“ワイン天国”東京で良質な自然派ワインが揃う店 Pt.1:ビストロ・ワインバー編。この店さえ押さえておけば大丈夫!

Tokyo-Natural-Wine

「いざ、東京へ!」。
ワインラバーのなかでは、こんな合言葉が生まれつつある現在。
このページでは、ビストロを中心にフランス料理とともに絶対にはずさないナチュラル・ワインを提供してくれる店を一挙リストアップしてみます。

東京で自然派ワインが揃う店 Pt2:イタリアン・西欧料理全般・中華料理・和食編はこちら

東京は、自然派ワイン天国です

アジアの国々のなかで、税制を考えれば、日本ほどお酒を楽しみやすい国は少ないって知っていました?

日本酒や焼酎などはもとより、ワインもそう。日本ほど豊富なラインナップが揃う国は、それほど多くありません。

さらに自然派ワインなどは、研究熱心なインポーターやソムリエのおかげで、世界随一っていうレベルになっているんです。

輸入酒の税金がアジアのなかでもっとも安い日本

私自身、日々の生活のなかでは、やれ、発泡酒の税率が数%上がったというニュースに一喜一憂しているサラリーマンなのですが、アジアを周っているとそれくらいかわいいもんだ、という気分になってしまうこともあります。

各々の記事でほのめかしている部分はありますが、国外で辛いのは、なかなかこれだ!というワインに出会えないことです。その原因には、アジア諸国では輸入関税・酒税が高いこと。現地のお酒なら、リーズナブルに飲めることも多いのですが、輸入酒であることが多いワインは、めっぽう高くなってしまうのです。

たとえば、フランス産の原価¥1,000(720ml)のワインをみてみます。
→日本で、このワインは、関税・酒税を加えて約¥1,150。
→シンガポールや中国、韓国だと約¥1,700、タイでは約¥2,200
概ね日本の2倍前後になるんです。

日本へのワインツアーはプロの間で既に始まっています

これを逆の立場から見ます。そう、アジアのワイン好きからみれば、日本にワインを飲みに来ればいいわけです。実際、そういったワインラバーの流れは既に形成されているよう。

ナチュラルワインを中心に置く店では、「うちでは、3割以上が海外からのお客様。ワインのプロ、あるいはそれに近いくらいの方がほとんど」という方も少なくありません。「もちろんフランスやイタリア、スペインなどワインの生産地に行くこともあるでしょう。ただ、ヨーロッパの国々は隣の国のことにあまり関心がないのが一般的。なので、網羅的に様々な国のワインを楽しもうとしたら、日本ほど品揃えのいい、便利な国はないでしょう」、と。

確かに、自然派の分野でも、上記の3国に加え、最近ではオーストリアからスロヴェニア、クロアチア、ジョージアまで、クオリティの高いワインに出合うことができます。しかも安いわけです。

私も、ソウルや香港などでソムリエの方と話していると、「日本行きましたよ、東京では『龍吟』と『レフェルヴェソンス』に行きました。あとは、自然派のワインが揃った『葡呑』ですね」という話は何度も聞きました。

彼らにとってみれば、アジアを代表するレストランと、こだわりのワインがたくさん飲める店というのは、同じ価値を持っているということです。

では、さっそく、良質な自然派ワインが楽しめる店リストにいってみましょう。
このページでは、ビストロ、ワインバーなどフランス料理の流れを汲む料理を提供するお店を紹介しています。

フランス料理以外のお店は、下記のページをご参照ください。

 

ナチュラルワインがおすすめのビストロ・ワインバー

『Ahiru Store(アヒルストア)』@奥渋谷

営業時間:<月~金>18:00~24:00、<土>15:00~21:00 定休日:日曜・祝日・第1土曜
平均予算:¥6,000~¥8,000
電話:+81 (0)3 5454 2146
住所:東京都渋谷区富ヶ谷1-19-4
オフィシャルwebはこちら

『La Pioche(ラピヨッシュ)』@水天宮前

Tokyo-Suitengu-La-Pioche

営業時間:<月~金>17:30~翌1:00(L.O.23:00)、<土・日・祝>16:00~24:00(L.O.23:00) 定休日:不定休
平均予算:¥8,000~10,000
電話:+81 (0)3 3669 7988
住所:東京都中央区日本橋蛎殻町1-18-1

