東京・豪徳寺『オールド ネパール トーキョー(OLD NEPAL TOKYO)』ネパール料理

東京・豪徳寺『オールド ネパール トーキョー(old nepal tokyo)』ネパール料理

 

 

伝統的なネパール料理を追求しつつも、コース料理として、プレゼンテーションをアップデートすることによって、一躍2020年にもっとも注目すべきニューフェースの一つとなった『オールド ネパール トーキョー』。

東京・豪徳寺『オールド ネパール トーキョー(old nepal tokyo)』ネパール料理

平均予算:ランチ 1,000~2,000円、ディナー 7,000~10,000円 

食べログの情報を見る

 

店の特徴

なかなか海外に渡航できる日が来るイメージが持てないでいることもあるせいか、2020年ではもっとも印象的だったお店が、この『オールド ネパール トーキョー』。

大阪で、人気を博している『ダルバート食堂』の本田シェフが東京進出!とも言えるのですが、カジュアルな食堂ではなく、コース料理を主体とした少しハイエンドなアウトプットに昇華。

何でも、ネパールに出店することが一つの目標で、そのためにも、東京で評価を上げたいという計画だそうで、なかなか面白い道のりをたどろうなと、興味津々です。

 

趣のある商店街に現れたシックなネパール料理店

場所は、小田急線「豪徳寺駅」から連なる商店街の一角。

住宅街を選んだことも、ベターな選択だったかもしれません。

店ができたのは、コロナの影響真っただ中の2020年7月でしたので。

東京・豪徳寺『オールド ネパール トーキョー(OLD NEPAL TOKYO)』ネパール料理

昔ながらの昭和の空気が漂う商店街にあって、ポツンとシックな雰囲気のお店が現れます。

 

夜のコースが出色

ランチタイム「ダルバート」のみですが、夜はコースが中心です。

今回は、ディナーの「Nepal Tasting Course」¥ 6,000(税別)をご紹介していきます。

ドリンクは、ワインがメインで、ナチュラルワインもオンリスト。

アジア料理にはとりあえず、オレンジワインということでボトルで頼みます。

https://foodies-asia.com/tokyo-michelin-curry/

 

カジャ

「ガジャ」とは、白ごはんを食べない食事全般という広い意味を持つのですが、ここでは、ざっくりと「おつまみ」のようなものだと思えばいいでしょう。

「Wo/ウォー」

東京・豪徳寺『オールド ネパール トーキョー(OLD NEPAL TOKYO)』ネパール料理

 

「Sanyakhuna/サンニャクナ」

東京・豪徳寺『オールド ネパール トーキョー(OLD NEPAL TOKYO)』ネパール料理

 

「Alu Chop/アルーチャップ」

東京・豪徳寺『オールド ネパール トーキョー(OLD NEPAL TOKYO)』ネパール料理

 

「Mix Achar/ミックスアチャール」

東京・豪徳寺『オールド ネパール トーキョー(OLD NEPAL TOKYO)』ネパール料理

アチャールとは漬物のことです。

 

「Haas Ko Choila/鴨のチョエラ」

東京・豪徳寺『オールド ネパール トーキョー(OLD NEPAL TOKYO)』ネパール料理

基本的な味は、あくまで正統なネパール料理の味を追求していることがうかがえますが、プレゼンテーションに工夫を凝らしているので、ガストロノミックにも捉えられます。

例えば、フレンチではないイノベーティブ系だとアミューズブッシュに当たるものは「スナック」とメニューに書かれることが多くあります。

そう考えると、「ガジャ」≒「おつまみ」は、こういったコース料理に相性はいいのかもしれません。

これ自体が新鮮な発見でした。

 

ダルバート

ダル=豆とバート=ご飯で「ダルバート」なわけですが、日本でいえば、ご飯とみそ汁のような食事の基本形とでも言えばいいでしょうか。

「ダール(Daal)」「ライス(Bhat)」

東京・豪徳寺『オールド ネパール トーキョー(OLD NEPAL TOKYO)』ネパール料理

この基本形に、様々なおかずが付いてきます。

東京・豪徳寺『オールド ネパール トーキョー(OLD NEPAL TOKYO)』ネパール料理

定期的に入れ替わる皿もあるようですが、この日は以下のようなメニューでした。

「水牛カレー(Raag Ko Masu)」

東京・豪徳寺『オールド ネパール トーキョー(OLD NEPAL TOKYO)』ネパール料理

 

