新潟・三条市『レストラン雪峰(せっぽう)/FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS』フランス・日本料理

新潟・三条『レストラン雪峰(せっぽう)/FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS』フレンチ

 

2022年4月にオープンしたSnow Peak三条ヘッドクォーター内にあるスパリゾート「FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS」。

そのメインダイニングが『レストラン雪峰(せっぽう)』です。

白馬にある同名のレストランと同様、東京の3ツ星日本料理店『神楽坂 石かわ』が監修していることも話題を呼んでいます。

新潟・三条『レストラン雪峰(せっぽう)/FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS』フレンチ

平均予算:ランチ 3,000~5,000円、ディナー 10,000~15,000円  

一休で予約する  食べログで予約する

 

店の特徴 

まず初めに、軽い気持ちで予約してしまったことを告白しておきます。

燕市に滞在する機会に伺うレストランを探していた際、「へえ、スノーピークのキャンプ場に、コースも出すレストランができたんだ? 一休レストランに入っているなら、溜まっているpaypayが使えるか」と深くは考えず、予約を入れたのです。

ところが。

調べてみると、レストランのプロデュースは、白馬にある同名のレストランと同じく、あの『神楽坂 石かわ』

隈研吾が建築を手掛けているところも同じです。

新潟・三条『レストラン雪峰(せっぽう)/FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS』フレンチ

こりゃ、力の入れようは半端じゃないなと悟ります。

ちなみに、私が食べていた日には、超大御所グルメ評論家がランチしていました。

スタッフの反応などを見ると、事前に知らされてなかった雰囲気だったのも、いろんな意味で「へえ」だったのですが。

新潟・三条『レストラン雪峰(せっぽう)/FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS』フレンチ

アウトドアブランド「Snow Peak」本社の広大なキャンプグラウンド。

4月にオープンした、その宿泊/スパ施設「FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS」の2つダイニングで、ガストロノミックなレストランがこの『レストラン雪峰』です。

レストランのテーマは、「水」とのこと、

所在地である下田の豊かな恵みとつくり手の想いを味わうことをコンセプトとしているそうです。

 

『石かわ』が手掛ける和洋折衷の現在形

多くのメディアでは「フランス料理」にカテゴライズされていたので、それに倣いましたが、そこは『石かわ』のプロデュース。

フレンチと和食のいいとこ取りくらいに捉えていいのではないかと思いました。

地下1階にある「Snow Peak Eat」が、よりカジュアルな単品料理を提供していますので、そことの差別化を図ってはいますが、この『レストラン雪峰(せっぽう)でも、ランチメニューには御膳も出ています。

とはいえ、おすすめは、コース。

昼は2種、夜は3種ある中から、今回は、ランチのフルコース「守門岳 SUMONDAKEコース」6,490円をご紹介します。

 

【先付け】

北海道産牡蠣のフライ。

カニ入のタルタルソースを下に敷き、土佐酢で和えてきゅうりの千切りでアクセントに。

 

ライ麦パン。

 

【椀物】

夏っぽさを演出した、鱧と茄子の茶碗蒸し。

トマト・エキスのスープをかけ、中には梅肉が隠れています。

 

【肉料理】

村上牛のステーキ。

付け合わせは、北海道産キタアカリ、長野産舞茸、地元のカブなど。

新潟・三条『レストラン雪峰(せっぽう)/FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS』フレンチ

ソースは控えめ。ワサビ、塩、コショウが、自分好みに味を決められます。

ワサビが付いているのは、次のごはんものへの伏線かもしれません。

 

【ご飯】

ご飯は、鯛めし。

あおさの味噌汁、漬物が付きます。

 

【デザート】

上から、いちごのエスプーマ、ライチ、ヘーゼルナッツのブラマンジェ、フランボワーズと4層仕立て。

 

【食後の飲み物】

コーヒーか冨士美園紅茶から選べます。

 

 

