タイ・バンコク『Supanniga Eating Room(スパンニガー・イーティング・ルーム トンロー店)』タイ東北料理

bangkok_supanniga-eating-room

バンコクの中で食のトレンドを発信するエリア、トンローにある注目店。
タイ人のみならず、日本人や欧米人のグルマンに評判のタイ東北地方の伝統料理とは、どんなものでしょうか?
家庭的なやさしい味の料理と、おしゃれなドリンクやインテリアを共存させる『Supanniga Eating Room(スパンニガー・イーティング・ルーム)』をランチで体験してきました。

bangkok_supanniga-eating-room

平均予算:ランチ 2,000~3,000円、ディナー 3,000~5,000円

googleマップで場所を見る
日本語可!『SUPANNIGA EATING ROOM (Thonglor店)』をたびらくで予約する

タイ東北地方の家庭料理を、今に伝える注目店

ミッドレンジのタイ料理店では、定評のあるレストラン。

バンコクでは郷土料理のレストランがちょっとしたブームになっていますが、この『スパンニガー・イーティング・ルーム(以降スパンニガー)』は、東北地方の料理を中心に構成されています。

・カフェのようなオシャレな店内で味わう、“おばあちゃんの味”

メニューのコンセプトは「おばあちゃんの味」とのことで、オーナーの出身地コーンケーン県の家庭料理が提供されます。

bangkok_supanniga-eating-room
とはいえ、伝統をただ守るのではなく、今に伝える姿勢があるのでしょう。

おしゃれなカフェのようなインテリアは、トレンド発信エリアのトンローに馴染みます。店のルーツを知らずに来ても、気分よく楽しめる雰囲気が印象的です。

メニューは、アラカルト。タイ語、英語、日本語のメニューが置いてありますので、客層がインターナショナルなことがわかります。

・タイ東北地方を中心に、全土からこだわりの食材をほとんど直送

まずは野菜料理から試してみましたが、一口食べれば食材の良さがわかります。

訊いてみると、コーンケーン県周辺の産直品を中心に、様々な地域からこだわりの食材を取り寄せているそう。

bangkok_supanniga-eating-room
蟹の身が入ったドレッシングも秀逸。やさしいハーブの使い方で、予想以上に上品なテイストです。

特筆すべきは、次に頼んだ「Son-in-law eggs」という揚げ玉子。

「義理の息子の玉子」という奇妙なネーミングは、嫁に出した娘を心配した母親が義理の息子を試すためにつくった料理だという逸話から来るそうですが、「美味しい、美味しい」と食べていたら、ホールスタッフが「子供たちに大人気のストリートフードよ」とにやり。

bangkok_supanniga-eating-room
子供くらいの歳の女性に、「子供が好きなメニュー」と言われている自分もなんですが、カリッと揚がった表面に、とろりととろける黄金の黄身。

これは老若男女問わず好きでしょう、絶対。

メインは、「ポークカレー」で。

bangkok_supanniga-eating-room
シャムアンという葉が大胆に入れられていますが、これが独特の酸味を出しています。

辛さだけではなく、肉の旨み、ペーストの甘み、シャムアンの酸味が調和した立体感のある仕上がり。日本的に言えば、白米ススム君ですね。別にタイでもそうか。

・タイの気候を和らげる、爽やかな創作カクテルをはじめとしたドリンクが充実

店内にはバーカウンターがあるように、ワインやビール、カクテルなどのドリンクも充実。

ランチタイムだったので、軽くいっぱいとカクテルを頼んでみましたが、「モヒート」もスイカベースにしたり、南国ならではの果物やハーブを駆使して、オリジナルのレシピを開発しているようです。

bangkok_supanniga-eating-room
メニューブックを改めて見直すと、「蟹のチリペースト」だったり、「豚のミンチのピーナッツとガーリック和え」だったり、「ライスクラッカー、タイ風味噌とともに」だったり、お酒にも合いそうな前菜料理が多数。お酒メインで夜の利用も良さそうです。

『Supanniga Groupe』のインスタ最新投稿をチェックする 

 

『Supanniga Eating Room(スパンニガー・イーティング・ルーム トンロー店)』店舗情報

営業時間:11:30-14:30、17:30-23:00 定休日:不定休
電話番号:+66 2 714 7508
住所:160/11 Soi Sukhumvit 55, Klongton Nuea, Watthana, Bangkok
オフィシャルwebページはこちら

ドレスコードと店の雰囲気

カジュアルな店ですので、さほど気にする必要はありませんが、短パン・サンダルは避けましょう。
食事の間も含めて、英語かタイ語が話せる方なら、まったく問題ありません。日本語メニューはありますが、日本語での細かなコミュニケーションは難しいと考えた方がいいでしょう。

予約の仕方

予約は電話か、オフィシャルHPからメールで(英語、タイ語)。
英語などでの予約が苦手な方は、下記のサイトなど日本語で予約代行をしてくれるサービスを利用するのもいいと思います。
日本語可!『SUPANNIGA EATING ROOM (Thonglor店)』をたびらくで予約する

店の地図

 

 

関連記事

  1. Thai-Bangkok-ERR

    2019年度版「ミシュラン バンコク、プーケット&パンガー」ビブグルマン掲載レストラン全72店ジャンル別リスト

  2. bangkok-Isan-cuisine-100Mahaseth

    タイ・バンコク『100 Mahaseth(ワンハンドレッド・マハセット)』タイ北部料理 ☆

  3. Bangkok-Upstairs at Mikkeller

    タイ・バンコク『Upstairs at the Mikkeller(アップステアーズ アット ザ ミッケラー)』アメリカン・イノベーティブ

  4. bangkok_suhring

    バンコク・レストランランキングの良心! 「Top Tables 2019: Bangkok’s 100 best restaurants」がリリース

  5. Chaingrai-Restaurant-LocusNativeFoodLab

    タイ・チェンライ『Locus Native Food Lab(ローカス ネイティヴ フード ラボ)』コンテンポラリー・タイ料理 ☆☆

  6. bangkok_ledu

    タイ・バンコク『Le Du(ル ドゥー)』コンテンポラリー・タイ料理 ☆

▽海外レストランを日本語で予約したい方は、こちらがおすすめ!▽


予約手数料=1人350円(税抜)
サイトに未掲載のお店もリクエスト可能

予約手数料=1組500円(税抜)

Foodies Asia Instagram

▽空港のラウンジが使えるプライオリティ・パスが付いています!▽

▽日本国内のレストランのweb予約は、こちらで!▽



カテゴリー