バリ島ウブド『Mozaic(モザイク)』モダン・フレンチ ☆

Bali-Ubud-Mozaic

バリ島でもっとも有名な高級レストランであり続けるだけでなく、アジアを代表するレストランの一つとも称されるウブドの『Mozaic(モザイク)』。
地元の食材をふんだんに使うことさえも、世界の最先端と呼応するようなコンテンポラリーなスタンスに思わせます。
フランスにないフランス料理の、ある種の理想のかたちを実現した重要なレストランでしょう。

googleマップで地図を見る 日本語可!『モザイク レストラン ガストロノミーク』をグルヤクで予約する

ウブドのガストロノミー・シーンを活性化し続けるトップランナー

この10年、バリ島のファインダイニングを支えてきた名実備えたトップランナー、それがウブドにある『モザイク』でしょう。

現地でお会いした旅行者などとどこで食べたかというような話題になり、いくつか店の名前を挙げると、たいていは「へえ、そんな店があるんですね」というリアクションなのですが、この『モザイク』に関しては、行ったことがある方もない方も「ああ、『モザイク』ですね」という反応。

そのくらい高級レストランと言えばここ、ということが浸透していることを実感しました。

Bali-Restaurant-Mozaic
おそらく雑誌やガイドブックなどで、知名度の高いホテルチェーンを押さえて、真っ先に紹介されてきたことが大きく影響しているのでしょう。

その裏付けとなっているのは、東南アジアで唯一「Traditions and Qualite」の“Grand Tables du Monde”のひとつにノミネート、「ワイン・スペクテイター」でもたびたび素晴らしいワインリストが表彰、「アジアのベストレストラン50」では、2013年にNo.50にランクインと、数々のランキングで受賞していることに求められます。

 

緑に包まれた開放感あふれるガーデンレストラン

場所は、ラヤ チャンプアン通り沿い。ウブドの中心部から約2km、ネカ美術館に行く手前にあります。歩くと王宮からでも30分以上かかるので、ほとんどが車のチャーターしてきているお客さんのようでした。

そんなところに私は、レンタルしたバイクでプラッと訪れたので、警備員の方と妙に打ち解けてしまいましたが、話の本筋からは離れますね。

Bali-Restaurant-Mozaic

まるで、ラグジュアリーな美術館のような石造りの建物。エントランスを入ると、出迎えてくれるレセプショニストの丁寧さはホテル並み。

やはり第一印象は大事ですね。着いて2分で、しっかりとした高級店だということが実感できました。

それに比べて、私は……次からはちゃんと車で行きます。

それはさておき、店内には、贅をこらしたインテリアが目を引く室内エリアと、食事前後に軽くカクテルなどを傾けるラウンジエリアも備わっています。が、晴れた日のメインダイニングは、やはりガーデンです。

Bali-Restaurant-Mozaic

イベント的にランチ営業が稀にありますが、営業は原則的にディナーのみ。

メニューは、基本的にコース料理で、この日は通常コースと「A Trip Around the World」の2つでした。

通常の6品は700,00ルピア(約5,600円)、8品は1,000,000ルピア(約8,000円)。アラウンド・ザ・ワールドの6品は1,200,000ルピア(約9,600円)、8品はルピア(約12,800円)。ワインペアリングのコースもあり、6品用のレギュラーは650,000ルピア、プレミアムは990,000ルピアからです。

この店のワインストックの質と量には定評があり、ワイン部門で何度も受賞しています。そのことを忘れていました。こんな良質なリストを前にして、今晩は飲めない……次は、ちゃんと車で来ます。

ちなみに、糖質制限メニューにも対応してくれます。

バリ島の食材をコンテンポラリーなフレンチに昇華

まずはアミューズで、プチ・シュー。

Bali-Restaurant-Mozaic
添えられたバジルを一葉ちぎって同時に食べると、香りが一気に増します。

そして、出てきたのが、野菜の皿。

Bali-Restaurant-Mozaic

あれ、バーベキューだったっけ?とか、これ食べるの?とか少しボケてみますが、料理に使われる食材を説明するためのものです。

そうと分かっていながら、料理の鉄人の三國シェフばりに生野菜をかじりたくなる衝動を抑えるので必死。これ、絶対に美味しいということが、香りからもわかります。

コース全般にわたって、一皿ごとに逐一使われた食材の原形を、この野菜の数々で説明していってくれますが、バリ固有の野菜も混ざっているようでしたのでかなりの部分が知らない野菜でした。

ここが、この『モザイク』を理解するには重要。コンセプトは「バリの食材や香りと、ガストロノミックなフランス料理の出会い」としています。

さらにアミューズが続きます。

Bali-Restaurant-Mozaic

プチッ、ジュワーッと中がとろけていく固形ゼリー。

Bali-Restaurant-Mozaic

コーンに入っているのはサラダ。

Bali-Restaurant-Mozaic

卵の殻を器に仕立てたムース。

このあたりのプレゼンテーションの流れからは、世界的なトレンドを知っているシェフがやっているのだなということが伺えます。

Bali-Restaurant-Mozaic Bali-Restaurant-Mozaic

パンはオーソドックス。バターが美味しいです。

 

 

次ページ:世界のトップレストランと“時差のない”コース料理 >

店舗情報、予約の仕方、マップなどはこちら >

 

英語などでの予約が面倒な方は、代行サービスが便利です。

1

2

関連記事

  1. Korea-Seoul_Jungsik

    韓国・ソウル『正食堂/Jungsik(ジョンシクタン)』ニュー・コリアン ☆

  2. bangkok_bolan

    タイ・バンコク『Bo.Lan(ボラン)』オーセンティック・タイ ☆☆

  3. bangkok-restaurant-saawaan

    タイ・バンコク『Saawaan(サアワアン)』コンテンポラリータイ料理

  4. Singapore-Wildrocket

    シンガポール『Wild Rocket(ワイルド ロケット)』モダン・シンガポール料理 ☆

  5. taichung_lemout

    台湾・台中『Le Moût/楽沐法式餐庁(ル・ムー)』モダンフランス料理 ☆

  6. manila_makati-bistro

    マニラ・マカティ地区でランチにおすすめ!カジュアル・ビストロで気軽にお洒落に [3+αシリーズ]