紅茶の名産地ダージリンでおすすめのティーハウス。本場のダージリン・ティーを飲み倒します! [3+αシリーズ]

India_Darjeeling-Teahouse

各地域のテーマごとに鉄板3店と新鋭や穴場などを紹介する[my best+αシリーズ]。

「紅茶のシャンパン」とも呼ばれるダージリン・ティー。セイロンのウバ、中国のキーマンと並び、世界三大銘茶にも上げられる紅茶のハイ・ブランドですが、その産地はインド北東部のダージリン。現地で直産のダージリン・ティーを味わい尽くす、おすすめの店をピックアップしました。

インド価格で楽しむ世界三大銘茶のダージリンティー

オススメ店1:『Windamere Hotel(ウインダミア・ホテル)』

本場のダージリン・ティーを味わうのに、真っ先に訪れたいのは、イギリス統治時代から続く名門ホテル「ウインダミア・ホテル」。ここのティールームでは、午後の数時間のみ、宿泊していないビジターでも、アフターヌーン・ティーを味わうことができます。


レセプションで受付を済ませて、建物の奥に案内されると、そこは暖炉のある広間。ここがティールームです。19世紀後半のイギリス統治時代に、領主の屋敷として建てられた建造物のなかには、当時の面影を残す、書簡などが展示されています。

クラシカルなインテリアにも風情があり、シンガポールの「ラッフルズ」と同じ時期であることを実感します。

 
アフターヌーン・ティーなので、食べ物のメインはやはりスコーン。そしてサンドイッチ、クッキーなどが続々と運ばれてきます。今っぽいスムースなテイストではなく、小麦粉の食感を残したクラシカルなテイストです。


出される紅茶は、もちろんダージリン・ティー。最近ではダージリンのなかでも、オーガニックもありますし、尖ったテイストのものからまろやかなものまで様々ですが、やはりこちらで出されるのは、これぞダージリン!と膝を叩いてしまうようなバランスのよいものでした。

料金は、800ルピー。インドでは高価かもしれませんが、2,000円もかからずに、紅茶の聖地を堪能できるなら、贅沢なことだと思いました。

『Windamere Hotel(ウインダミア ホテル)』店舗情報

営業時間:15:30-18:00(ティータイム) 定休日:無休
平均予算:1,500~2,000円
電話:+91 354 225 4041
住所:Observatory Hill, Darjeeling, West Bengal
オフィシャルHP(英文)はこちら

 

オススメ店2:『Nathmulls Sunset Lounge(ナスムルズ・サンセット・ラウンジ)』

街場のティールームで、評価が高いのが、『ナスムルズ・サンセット・ラウンジ』。「ウインダミア・ホテル」からすぐ近くなので、ハシゴしてみるのもいいかもしれません。

『ナスムルズ』は、ダージリン内にいくつかの店を持ち、茶葉の販売もしていますが、ティールームとして使うなら、この「サンセット・ラウンジ」おすすめです。店名の通り、夕日が眺められるので、そのタイミングを狙って訪れるのがいいでしょう。


この店の特徴は、茶葉のタイプの豊富さでしょう。通常の紅茶(ブラック・ティー)だけでなく、イエロー・ティーや希少なホワイト・ティーまで揃っています。「紅茶のシャンパン」という別名を持つダージリンティーですが、ホワイト・ティーはシャンパングラスに注がれるのが流儀。透き通った芳醇な香りが高貴さを漂わせています。


また、ダージリンのティールームの中でも、この『ナスムルズ』はスイーツの美味しさに定評があります。写真の「レモンタルト」をはじめ、ショートケーキやクッキーなど、甘さ抑え目のスイーツとお茶とのペアリングが楽しめました。

『Nathmulls Sunset Lounge(ナスムルズ・サンセット・ラウンジ)』店舗情報

営業時間:8:00-20:00 定休日:無休
平均予算:~1,000円
電話:+91 354 225 6437
住所:Darjeeling,, Manbari Basti, Darjeeling, West Bengal
オフィシャルHP(英文)はこちら

 

オススメ店3:『Glenary’s Bakery Resturant & Pub(グレナリーズ・ベーカリー・レストラン&パブ)』

街の目抜き通りの真ん中にある「ネルー・ストリート」にある『グレナリーズ』。ベーカリー・カフェとして人気で、旅行者なら自ずと一度は食べに行くお店でしょう。


ダージリン・ティー・セットがメニューにあり、専門店ではないので、それほどこだわりのものではないのでしょうが、食後に飲む紅茶としては十分。ダージリンのスタンダードな美味しさはこんなものかということが実感できます。

セットの価格は、105ルピー。約185円で、高いほうです。

『Glenary’s Bakery Resturant & Pub(グレナリーズ・ベーカリー・レストラン&パブ)』店舗情報

営業時間:6:00-21:30 定休日:無休
平均予算:~500円
電話:+91 354 225 8408
住所:Nehru Road, Chauk Bazaar, Darjeeling, West Bengal

オフィシャルFBページ(英文)はこちら

 

 

+α 隠れた名店:『House Of Tea(ハウス・オブ・ティー)』

「ネルー・ストリート」に入ってすぐのところにある『ハウス・オブ・ティー』。茶葉販売店なのですが、小さいながらティースペースが併設されています。

かなりこだわりが強いセレクトで、ダージリンエリア全域から選りすぐった茶園の茶葉が入手できます。オーガニック率が高いのも、この店の特徴だと言えるでしょう。


ティー・ルームでは、そのストックのなかからいくつかを提供。「オレンジ・ペコー」を頼んだのですが、その美味しさに、この紅茶に対する概念がちょっと変わりました。こんなに芳醇なんですね。

「色も楽しみのうち」とはオーナーの弁。ですので、透明なガラスカップで供されます。1杯の価格は、40~80ルピー(約75~150円)。

『House Of Tea(ハウス・オブ・ティー)』店舗情報

営業時間:11:00-21:00 定休日:不定休
平均予算:~500円
電話:不明
住所:Nehru Road, Chauk Bazaar, Darjeeling, West Bengal

 

 

関連記事

  1. アジアで(すなわち世界で)最も安いミシュラン1つ星レストランTOP10。2018年最新版!

  2. Laos_Luangphabang-Best-Restaurants

    ラオス・ルアンパバーンで旅慣れた食通でも満足できる、おすすめレストラン [my best+αシリーズ]

  3. Tokyo-Meguro-Tonkatsu-Katsuichio\

    目黒とんかつ御三家『かつ壱』で、「かつ丼ソース味(ロース/ヒレ)」「カツカレー」を食べ比べ

  4. Taipei-Japanese-Old-House-Restaurant

    料理も秀逸! 台北で味わう昭和ノスタルジー。おすすめの古民家レストラン [3+αシリーズ]

  5. hongkong_dimsum

    香港で本格的に飲茶・点心三昧! 星付きから老舗、新鋭までおすすめ店 [my best 3+αシリーズ]

  6. Narita-Aiport-Food-Court

    成田空港グルメガイド。限定メニューなど食通でも満足できるレストランを厳選 [my best 3+αシリーズ]