中国・深圳『香宮(シャングウ)』広東料理・飲茶 ☆

中国・深圳『香宮(シャングウ)』(シャングリ・ラ ホテル内)広東料理・飲茶

 

香港から1時間、深センとのボーダーを超えると、そこはやはり中国でした。
その新興都市・深センの発展を25年間、見守ってきた「シャングリ・ラ ホテル深セン」では、飲茶ランチがおすすめ。出来たての点心が、食べ放題。
で、3,000円以下という香港では考えられない価格で、ホテル・レストランの一流広東料理を堪能できます。

googleマップで地図を見る

安定した広東料理を食べたければ、世界のどこでも『香宮』へ

今でこそ、きちんと情報を探せば、世界のたいていの都市で美味しい店を見つけることができます。

でも、ほんの10年、20年前までは、それが難しかったのです。そんなときに「中華とイタリンであれば、ハズレは少ない」なんて言われていたものです。

中国・深圳『香宮(シャングウ)』広東料理・飲茶

これに近い感覚で、世界の各地で、確実に美味しい広東料理を食べたい時に、この『香宮』を選んでいるかもしれません。

『香宮』は「シャングリ・ラ ホテル」の広東料理店。世界に100軒以上あるので、辺境旅でなければ、訪れた街にある確率は高いところもポイント。

香港・九龍の本店をはじめ、その時代のトップになるようなレストランではないですが、安定した中堅グループという印象。

でも、通算で行っている回数はこういう店のほうが結局多かったりするんです。

いずれにせよ、ユーザーにとっては、有り難い店です、はい。

 

 

 

・深センの発展を25年にわたり見守ってきた「シャングリ・ラ ホテル深セン」

さて、深セン。言わずと知れた、世界の工場・中国の中心地。

ただ、発展が始まってからは、まだ30年強の歴史しかない新興都市ですので、ハイエンドな飲食店に関しては、まだまだ発展途上と言えるかもしれません。

そんなときに頼りになるのが、『香宮」です。

「シャングリ・ラ ホテル深セン」(写真中央)は、中国と香港のゲートから、もっとも近くにあるホテル。

深セン駅(写真左の建物)のすぐ先にあります。

中国・深圳『香宮(シャングウ)』広東料理・飲茶

深センが工業都市として注目を浴び始める前、1992年にホテルはオープンしています。

90年代に入って、日本のメーカーも自社工場なり、OEMなり深センの工場に受注生産をはじめ、ビジネスで訪れる機会が増え始めたころ、ほんとこのシャングリ・ラくらいしかなかった記憶が蘇ってきます。

それはさておき、「シャングリ・ラ ホテル」グループの広東料理店には、この『香宮』と『夏宮』があるのですが、深センは、『香宮』のほう。

ちなみに、広州は『春宮』で、九龍は『香宮』、香港島は『春宮」です。

中国・深圳『香宮(シャングウ)』広東料理・飲茶

ロビーから入って、2階に上がると、入り口が見えます。シェフは若手のようですが、ポスターなどでかなりフィーチャーしています。

土曜日だったので、多少混んでいたので、30分ほど待ちます。中に通されると、シャングリ・ラらしいモダン・シノワなインテリアにホッ。地元の方が多かったのか、カジュアルな出で立ちの客が多かった印象。私自身も安く美味しいものを食べる気満々で来ているので、かえって気が楽です。

ラグジュアリーな雰囲気を楽しみたいなら、ディナーで訪れるか、個室を予約しておいたほうがいいかもしれません。

 

・飲茶ランチは、オーダーしてからつくる出来たての点心が食べ放題

なんと言ってもオススメは、ランチの飲茶ビュッフェ。ビュッフェと言っても、オーダーしてからつくってくれます。そんな点心類が、どれだけ食べても168中国元(約2,800円)。

