台湾・屏東『AKAME(アカメ)』イノベーティブ・フレンチ ☆

pingtung_akame

台湾の少数民族ルカイ族の兄弟がフレンチの名店で研鑽を積んだ後、地元・屏東の部落に戻りオープンした『AKAME(アカメ)』。なぜ、この辺境の地から世界に通じるレストランが生まれたのでしょうか? 現地に赴き確かめてきました。
googleマップで地図を見る

「原住民精神と国際的な視野」を併せ持つ、イノベーティブの新鋭

ジャズ教育の最高峰、バークリー音楽院で教鞭をとるピアニスト、山中千尋さんが面白いことを言っていました。

自分がジャズを志す学生だった頃(1990年代)、日本人として染み付いたリズム感や音感は、矯正させるべきクセだった。アメリカン・アフリカンの先駆者たちが築いたジャズ伝統のグルーブ感が絶対的な基準。

でも、現在は、その日本人的なクセが伸ばすべき個性として認識されている。もちろん日本だけのことでなく、カリブでも、南米でも、東南アジアでも、育った環境のなかで身に付いた地域的な個性が、ジャズの世界でも尊重される時代になっている、と。

なるほど、時代は変わってきているようです。

この考えを応用するなら、たとえば音楽で日本らしさを表現するのに、和楽器を使う必要も、純邦楽をやる必要もないのです。

アメリカの黒人文化として始まったジャズでさえも、その人のルーツをダイレクトに反映していくことが作品の個性に繋がっていくというのは、なんだか嬉しくなる話でした。

なぜなら、音楽に限らず、アートでも文学でも食でも何らかの表現に関わる分野を考える際に、実際にそう感じることも多かったですから。

このインタビューを読みながら、そういった感覚をもっとも反映しているレストランはどこかな?と考えていたのですが、真っ先にその一つとして頭の中に思い浮かんだのが、台湾の南部、屏東にある『アカメ』でした。

ウワサがウワサを呼んだ台南の秘境レストラン

相当な台湾ツウでなければ、屏東、それどこ?という感じでしょう。そこからさらにバスや車で1時間弱いった好茶村となれば、「?」が増えていくかもしれません。

pingtung_akame
朝8:00に桃園空港に到着、バスで駅に向かい、新幹線で高雄へ。そこから在来線に乗り換え、屏東に。

村まで行ってくれるタクシーが見つからず、バスで好茶村の麓まで行き、歩いて30分。予約しておいたゲストハウスに着いたのは、夕方17時前でした…。

pingtung_akame
そこまでして行く価値のあるレストランかどうか?

半信半疑のような、でも、絶対に行っておかなくちゃいけない確信みたいなものを感じ、東京から12時間かけて向かったのです。

ルカイ族の兄弟が開いたレストランが、口コミで台湾の食通に広まる

『AKAME』がオープンしたのは、2015 年6月のこと。AlexとSkyというルカイ族の兄弟が始めた店です。

Alexはシンガポールの『アンドレ』などで、弟のSKYは、高雄の著名なフランス人シェフであるアントニオのものとで研鑽を積んだ後、故郷の部落に戻ってきたのです。

SNSくらいでしか展開していなかったのですが、どうやら屏東にすごいレストランがあるらしいと、徐々に評判になっていきます。

そして、2017年になった頃には、美食家たちが高鉄や車を走らせ、「禮納里部落」へ押しかけ始めたのです。

pingtung_akame
店の外観からは、プリミティブな田舎レストランのように見えます。

中に入って驚いたのが、金曜の夜でしたが、満席だったこと。

ほとんどが台湾の方のようでしたが、国内からでも遠いでしょ、ここ。注目度が高いだけでなく、もう人気も確立しているようです。

pingtung_akame
営業はディナーのみ。

メニューにコースはないとのことでしたので、3-4皿おすすめに従い、バランスを考えながらオーダーします。

この日出ていたアラカルト・メニューは、前菜、メインなどを合わせて25種くらい。

アミューズは、石。ジャガイモです。

pingtung_akame
北欧系のイノベーティブではよく見られるプレゼンテーションですが、こんな辺境の地で出会ったことに驚きます。

「なんちゃって」ではなく、味や食感などから最先端の技をきちんと得ていることに対する驚きです。

そして、パン。

pingtung_akame
パン自体もいいですが、穀物の殻を活かしたバターが秀逸。

pingtung_akame
こちらは、地域の伝統を活かすんだということを示しているようにも思えます。

この最初の2皿で、店のスタンスが垣間見えました。つまり、地域の伝統を、世界最先端にも通じるスタイルで提供するということです。

 

次ページ:確かな火入れの技術が珠玉、クライマックスのメインへ! >

店舗情報、予約の仕方、マップなどはこちら >

日本語での予約は下記の予約代行サービスなどが便利です。

1

2

関連記事

  1. 韓国・ソウル『Mingles(ミングルス)』モダン・コリアン ☆☆

  2. Hongkong-Mak-Noodle

    香港名物「ワンタン麺」を堪能! おすすめの4店をピックアップ [3+αシリーズ]

  3. manila-gallery-by-chele

    フィリピン・マニラ『Gallery by Chele(ギャラリー・バイ・チェレ/旧:Gallery Vask)』イノベーティブ ☆☆

  4. Taipei-Gen/Roots Creative

    台湾・台北『Gen/Roots Creative(ゲン/ルーツ・クリエイティブ)』ニュー・アメリカン料理 ☆

  5. hongkong_holeefook

    香港『口利福/Ho Lee Fook(ホウリーフック)』グローバルチャイニーズ ☆

  6. Hongkong-Tate-Dining-Room

    香港『Tate Dining Room & Bar(テイト ダイニングルーム&バー)』イノベーティブ ☆