中国・上海『喜粤8号/CANTON 8』広東料理 ☆☆

Shanghai-Rstaurant-Canton8

世界で最も安いミシュラン2つ星店が上海にある——この噂を聞きつけ、つい来てしまった『喜粤8号/CANTON 8』。結果から言えば、そんなネタがなくても、単純に素晴らしい店でした。透明感のあるモダンな広東料理を、お手頃価格で堪能できます。

「世界で最も安いミシュラン2つ星」と言われる上海の広東料理レストラン

ちなみに、ミシュラン星獲得店で現在もっとも平均予算が安いのは、シンガポールにある1つ星『香港油鶏飯麺』です。もっとも安い料理の最低価格は300円程度。

このわかりやすさから比べると、「世界で最も安いミシュラン2つ星店」というのは、いささか中途半端な気もします。

そもそも3つ星店なら、本当にすごいんだろうなとイメージできますし、1つ星でも星があれば、世の中では一定の水準を超えたグループにいることとわかります。でも、その間の2つ星って意外や存在感が薄いんですよね。どれくらいすごいんだ?というのが、いまひとつイメージがつかないのは、私だけではないのではないでしょうか。

観光客があまり行かないエリア「西蔵南路」駅にある名店

場所は、市の中心部の南側。「西蔵南路」駅から徒歩10分ほどの汝南街に、この『喜粤8号』はあります。辺鄙なエリアではないですが、観光客はほとんど立ち寄らない地域ですので、ローカルな雰囲気が漂います。

S0hanghai-Rstaurant-Canton8
『喜粤8号』が入っているのは、インテリア・プロダクト系のオシャレなテナントが入るビル。コスパ最高の2つ星ということで、安旨を勝手に想像していたら、モダンな佇まいに肩透かしな感じでしょうか?

ランチの開店は11:00。地下鉄の乗り換えに手間取り、5分すぎに店に到着。それが失敗でした。この店は、事前の予約を受け付けていず、店に行ってウェイティングリストに記入するシステムです。

事前予約は受け付けない潔いシステム

月曜日のランチでしたが、着いたらすでに満席。「13時ころだったら、席が空くと思う」ということだったので、ここまで来たら違う店に行く気もしなかったので、待つことにします。

ウィンドウショッピングをしたり、スタバでカフェラテ飲んで時間をつぶしていた12:45頃。「もうすぐ席が空きそうだ」と電話が鳴りました。

「チャーシュー」「くらげのサラダ」と前菜のクオリティで圧倒

メニューは単品でも注文できますが、テイスティングコースもあります。300中国元(約5,000円)と500中国元(約8,000円)の2つ。

最初なので、300元のコースを頼んでみました。お茶は、鉄観音、龍井、ジャスミンなど5元でワンポットです。ほとんどサービスだという価格設定ですね。

まずは運ばれてきた前菜は、「チャーシュー」と「くらげのサラダ」、「揚げ春巻き」。もうここでノックアウトされました。
何といっても叉焼がたまりません。日本の感覚からすれば、トンローポーとチャーシューの間くらいのイメージですが、甘辛ダレの外カリッ、中トロッな絶妙な味。

くらげも肉厚で、ちょうどよい食感。固すぎず、柔らかすぎず。


個人的には、これまで食べていた中でも最高ランク。

次来るときには、アラカルトでこの2品だけ頼み、ビールを飲み続けてみようと心の中で誓います。


ビールは20元。これもちょっと良い定食屋並みの価格設定。

 

次ページ:コースは徐々にクライマックスへ >

店舗情報、予約の仕方、マップなどはこちら >

 

 

1

2

関連記事

  1. 岡山県・瀬戸内市『acca(あっか)』イタリア料理

  2. 台湾・台北『nkụ firewood』イノベーティブ

  3. 大阪・大阪市『agnel d’or(アニエルドール)』フランス料理

  4. shanghai-michelin-list-2018

    「ミシュランガイド 上海 2018」星獲得レストラン全30店リスト

  5. 和歌山・南紀白浜『幸鮨(こうずし)』寿司

  6. shenzhen_shang-palace

    中国・深圳『香宮(シャングウ)』広東料理 ☆