青菜もオプションで加えます。


麺類は、やっぱりスープが大切と言っておいて何なのですが、このチャーシューは秀逸。

結構なボリュームで1cmほど厚みもあるのですが、ホロッと箸で切れます。どうしたら、こんな火の入れ方ができるのだろう?と単純に感心してしまいました。

食べてみても、豚肉の旨みは残しながらも、しつこくない絶妙なバランス。

さすが、豚肉の扱いに関しては、庶民のものも含めて中国料理の技は奥深いですね。それがラーメンにちゃんと活かされているところが素晴らしいです。

スープは、基本すっきりで、その裏にきちんとコクが隠されているイメージです。あっさりめのスープに、最初、飽きるかと思ったのですが、最後まで楽しめました。テーブルには、豆板醤が備えられているので、飽きた場合は、これで味に変化をつけることもできます。

China-Suzhou-Tongdexing
訪れたのは、平日の朝7時。行列ができるほどではないですが、ほぼ席が埋まっている賑わいぶりでした。

日本の人気蕎麦店のように、麺とスープがなくなる、昼過ぎ13:00にはクローズ。ランチタイムは混むので、行くのは朝食がベストでしょうか。

それほどこってりではないので、朝でもスルッと満足できると思います。

『同得興』店舗情報

営業時間:6:30 – 13:00
電話番号:+86 512 6516 5206
住所:中国蘇州十全街624号

店の地図

 

 

②:『朱鴻興麺館』の「蟹粉麺」

一方、町の中心部・双前街にある『朱鴻興麺館』。

こちらのほうが、ビジネスに長けたオーナーがやっているのか、蘇州の街なかにかなりの店舗数があります。

メニューも、豚肉入りや野菜メインのものなど、幅広く揃えているのですが、もっとも面白かったのが、「蟹粉麺」です。

スープは醤油ベース。高山ラーメンのスープがもっとも近い印象です。麺は、『同得興』よりは少し白めで、素麺寄り。

China-Suzhou-Zhuhongxing-Noodle

現地の人からすると、揚州、蘇州など地域別に蟹の種類も違うということなのですが、日本人から見れば、上海蟹ということでいいと思います。

そんな上海蟹の産地で、よく出されているのが、この「蟹粉」です。この蟹粉、豆腐とともに煮られた「蟹粉豆腐」などが定番の名物として多くのレストランで提供されています。それのラーメン版ですね。

別々の皿に盛られているので、まずは蟹糞のみ味わいます。レストランなどで出されているものに比べると、香辛料などは抑え目でかなりシンプルかつストレート。

うまいですね。これだけで酒のアテになります。

China-Suzhou-Zhuhongxing-Noodle

そのまま楽しんだ後は、カニを麺の上に流し込みます。

醤油ベースのあっさりスープから、カニの独特な風味とコクが加わり、これが当たり。二度美味しさを楽しめました。

China-Suzhou-Zhuhongxing-Noodle
15:00くらいの中途半端な時間に行ったら、かなり空いていました。

ランチ、仕事終わりの夕食時はかなり混んでますので、微妙に外して行くのがおすすめです。

『朱鴻興麺館』店舗情報

営業時間:7:00~20:30
電話番号:+86 512 6727 9722
住所:蘇州市姑蘇区宮巷108号

店の地図

 

 

 

関連記事

  1. Bali_Ubud-Balinese-Hom-Ccocking

    バリ島ウブド『Balinese Home Cocking(バリニーズ・ホーム・クッキング)』バリ家庭料理 ☆☆

  2. 南京ダック、豚スペアリブ、得月童鶏、豚角煮…江蘇省の名店、肉料理のスペシャリテ4選 [my best+αシリーズ]

  3. hanoi-Banh Mi 25

    【ハノイ旧市街周辺】おすすめバインミー4選。ベトナム風サンドイッチはどこがおいしい? [my best+αシリーズ]

  4. shanghai_fuhefui

    中国・上海『福和慧(FU HE HUI/フヘフイ)』上海精進料理 ☆☆

  5. suzhou_xiehe

    中国・蘇州『協和菜館(协和菜馆)』蘇州料理 ☆

  6. chiangmai-Sanpakoi Kanomjeen

    チェンマイ名物「カオソーイ」が美味しいおすすめ店は?ミシュラン掲載店を中心に厳選8店 [my best+α]





海外レストランを日本語で予約したい方におすすめ!

①:グルヤク

 

予約手数料=1人350円~(税抜)
サイトに未掲載のお店もリクエスト可能

②:たびらく

 

予約手数料=1組500円(税抜)
 

空港ラウンジが使えるプライオリティパス付!