全体的な印象としては、「よくまとまっている」とのことでした。

味にしろサービスにしろ、オープンからさほど日は経っていなのに、微塵の破綻を感じませんでした。

スパリゾートにしろ、キャンプ場にしろ、宿泊施設併設のレストランなので、そのあたりに抜かりはないということでしょう。

ただ、言ってみれば「ホテル・レストラン」である分、突出したなにかは出しずらいわけですが、周囲の自然環境と料理の確かさが、補ってあまりある個性になっています。

三条ひいては新潟ガストロノミーの成熟、アウトドア・スタイルの洗練、ホテルレストランの現代的なバランス感覚など、深掘りしたい要素はたくさん詰まっていました。

細かくは別の機会に書きたいと思いますが、それらはつまり、様々な入り口が用意されているということでもあります。

『UOZEN』や『里山十畳』などに代表される燕三条や魚沼のガストロノミーの次に行くべき店として、キャンプを楽しみながら、その中の一食はきちんとしたコースを堪能するというグランピングとは別のアウトドアの優雅な楽しみとして。

場所はともあれ、結構“使える”お店でした。

 

メニュー

【ランチコース】

「八木ヶ鼻 YAGIGAHANAEコース」4,290円
4品。ランチ限定のショートコース。

「守門岳 SUMONDAKEコース」6,490円
6品

 

【ランチメニュー:ごはん】
ごはんのメニューは、農園サラダ、下田郷の雪解け水で育った炊き立てのごはん、お味噌汁付き。
「村上牛のステーキ御前」4,730円
「新潟地魚の幽庵焼き」2,420円
「佐渡のカニクリームコロッケトマトソース」2,420円
「本日の日替わり御膳」1,980円

 

【ランチメニュー:パスタ】
パスタのメニューは、農園サラダと天然酵母のパン付き。
「新潟県産 和牛のボロネーゼビアンコ」2,200円
「雲丹とフレッシュトマトのスパゲッティー」2,750円

 

【ディナ―コース】

「粟ヶ岳 AWAGATAKEコース」11,000円
 8品。メインディッシュが煌麦豚。

「粟ヶ岳 AWAGATAKEコース」13,200円
8品。メインディッシュが青首鴨。

「粟ヶ岳 AWAGATAKEコース」13,200円
8品。メインディッシュが村上牛。

 

メニュー・料金はあくまで参考になります。季節や食材の入荷状況によって変わることを前提にご覧ください

 

予約方法

電話かwebから。 web即時予約は、一休・食べログで受け付けています。

一休で予約する  食べログで予約する

 

店の地図・アクセス

北陸自動車道「三条燕IC」から車で約40分
JR「燕三条」駅からタクシーで約40分、JR「東三条」駅からタクシーで約30分

 

新潟・三条『レストラン雪峰(せっぽう)/FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS』フレンチ

 

 

『レストラン雪峰(せっぽう)』店舗情報

営業時間:モーニング 7:00~9:00、ランチ 11:30~15:00(L.O14:00)、ディナー 17:00~21:00(L.O20:00)
定休日:不定休
電話番号:0256-46-5652
住所:〒955-0147 新潟県三条市中野原456−1
オフィシャルwebはこちら

オフィシャルinstagramページはこちら

 

 

関連記事▽

 

 

 

 

 

よく読まれている関連記事

  1. 「ミシュラン東京 2020」イタリアンでビブグルマンに掲載されたレストラン全15店一覧

    「ミシュラン東京 2022」イタリアンでビブグルマンに掲載されたレストラン全17店一覧

  2. 新潟・十日町市『カールベンクス古民家カフェ 澁い(SHIBUI)』ビストロ

    新潟・十日町市『カールベンクス古民家カフェ 澁い(SHIBUI)』ビストロ

  3. 東京・渋谷『CHOMPOO(チョンプー)』タイ料理

  4. 新潟・三条市『鈴の音(ずずのね)』うなぎ

  5. 【博多駅周辺】ネット予約可!ミシュラン掲載ほかおすすめ日本料理店9選

    【博多駅周辺】ネット予約可!ミシュラン掲載ほかおすすめ日本料理店9選

  6. 長野・茅野市『和食 から木(からき)』懐石・会席

    長野・茅野市『和食 から木(からき)』懐石・会席



 

エリアからお店を探す