Tokyo-Suitengu-La-Pioche
オフィシャルwebはこちら

『Le cabaret(ル・キャバレー)』@代々木上原

営業時間:18:00~24:00(L.O.23:00)  定休日:月曜日
平均予算:¥6,000~¥8,000
電話:+81 (0)3 3469 7466
住所:東京都渋谷区元代々木町8-8 Motoyoyogi Leaf 1F
オフィシャルwebはこちら

『le verre vole a Tokyo(ヴェール ヴォレ ア トーキョー)』@目黒不動前

Tokyo-Meguro-Le-Verre-Vole-a-Tokyo

営業時間:18:00~翌1:00(L.O.23:30) 定休日:月曜・祝日
平均予算:6,000~8,000円
電話:+81 3 3713 7505
住所:東京都目黒区目黒4-10-7
オフィシャルwebはこちら

『Libertin(リベルタン)』@渋谷

Tokyo-Shibuya-Libertin

営業時間:19:00~翌2:00 定休日:祝日・日曜日(最終日曜日は営業)
平均予算:¥6,000~¥8,000
電話:+81 3 6418 4885
住所:東京都渋谷区渋谷1-22-6 伊藤ビル 1F

Tokyo-Shibuya-Libertin

『Meli-Melo(メリメロ)』@飯田橋

営業時間:<月~金>11:30~14:30(L.O.14:00)/18:00~24:00(L.O.22:30)、<土・祝>12:00~14:30(L.O.14:00)/17:00~23:00(L.O.22:00) 定休日:日曜日
平均予算:¥6,000~¥8,000
電話:+81 3 3263 3239
住所:東京都千代田区飯田橋4-5-4 CUBE飯田橋ビル 1F
オフィシャルwebはこちら

『organ (オルガン)』@西荻窪

Tokyo-NIshiogikubo-Organ

営業時間:17:00~24:00(L.O.23:00)  定休日:毎週月曜・第4火曜
平均予算:6,000~¥8,000
電話:+81 3 5941 5388
住所:東京都杉並区西荻南2-19-12

Tokyo-NIshiogikubo-Organ

『SAJiYa(サジヤ)』@奥渋谷

営業時間:18:30~24:00 定休日:月曜日、第3火曜日
平均予算:¥6,000~¥8,000
電話:+81 3 3481 9560
住所:東京都渋谷区神山町9-17 神山ビル 101

『SHONZUI(祥瑞)』@六本木

営業時間:<月~金>18:30~23:00(L.O)、<土>18:30~21:00(L.O)  定休日:日曜・祝日
平均予算:6,000~8,000円
電話:+81 (0)3 3405 7478
住所:東京都港区六本木7-10-2 三河屋伊藤ビル 2F

『uguisu(ウグイス)』@三軒茶屋

営業時間:18:00~翌2:00 定休日:月曜日、第4火曜日
平均予算:¥6,000~¥8,000
電話:+81 (0)50 8013 0708
住所:東京都世田谷区下馬2-19-6
オフィシャルwebはこちら

 

関連記事

  1. Hongkong-Tate-Dining-Room

    香港『Tate Dining Room & Bar(テイト ダイニングルーム&バー)』イノベーティブ ☆

  2. 羽田空港国際線ターミナル・レストランガイド。海外グルメ旅の前後にも使える良店を厳選 [my best 5+αシリーズ]

  3. hongkong_neighborhood

    香港『Neighborhood(ネイバーフッド)』欧州料理 ☆

  4. Tokyo-Meguro-Tonkatsu-Katsuichio\

    目黒とんかつ御三家『かつ壱』で、「かつ丼ソース味(ロース/ヒレ)」「カツカレー」を食べ比べ

  5. Korea-Seoul_Pierre-Ganier

    韓国・ソウル『PIERRE GAGNAIRE a Seoul(ピエール・ガニェール)』モダン・フレンチ ☆

  6. shanghai-latelier-de-joel-robuchon

    中国・上海『L’atelier de Joel Robuchon Shanghai(ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション)』フランス料理 ☆

▽空港のラウンジが使えるプライオリティ・パスが付いています!▽

▽日本国内のレストランのweb予約は、こちらで!▽

▽空港のラウンジが使えるプライオリティ・パスが付いています!▽