煮ないからサクサク! 新感覚の「かつ丼」で一躍人気店になった裏渋谷の『瑞兆』

Tokyo-Shibuya-Katsudon-Zuichou

揚げ物好きとしては、揚げたカツのサクッとした食感をわざわざ煮て無くしてしまう「かつ丼」や「天丼」に抵抗がある方も多いと思います。
そんなこだわりを持つ、かつフリークたちに絶大な支持を集めているのが、奥渋谷『瑞兆』の「かつ丼」です。

Tokyo-Shibuya-Katsudon-Zuichou

平均予算:1,000円

googleマップで場所を見る

メニュー「かつどん」、以上!

煮ないかつ丼というと、真っ先に「ソースかつ丼」を思い浮かべるかもしれませんが、ここの「かつ丼」のネタはあくまでタレと卵。

名古屋風「鉄板ナポリタン」のごとく、まず卵焼きを作り、そこにタレと揚げたてのとんかつを絡めるスタイルが、斬新です。

そして、この『瑞兆』の特徴は、メニューに「かつどん」とビールしかないこと。

ちなみに、ご飯は「少なめ」「並盛り」「大盛り」と同料金で選べます。

一時期、玉子ダブルのサービスも行っていましたが、現在ではやっていないようです。念のため。

「かつどん」(1,000円)

出来上がりは、こんな感じで出されます。

Tokyo-Shibuya-Katsudon-Zuichou

付け合わせは、たくあんとにゅうめん入りのお吸い物。

Tokyo-Shibuya-Katsudon-Zuichou

どんぶりの蓋をあけると、黄金に輝く「かつ丼」が登場します!

Tokyo-Shibuya-Katsudon-Zuichou

コロンブスの卵のごとく、ありそうでなかった新感覚もさすがですが、脂身少なめで肉の旨さが詰まったとんかつ、甘辛のバランスが絶妙なタレ、濃厚な卵と、そもそもポテンシャルが高いからこそ、この美味しさが生まれるのだなと思います。

この店のもう一つの特徴は、メニューが「かつ丼」1,000円(税込)と「ビール(中)」500円(税込)の2品しかないこと。

2013年暮れのオープン直後、偶然発見し、すぐさまこの味・この食感の虜になってしまったのですが、あまりに思い切ったコンセプトに「長く続いて欲しいな…」というのが率直な感想でした。

そんな心配の裏腹、いまや昼夕には行列が絶えない人気店になっているので、ホッとしています。

『瑞兆』店舗情報

予算:<昼>1,000〜1,500円 <夜>1,000〜1,500円
住所東京都渋谷区宇田川町41-26 パピエビル 1F
電話番号:なし
営業時間:<月~金>11:30~18:00 <土>11:30~20:00
定休日:日曜・祝日

 

関連記事

  1. tokyo-restaurant-anis

    東京・初台『Restaurant Anis(レストラン アニス)』フランス料理

  2. tokyo-nishiazabu-bunon

    東京・西麻布『葡呑(ぶのん)』日本料理・ワインバー

  3. tokyo-ajibou

    東京・神田『味坊(アジボウ)』中国東北料理

  4. tokyo-garam-masala

    東京・経堂『ガラムマサラ』インド料理

  5. Tokyo-French-Restaurant-Ginza-Oishi

    東京・銀座『銀座 大石(ギンザ オオイシ)』フランス料理

  6. 東京・代官山『立道屋(たてみちや)』居酒屋

▽海外レストランを日本語で予約したい方は、こちらがおすすめ!▽


予約手数料=1人350円(税抜)
サイトに未掲載のお店もリクエスト可能

予約手数料=1組500円(税抜)

Foodies Asia Instagram

▽空港のラウンジが使えるプライオリティ・パスが付いています!▽

▽日本国内のレストランのweb予約は、こちらで!▽



カテゴリー