速報!2019年度「世界のベストレストラン50」にランクインしたアジアの店一覧

singapore-michelin-2018

 

6月25日夜、シンガポールのマリーナベイサンズでのセレモニーで、「世界のベストレストラン50(World’s 50 Best Restaurants)」が発表。
No.1はフランスの『Mirazur(ミラジュール)』、No.2にデンマークの『Noma(ノーマ)』が復活、No.3がスペインの『Asador Etxebarri(アサドール・エチェバリ)』と、多少の変化はあった2019年度。
ここでは、全体に対する雑感とともに、
アジアからランクインしたレストランの全リストを紹介します。

▽全ランキングは、オフィシャルwebでご覧いただけます▽

2019年度「世界のベストレストラン50」発表!

イタリア国境近くにあるフランス・マントンの『Mirazur』が、「世界のベストレストラン50 2019」のNo.1を獲得。

World's50BestRestaurants

日本での知名度は高くないので、多少の驚きはあったかもしれませんが、2018年はno.3、2017年度はNo.4と上位に付けていたレストランなので、可能性はあったわけです。

しかも今年から、昨年までのNo.1獲得店は殿堂入り(「Best of the Best」という別枠ができました)とされ、ノミネートされないというレギュレーションに変更されているので、本命の1つではありました。

ただ、No.2に入った『Noma(ノーマ)』とどちらかになるだろうという下馬評ではあったのですが。

World's50BestRestaurants

『Noma(ノーマ)』として捉えた場合は、既存のチャンピオンですが、リニューアルオープンして「ニューノーマ」だったり「ノーマ 2.0」となっているということで、投票の対象にはなっています。

World's50BestRestaurants

No.3のスペイン『Asador Etxebarri(アサドール・エチェバリ)』などは、既にアジアのガストロノミーへ大きな影響を与えている店なので、しっくり来る方も多いかもしれません。

・アジアのレストランの動向は?

アジアからNo.50位内へのランクインは、7店舗。ほぼ事前に予想した通りになりました。

最高位は、バンコクの『GAGGAN(ガガン)』のNo.4で、「アジアのベストレストラン50 2019」でのNo.1は逃したものの、こちらで取り返したかたちになります。

World's50BestRestaurants

そして、No.11の東京『傅(DEN)』、No.18にシンガポール『オデット(Odette)』という「アジアのベストレストラン50 2019」でのトップ3が順当に続きます。

・全体を通した雑感

全体を観ていて感じたのは、本年度はシンガポールでの開催になったものの、「世界のベストレストラン50」は、やはりヨーロッパ中心のイベントなのだなということです。

アジアにしろ南米にしろ、最新のベスト50が発表されているわけなので、事前にNo.50-120のランキングが発表された時点で、だいたいどの店が世界のベスト50に入ってくるかの予想は付いてしまいます(なので、驚いたのは、アジアでno.7だった台北の『MUME』が世界のno.120にも入っていなかったことくらいでした)。

となると、どの店が入ってくるのか?というランキングの楽しさは、ヨーロッパのレストランへの興味しか残っていません。まあ、あとは北米やアフリカもありますが、脇役ではありますよね。

逆に考えると、「ヨーロッパのベストレストラン50」があってもいいかと思わなくもないのですが、そうすると「世界のベストレストラン」が、単なるセレモニーになってしまうリスクもありますし。

ベスト50の影響力が大きくなってきただけに、どう世界の各地を扱うかというシステムだったりを、さらに見直す時期に差し掛かっているのはたしかです。

実際、昨年までのNo.1獲得店は、殿堂入りとしてノミネートされないとか、投票権を持つアカデミー会員を男女半数にしたとか、レギュレーションに変更はありましたが、結果としてのリストに大きな影響は与えてないように映ります。

今回の式典中、「多様性」という言葉が、何度か発せられていましたが、もっとやり切ってほしいな?と。

・今回のランキングで気になったポイントは?

ライブストリーミングを観ながら気になったメモをそのまま掲載しておきます。

・No.1~3に、ヨーロッパのなかでは地方都市の店が入ったこと
→no.2『ノーマ』のコペンハーゲンは今や美食都市かもしれませんが、マントンとアクスペと行って場所のイメージが付く人がどれくらいいるのだろう?

・北米のベストレストランを、メキシコシティの『Pujol(プジョル)』が獲得したこと
→昨年に続き、ニューヨークなどのアメリカではなく、メキシコのレストランだったことに、勢力の分散を感じてしまうのは行き過ぎか?

World's50BestRestaurants

・シェフたちからの支持がもっとも高かった「the Chefs’ Choice Award」をフランスのAlain Passard(アラン・パッサール)が受賞したこと
→野菜に特化した、かなりマニアックな指向という印象なのですが、ここに未来への鍵があるのか?

