東京・調布『Don Bravo(ドンブラボー)』コンテンポラリー・イタリアン

Tokyo-Chofu-Italian-Don-Bravo

 

窯焼きピッツァの隠れた名店から、郊外ガストロノミーを牽引する実力店へと着実にステップアップを果たし続けている『Don Bravo(ドンブラボー)』。
調布市国領にありながら都内はもとより遠方からも足を運ぶ客が絶えないという、その魅力を体験してきました。

Tokyo-Chofu-Italian-Don-Bravo

平均予算:ランチ 2,000~3,000円、ディナー 10,000~15,000円

googleマップで地図を見る
『ドン ブラボー』を一休で予約する

 

“国領の奇跡”と呼ばれたイタリアンは、郊外ガストロノミーの東の雄

もう欧米に学ぶべきことは多くないんじゃない?と考えていることもあって、こんなアジアに特化した食サイトをやっているのですが、レストラン文化で一つだけまだ追いついていないなぁと思うことがあります。

それは、郊外の中堅都市のグルメシーン。

勝手に“郊外ガストロノミー”と名付けているのですが、フランスやイタリアなどヨーロッパ諸国では「え、こんな場所に、こんないい店が?!」ということも多く、それは気持ち良い驚きだと思っています。

一方で、例えば東京はミシュランの星の総数を引き合いに出すまでもなく、世界でも随一の美食都市なので、銀座や青山、北新地などに名店があることに驚きはありません。

けれども、都心から1時間くらい離れるとどうでしょう?

美味しい店がないわけではないですが、わざわざ足を運んでまで行きたいガストロノミーはなかなか・・・・そう思い込んでいたのですが、ここ数年、日本での状況も少しずつ変わってきているようです。

象徴的な店としては、関西では京都・木津川市の『ristorante nakamoto(リストランテ ナカモト)』が群を抜いているでしょうか。

そして、関東では、調布市のこの『ドンブラボー』が先陣をきっているように捉えています。

・昼はカジュアルなセットメニュー、夜はしっかりとしたコースを展開

昼は、好きなパスタやピザを選べるランチセットが、1,100円(税抜)~。

おまかせセットだと2,500円(税抜)とかなりカジュアルな価格帯。

そして、ディナーは、セットメニューのみで7,000円 (税抜)と10,000円 (税抜)の2つ。

どちらも前菜3品、パスタ、ピッツァ、メイン、ドルチェ2品という構成です。

Tokyo-Italian-Don-Bravo

ワインペアリングコース(5,600円:税抜き)は8-9種とあるので、そんなに飲めるかな?と不安になっていたのですが、それぞれ少量ずつだということなので、頼んでみました。

ノンアルコールの場合は、5種ほどのティー・ペアリングになるとか。こちらも面白そう。

・コースの始まりは、一口サイズにアレンジされたスナックから

カジュアルで、どこか可愛らしさも感じる店内は、デートや女子会なんかにも向いているんだろうなぁとか思いながら、コースが始まります。

最初の泡は、フランチャコルタ。

イタリアのスパークリングとしては、やっぱり安定していますね。

フードの最初は一口サイズの「ブルケッタ」。

季節によって具は多少変わるのでしょうが、鯖とトマトでした。

続いて、こちらは二口サイズの「山利のシラス」

シラスのフレンチトーストです。

ちなみに「山利」とは、釜あげしらすで有名な和歌山の老舗。こだわり尽くした素材の処理で知られています。

どちらもアミューズというよりは、スナックと言ったほうがしっくり来るサイズ感。

コース展開としても、イノベーティブやコンテンポラリーな少量多皿タイプなのだとわかります。

・全国の良質な食材と自家製ハーブの競演へ

そして、「王様しいたけ」。

前菜らしい前菜になってきました。

北海道産の王様しいたけのフリット。茸好きだということもありますが、個人的には前半のハイライト。

肉厚なので、しいたけの身の旨味がぎっしり。

合わせてくれたワインも面白くて、南アフリカ産の自然派。

シュナン・ブランを独自の製法でワインにしたものだそうで、香りが強くクセがあるのですが、それが妙にクセになるようなタイプ。

 

続いては「鰤」。この時期の鰤は美味しいですね。

それを、豚の頭のテリーヌと2層にしています。

ある意味で、和と洋、陸と海などのコンビネーションなのですが、ドリンクもロゼワインと日本酒の2つ出てきます。

モラキュラー(分子料理)的に解体されているわけではないのですが、どことなく漂う現代的な雰囲気は、このあたりのアイデアによっているのだな、と。

食材にしても調理法にしても組み合わせの妙が面白い店だということがわかってきました。

むしろ豚の頭などは、イタリアの郷土料理の調理法そのままなのですが、意外な取り合わせによって斬新なイメージになっている印象です。

 

『ドン ブラボー』を一休で予約する

 

次ページ: 丁寧に仕込まれたメイン、そして鉄板のパスタとピッツァ >

店舗情報、予約の仕方、マップなどはこちら >

 

1

2

関連記事

  1. Chaingrai-Restaurant-LocusNativeFoodLab

    タイ・チェンライ『Locus Native Food Lab(ローカス ネイティヴ フード ラボ)』コンテンポラリー・タイ料理 ☆☆

  2. Tokyo-French-Restaurant-Ginza-Oishi

    東京・銀座『銀座 大石(ギンザ オオイシ)』フランス料理 ☆

  3. phuket-acqua-restaurant-spaghetti-sea-urchin_orig

    タイ・プーケット『Acqua Restaurant(アクアレストラン)』イタリア料理

  4. tokyo-garam-masala

    東京・経堂『ガラムマサラ』インド料理

  5. kyoto-aca-1

    京都・京都市『aca 1°(アカ)』スペイン料理

  6. Tokyo-Meguro-Tonkatsu-Katsuichio\

    目黒とんかつ御三家『かつ壱』で、「かつ丼ソース味(ロース/ヒレ)」「カツカレー」を食べ比べ

▽海外レストランを日本語で予約したい方は、こちらがおすすめ!▽


予約手数料=1人350円(税抜)
サイトに未掲載のお店もリクエスト可能

予約手数料=1組500円(税抜)
▽空港のラウンジが使えるプライオリティ・パスが付いています!▽

▽日本国内のレストランのweb予約は、こちらで!▽

カテゴリー