台湾・台北『四知堂(si zhi tang)』新台湾料理 ☆☆

taipei_sizhitang

オリーブオイルを使った新感覚の台湾料理。
ヨーロッパのアンティーク家具に囲まれ、何かが生まれる雰囲気を持つ隠れ家レストランには、夜な夜なクリエイティブな台北っ子が集まります。

googleマップで地図を見る 日本語可!『四知堂』をグルヤクで予約する

自然体で上質な、台北の最先端を感じさせる隠れた人気店

美術関係の仕事をしていたというオーナーのなせるワザか、なんだか文化度が高い店というのが、この『四知堂』の印象です。

taipei_sizhitang
看板も出ておらず、入り口は表札だけで、隠れ家的な雰囲気。

國父紀念館をデザインしたという建築家の元住居を改装したという店内には、オーナーが旅している中で見つけたアンティークの家具や調度品が、センスよく配置されます。完全なお揃いでないのも、どこかホッとさせる空気に貢献しています。

 

元建築家の住宅を改装。アンティーク家具に囲まれた隠れ家

taipei_sizhitang
どちらかと言えば、カフェに感じることのほうが多いのですが、消費していく場でなく、何かが生まれていく場であるという雰囲気を店全体がまとっています。

実際集まってくる客も、クリエイターなどが多いと聞きます。上質だけれども、ギラギラした成金感はないところが、心地よいんです。

場所は、新荘線「忠孝新生」駅から徒歩5~6分のところにある済南路沿い。この通りは、美味しいお店が多くて、『四知堂』の隣にも、小籠包などが有名な『濟南鮮湯包』があります。

上記の表札を頼りに、敷地内に入ると、いかにも住宅のような玄関があります。ここが店の入り口です。

taipei_sizhitang
料理はアラカルトのみ。

手書きで書かれたメニューには値段が書いてありません。

最初に訪れたときには、料金が表示されたないことほど怖いのはないのですが、1人あたり2皿+デザートを普通に食べて、ビールを1瓶、お茶も付けてっていうくらいなら、たいてい800~1,000台湾ドル(約3,000~3,800円)くらいです。

 

外国語での予約が面倒な方は、代行予約が便利です。
日本語可!『四知堂』をグルヤクで予約する

 

次ページ:オリーブオイルでつくる新感覚の台湾料理

店舗情報、予約の仕方、マップなどはこちら >

 

1

2

関連記事

  1. Thai-Bangkok_Issaya-Siamese-Club

    タイ・バンコク『Issaya Siamese Club(イッサヤ・サイアミーズ・クラブ)』モダン・タイ ☆

  2. Yamanashi-Shizenya

    山梨・北杜市『自然屋(しぜんや)』郷土料理

  3. Korea-Seoul_Kwon-Sook-Soo

    韓国・ソウル『KWON SOOK SOO(クォンスクス)』 韓国料理 ☆☆

  4. tokyo-sakeria

    東京・代々木公園『sakeria 酒坊主(さけぼうず)』居酒屋

  5. Taipei_Michelin-Bib-List

    「ミシュラン 台湾・台北 ビブグルマン 2018」掲載レストラン全36店リスト

  6. yamanashi-sennin-goya

    山梨・北杜市『仙人小屋(せんにんごや)』郷土料理・ジビエ料理