「チキンカレー(Kukhuna Ko Masu)」

東京・豪徳寺『オールド ネパール トーキョー(OLD NEPAL TOKYO)』ネパール料理

 

「本日のタルカリ(Tarkari)」

東京・豪徳寺『オールド ネパール トーキョー(OLD NEPAL TOKYO)』ネパール料理

 

「本日のサーグ(Saag)」「Achar(本日のアチャール5種)」

東京・豪徳寺『オールド ネパール トーキョー(OLD NEPAL TOKYO)』ネパール料理

 

デザート

「Juju Dhau/ジュジュドウ」

東京・豪徳寺『オールド ネパール トーキョー(OLD NEPAL TOKYO)』ネパール料理

 

まとめてみれば

他国の料理に関して、伝統的な味を追求しつつ、ハイエンドにアップデートするというのは、ネパール料理に限らず、日本ではなかなか存在しないスタンスだと思います。

けれども、ルーツを貫けば貫くほど、一周まわって新鮮に感じるということは、これまでに何回かは経験してきたことがあります。

例えば、忘れ去られていたタイの古典宮廷料理を発掘していたデヴィッド・トンプソン シェフ時代の『ナーム』

バリ料理の伝統を甦らせた『ヌサンタラ バイ ロカフォーレ』

料理では、「革新的な」という意味の「イノベーティブ」は一般的ですが、「もうひとつの選択、代わりとなる」という意味の「オルタナティブ」という言葉はあまり使われません。

音楽の分野で、90年代以降に現れた「オルタナティブロック」は、1970年代後半以降に隆盛を極めた産業ロックへの反発から1960年代ロックへの回帰を志向するアーティストたちも、この「オルタナティブ」に含まれています。

新しいものは、過去の伝統からも見つけられる——この『オールド ネパール トーキョー』から感じられる哲学は、そのようなことでした。

 

 

 

メニュー

【ディナーコース】 (税抜)
「Nepal Tasting Course」¥ 6,000

【アラカルト】 (税抜)
「グンドゥルック(発酵青菜)のカレー」(1,300円)、「チキンカレー」(1,200円)、「骨付き羊肉のカレー」(1,500円)、「週替りカレー」(1,200円~)、「2種」(1,500円~)など

メニュー・料金はあくまで参考になります。季節や食材の入荷状況によって変わることを前提にご覧ください

 

予約方法

ディナーのコース料理は予約可。電話またはInstagramのDMでの受付、Web予約はTable Checkで扱っています。
「ダルバート」のみは当日来店での案内。
ランチタイムは記帳制。

Table Checkで予約する

 

店の地図・アクセス

小田急「豪徳寺駅」、世田谷線「山下駅」より徒歩3分

 

 

『オールド ネパール トーキョー(old nepal tokyo)』店舗情報

営業時間:ランチ 11:30~L.O. 14:30、ディナー 18:00~L.O. 21:00
定休日:火曜、月曜の夜
電話番号:03-6413-6618
住所:東京都世田谷区豪徳寺1-42-11

オフィシャルinstagramページはこちら

 

東京・豪徳寺『オールド ネパール トーキョー(OLD NEPAL TOKYO)』ネパール料理

 

 

本田 遼シェフの著作

「ミシュラン東京」に掲載されたカレー店はこちら▽

 

 

よく読まれている関連記事

  1. 東京・恵比寿『焼貝 あこや』貝料理・創作和食

    東京・恵比寿『焼貝 あこや』貝料理・創作和食

  2. 福井・敦賀『リストランテ カルド(RISTORANTE CALDO)』コンテンポラリー・イタリアン

  3. 「ミシュラン大阪 2021」焼鳥で星獲得&ビブグルマン掲載のレストラン全10店一覧

    「ミシュラン大阪 2021」焼鳥で星獲得&ビブグルマン掲載のレストラン全10店一覧

  4. 大阪・南森町『ラ カンロ(La Kanro)』コンテンポラリー・フレンチ

    大阪・南森町『ラ カンロ(La Kanro)』コンテンポラリー・フレンチ

  5. 東京・経堂『ガラムマサラ』インド料理

    東京・経堂『ガラムマサラ』インド料理 ☆

  6. 天神橋筋『蕎麦たかま』

    大阪・天神橋筋『蕎麦たかま』蕎麦



 

エリアからお店を探す