World's50BestRestaurants

・日本料理のトップが、ペルーの『MAIDO(マイド)』だったこと
→日本料理が日本だけのものでなくなるのは、国際化という意味では良いことだと思いますが、実際はどうなのだろうか?

World's50BestRestaurants

No.1-25にランクインしたアジアのレストラン

No.4:バンコク『ガガン(Gaggan)』プログレッシブ・インディアン
> 日本語可!『ガガン』をグルヤクで予約する

No.11:東京『傅(DEN)』日本料理 *The Art of Hospitality Award

No.18:シンガポール『オデット(Odette)』フランス料理
> 日本語可!『オデット』をグルヤクで予約する

No.22:東京『NARISAWA』イノベーティブ

No.26-50にランクインしたアジアのレストラン

No.41:香港『大班樓(The Chairman)』広東料理
日本語可!『大班樓』をグルヤクで予約する
 日本語可!『大班樓』をたびらくで予約する

No.45:バンコク『ズーリング(Suhring)』モダンジャーマン
> 日本語可!『ズーリング』をグルヤクで予約する

No.48:上海『ウルトラバイオレット(ultraviolet)』イノベーティブ
> 日本語可!『ウルトラバイオレット バイ ポールパイレート』をグルヤクで予約する

No.51-75にランクインしたアジアのレストラン

No.59:シンガポール『BURNT ENDS(バーントエンズ)』バーベキュー
日本語可!『バーント エンズ』をグルヤクで予約する

No.60:インド・ニューデリー『INDIAN ACCENT(インディアン・アクセント)』コンテンポラリー・インディアン
日本語可!『インディアン アクセント』をグルヤクで予約する

No.62:日本・東京『日本料理 龍吟』日本料理

No.63:日本・東京『FLORILÈGE(フロリレージュ)』コンテンポラリー・フレンチ

No.69:タイ・バンコク『NAHM(ナーム)』タイ料理
日本語可!『ナーム』をグルヤクで予約する 日本語可!『ナーム』をたびらくで予約する

No.76-100にランクインしたアジアのレストラン

No.79:韓国・ソウル『MINGLES(ミングルス)』モダンコリアン
> 日本語可!『ミングルス』をグルヤクで予約する

No.88:香港『龍景軒/LUNG KING HEEN(ロンキンヒン)』広東料理
日本語可!『龍景軒(ロン キン ヒン)』をグルヤクで予約する

No.91:日本・東京『鮨さいとう』寿司

No.93:日本・大阪『La Cime(ラ・シーム)』コンテンポラリーフレンチ

No.95:タイ・バンコク『GAA(ガー)』イノベーティブ
日本語可!『Gaa』をグルヤクで予約する

No.96:香港『BELON(ベロン)』フランス料理
日本語可!『Belon』をグルヤクで予約する

No.101-120にランクインしたアジアのレストラン

No.102:香港『AMBER(アンバー)』フランス料理
> 日本語可!『アンバー』をグルヤクで予約する

No.103:マカオ『JADE DRAGON(ジェードドラゴン)』広東料理
日本語可!『譽瓏軒』をグルヤクで予約する

No.107:日本・東京『Il Ristorante Luca Fantin(イル・リストランテ ルカ・ファンティン)』コンテンポラリーイタリアン

No.113:香港『VEA(ヴェア)』イノベーティブ
 日本語可!『VEA Restaurant and Lounge』をグルヤクで予約する

No.120:日本・東京『SUGALABO(スガラボ)』フランス料理

 

2019年度の「アジアのベストレストラン50」はこちらで!

 

2019年度の「アジアのベストバー50」はこちらで!

 

関連記事

  1. What-is-the best-food-camera?

    カメラ機材編 Pt.1:食べ歩き料理撮影に最強なコンデジはどれ?

  2. Singapore-Cocktail-Bar-Native

    「世界のベストバー50」2018年度発表。best 100にランクインしたアジアのバーを国・都市別にリストアップ

  3. Noma-Movie

    『ノーマ、世界を変える料理』(2015年)[フーディーズ・シネマ・クラブ]

  4. World-50-best-restaurants

    2018年度「世界のベストレストラン50」、No.100までにランクインしたアジアの店をピックアップ

  5. Thai-Bangkok-House-on-Sathorn

    「アジアのベストレストラン50」ランキングの統計から注目の美食都市・グルメシティを探ります

  6. Hongkong-Bar-theOldMan

    2019年度「アジアのベストバー50」にランクインしたバーの国・都市別リスト

▽海外レストランを日本語で予約したい方は、こちらがおすすめ!▽


予約手数料=1人350円(税抜)
サイトに未掲載のお店もリクエスト可能

予約手数料=1組500円(税抜)
▽空港のラウンジが使えるプライオリティ・パスが付いています!▽

▽日本国内のレストランのweb予約は、こちらで!▽

カテゴリー