カメラ機材編 Pt.1:食べ歩き料理撮影に最強なコンデジはどれ?

What-is-the best-food-camera?

当サイトに寄せられる質問の中で、オススメのレストラン以外に最もよく訊かれることは、料理撮影用のカメラは何で撮っているのですか?ということ。自分なりに追求した料理写真に関するその疑問に答える第一回目は、コンデジ編。プロではなく、SNSやブログなどに投稿する方に向けた機材の選び方から考えてみます。

料理撮影最強コンデジを検証!

私自身が使っているカメラは現在、「SONY RX100 M3」をメインに、たまに「SIGMA DP3 Merrill」というスタイルで固まってきているのですが、そこに至るまでには、試行錯誤がありました。あるカメラを試しては、違うカメラに換えることを繰り返す中で、各メーカー・各機種の特徴がわかってきたので、それらを自分なりに分析してみたいと思います。

 

コンデジ編1-2食べ歩き用カメラは、1インチ高級コンデジで決まり!

食べ歩きの際の料理を撮るなら、圧倒的にコンパクト・デジタルカメラ(通称:コンデジ)がオススメです。大きな1眼レフで、ガシッと構えて料理を撮るのは、それなりのレストランでは野暮なもの。サラッと、いい写真を撮りたいものです。となると、やはりコンパクトなサイズは最大の強みになります。

コンパクト・デジタルの中でも、「高級コンデジ」と言われるカテゴリーのものが良いと思います。なぜなら、中途半端なコンデジを使うのだったら、iPhoneなど高性能カメラがついたスマホの方が、よっぽど使いやすいし、良い写真が撮れるからです。その上を求めないのなら、わざわざスマホ以外にカメラを持つ必要はないでしょう。

高級コンデジと書きましたが、値段が問題なのではなく、スペックとして下記の1)〜3)の条件を満たしていることがポイントです。撮影素子が大きく、レンズが明るいカメラを使うのが、美しくボケる写真を撮る必須条件(最近は、iPhoneなどでも擬似的にうまくボケるポートレイトモードが優秀になってきていますが)。うまくボケるのが、料理写真を美味しく見せる近道だと考えています。そういったモデルを選ぶと、当然、コンデジのカテゴリーでは高額なモデルに落ち着きます。新品の価格で、40,000〜80,000円くらいの範囲が中心です。

選択ポイント①:撮影素子が1インチ以上であること

撮影素子とはフィルムカメラで言えば、フィルムにあたります。1眼レフで一般的なのは、APS-Cサイズ(23.6×15.8m)というもの。1眼レフでフルサイズを売りにしているハイスペックのモデルもありますが、これはかつての35mmフィルムと同サイズで、APS-Cサイズの2.32倍の面積があります。

<参考:撮影素子のサイズ比> *iPhone7でほぼ原寸で表示されます

What-is-the best-food-camera?

ただ、一眼レフで使われているサイズの撮影素子を搭載すると、カメラの躯体も大きくなるので、コンパクトカメラに採用されるケースは稀です。そこでオススメなのが、1型(1インチ、13.2×8.8mm)のカメラです。

このカテゴリーには、SONYでは「Cyber-shot DSC-RX100」シリーズ、CANONでは「PowerShot G9」や「PowerShot G7」、Panasonicでは「DMC-TX1」などがラインナップされています。実はニコンも1インチのコンパクトモデル、DLシリーズのリリースを2016年に発表していたのですが、’17年に入るとまさかの発売中止。残念です。

選択ポイント②:レンズが明るいこと

レンズのf値の数字が小さければ小さいほど明るいレンズということになります。ズームレンズの場合、焦点距離によってf値が変わってくるのですが、一般的には広角側で明るく、望遠側で暗くなります。

上記の1インチモデルでの各スペックは下記になります。
・SONY DSC-RX100⇒f:1.8-4.7
・SONY DSC-RX100 M3⇒f:1.8-2.8
・CANON PowerShot G7 X Mark II⇒f:1.8-2.8
・CANON PowerShot G9 X Mark II⇒f:2.0-4.9
・Panasonic DMC-TX1⇒f:1.8-5.9

選択ポイント③:最短撮影距離が短いこと

要は、撮影対象にどれだけ近づいて撮影できるかということです。料理を撮影する場合、できる限り近づいてクローズアップで撮りたいシーンは多くあるので、この最短撮影距離も重要なポイントになります。

What-is-the best-food-camera?

各モデルの最短撮影距離を比較してみます。

・SONY DSC-RX100⇒ワイド端(28mm)5センチ/テレ端(100mm)55センチ
・SONY DSC-RX100 MK3⇒ワイド端(24mm)5センチ/テレ端(70mm)30センチ
・CANON PowerShot G7 X Mark II⇒ワイド端(24 mm)5センチ/テレ端(100mm )40センチ
・CANON PowerShot G9 X Mark II⇒ワイド端(28 mm)5センチ/テレ端(84mm )35センチ
・Panasonic DMC-TX1⇒ワイド端(25 mm)5センチ/テレ端(250mm )70センチ

細かく見れば違いはあるのですが、この現行の5機種では、いったんは大きな違いがないものとみなして構わないレベルじゃないでしょうか。

 

次ページ:実際に使っている、おすすめ機種をご紹介 >

1

2 3

関連記事

  1. Shanghai-Canton-Restaurant-Hakkasan

    海外レストランのメール予約に使える英語例文集

  2. Statistics-Asias-50-Best-Restaurants

    食通はバンコクへ急ぐ!? 数字で紐解く2018年度「アジアのベストレストラン50」

  3. 「ミシュラン 澳門(マカオ)ビブグルマン 2019」掲載レストラン全9店リスト

  4. taichung_lemout

    海外レストランの探し方。どのメディアが信頼できるか、経験を元に考えてみました

  5. How-To-Reservation

    効率的に海外レストランの予約を取る5つの方法。初心者でも簡単!