台湾・台北『Gen/Roots Creative(ゲン/ルーツ・クリエイティブ)』ニュー・アメリカン料理 ☆

Taipei-Gen/Roots Creative

『RAW』『MUME』などとともに、躍進する台北イノベーティブの一翼を担う『Gen Creative(ゲン・クリエイティブ)』。
ニューアメリカン料理を、台湾産の抜群の食材で表現するもはや台北のグルメシーンに欠かせない存在になった人気店をレポートします。

googleマップで地図を見る 日本語可!『Gēn Creative』をグルヤクで予約する

ストレートに美味しく、楽しい、台北新世代の人気店

ふむ? ニュー・アメリカ料理?! それがこの店を知ったときの率直な感想でした。

そもそものアメリカ料理も理解できていないのに、もう「新」になってしまったのか。まるで「好きだ、好きだ」と言いながら、結局最新のストーリーについていけていない『ベルセルク』と向き合うような、ちょっとした後ろめたさ。そんな気分で、1人、敦化南路の夜道を歩いていたのです。

Taipei-Restaurant-Gen-Creative

閑静な住宅街のなかを進んでいくと、一軒、煌々と灯がともり、楽しげな雰囲気が歩道にも伝わってくる店があります。

そこが、今回紹介する『Gen Creative』です。ちなみに、初めてこの店を知ったときは、『Roots Creative』という店名でしたが、正式に名称が変更したようです。

 

台湾の食材の優秀さに支えられたシンプルな料理

メニューは、アラカルト。コース料理はありません。ドリンクは、ワイン、ビール、カクテル、ノンアルコールがバランスよく揃っています。

Taipei-Restaurant-Gen-Creative

アミューズは、レンゲに載せられて出てきました。味もさることながらそのプレゼンテーションのキッチュなかわいさにぐっと来ます。やはりアジア人なので。

3皿頼んだうちの最初は、サラダ。

Taipei-Restaurant-Gen-Creative

イチジクが美味しい、そしてフレッシュなモッツァレラとの相性もいい、グリーンリーフもシャキッとしつつ味がある、と満足できるクオリティ。

他店の話になりますが、カナダと香港にルーツを持つ『MUME』のアレックスシェフは「台湾の食材の良さにひかれて、台北に店を出した」と言っていたように、その食材の良さをこのサラダにもじゅうぶん感じられます。

 

中国語・英語で予約をするのが面倒な方は、こちらが便利です。
日本語可!『Gēn Creative』をグルヤクで予約する

 

次ページ:ニューアメリカ料理の醍醐味に触れられるメイン料理へ >

店舗情報、予約の仕方、マップなどはこちら >

 

1

2

関連記事

  1. tokyo-fiocchi

    東京・祖師ヶ谷大蔵『Ristorante Fiocchi(リストランテ フィオッキ)』イタリア料理

  2. Tokyo-Azabujuban-Sublime

    東京・麻布十番『sublime(スブリム)』新北欧料理・フレンチ ☆

  3. Kuala-Lumpur-Nadodi

    マレーシア・クアラルンプール『NADODI(ナドディ)』イノベーティブ・インディアン ☆☆

  4. Taipei-Michelin-2018

    3つ星店も誕生! 初の台湾版「ミシュランガイド 台北 2018 」星獲得レストラン全20店リスト掲載

  5. Tokyo-Chofu-Italian-Don-Bravo

    東京・調布『Don Bravo(ドンブラボー)』コンテンポラリー・イタリアン

  6. Hongkong-Tate-Dining-Room

    香港『Tate Dining Room & Bar(テイト ダイニングルーム&バー)』イノベーティブ ☆