スープやチャーハンなどの点心以外のメニューと、このビュッフェが合わさったセットもあります。

経済発展により物価が上がっている中国とはいえ、まだ、ボーダーを超えると、香港の約半額になります。

中国・深圳『香宮(シャングウ)』広東料理・飲茶

メニューにチェックマークを付けてオーダーする一般的な方式だったので、簡単です。

日本語は書かれていませんので、食べたい点心がある場合、中国語か英語でメニュー名を覚えておくといいでしょう。

追加注文もこのオーダーシートに書いていきます。

中国・深圳『香宮(シャングウ)』広東料理・飲茶

飲茶ですので、お茶もセット価格内です。スタンダードに烏龍茶。

中国・深圳『香宮(シャングウ)』広東料理・飲茶

「とび子のせ海老焼売」。安定の味で、これを食べると、広東料理を食べている気分が高まります。

中国・深圳『香宮(シャングウ)』広東料理・飲茶

「豚肉の小籠包』。中のスープもしっかり旨味が詰まっています。

中国・深圳『香宮(シャングウ)』広東料理・飲茶

「鶏もものアーモンドの包み揚げ」。創作系のメニュもあります。

中国・深圳『香宮(シャングウ)』広東料理・飲茶

「叉焼」。これはビールと共に味わいたい!

中国・深圳『香宮(シャングウ)』広東料理・飲茶

「イカフライ」。これは注文を間違えたのですが、普通に美味しいフライ。

中国・深圳『香宮(シャングウ)』広東料理・飲茶

デザートもビュッフェメニューの中に入っているので、「オレンジのタルト」を。

オプションメニュー

中国・深圳『香宮(シャングウ)』広東料理・飲茶

「松茸のスープ」。

中国・深圳『香宮(シャングウ)』広東料理・飲茶

「牛肉のステーキ」。

中国・深圳『香宮(シャングウ)』広東料理・飲茶

「マッシュルームの煮物」。

実は私、注文を間違えました。普通に飲茶のビュッフェでよかったのですが、オプション付きのほうをオーダーしてしまったのです。スタンダードなビュッフェはメニューシートの一番下にしれっと書かれていただけなので、見落としていただんです。

まあ、1,000円程度のプラスで、美味しい料理が追加できたので、損した気分はまったくないのですが、お腹がパンパン。

・香港からわざわざ足を伸ばす価値のあるコスパ

味の方は、九龍の『香宮』に比べれば多少は落ちるような気もしないではないですが、じゅうぶん許容範囲。半額程度で楽しめるビュッフェだとしたら、じゅうぶんなクオリティです。

「シャングリ・ラ 深セン」は、深セン駅からすぐのところにあるので、乗り換えの際に時間にゆとりを取って、ここでランチをするのもいいでしょう。

あるいは、香港中心部からボーダー通過の時間を入れても約1時間で到着できますので、わざわざランチをしに来るのもいいと思います。

 

 

 

『香宮/Shang Palace(シャングウ)』店舗情報

営業時間:11:00-15:00、17:30-22:30
定休日:無休
平均予算:2,000~5,000円
電話:+86 (0)755 8233 0888
住所:深セン香格里拉大酒店2F, 1002 Jianshe Rd, Luohu, Shenzhen
オフィシャルwebはこちら

予約の仕方

オフィシャルHPから英語、中国語で予約ができます。日本語で予約をしたい場合は予約代行サービスの利用が便利でしょう。

 

 

 

よく読まれている関連記事

  1. 台湾・台北『頤宮/Le Palais(ル パレ)』広東料理

    台湾・台北『頤宮/Le Palais(ル パレ)』広東料理

  2. 香港のローストご飯(焼味・燒臘)のおすすめ5店

    香港のローストご飯(焼味・燒臘)のおすすめ6店。ミシュラン星付きから地元密着まで [my best+αシリーズ]

  3. 中国・広州『広州酒家』広東料理・飲茶

    中国・広州『広州酒家』広東料理・飲茶 ☆

  4. 香港『MOTT 32(モット32)/卅二公館』広東料理

  5. 香港『嘉麟樓/スプリングムーン(Spring Moon)』中国料理

    香港『嘉麟樓/Spring Moon(スプリングムーン)』中国料理 ☆

  6. 中国・上海『ハッカサン(HAKKASAN)』モダン広東料理

    中国・上海『HAKKASAN(ハッカサン)』モダン広東料理 ☆



 

エリアからお店を探す