タイ・バンコク『Canvas(キャンバス)』イノベーティブ ☆

bangkok-restauranta-canvas

2019年度版のタイのミシュランで1つ星を獲得。
タイの文化や食材にインスピレーションを受けながら、インターナショナルなテイストを貫くスタイルが、バンコクでは意外や斬新かも。
アメリカ・テキサス出身のライリー・サンダース・シェフの手による無国籍な料理と、オープンな雰囲気が魅力の注目店です。
googleマップで地図を見る

日本語可!『キャンバス』をグルヤクで予約する

 

おしゃれエリア、トンローで人気急上昇中のインターナショナルなイノベーティブ

2019年のミシュランタイ版で一つ星を獲得し、気になっていたこの『キャンバス』

アメリカ人シェフが率いるイノベーティブで、タイの食材などを積極的に駆使しているという触れ込みです。

外国人シェフによるコンテンポラリーな欧州料理としては、バンコクにも『Mezzaluna(メッツァルーナ)』『Elements at The Okura Prestige』『Savelberg at The Oriental Residence』など定評の高い店がありますが、今ひとつ食指が伸びなかったのも事実。

でも、タイ食材を意識したという一点に期待して、予約してみました。

最寄り駅は、BTSの「トンロー」。

ご存知の通り、日本人在住者も多いエリアで、『Bo.Lan』『Supanniga Eating Room』など名店・良店が揃うエリアでもあります。

『キャンバス』は駅から北側に徒歩約10分のところにありますが、おしゃれなストリートで店の入れ替わりも激しいので、久々に歩いてみると、バンコクの活気を肌に感じます。

1人ディナーだったのでカウンターに通されると、メニューを見せながら、シェフ自ら簡単に店のコンセプトを説明してくれました。

「タイの国産食材や文化からインスピレーションを受けているけど、レシピはタイ料理じゃないよ」とのこと。

Riley Sandersシェフは、アメリカ・テキサスの出身です。

本当に個人的なことなのですが、テキサスは、私が生涯食べた中でもっとも美味しくなかったレストランがある街なのですが、それも20年前の話。

時代は変わったんですね。

地元オースティンのトップシェフであるTyson ColeやPaul Quiのもとでキャリアを始め、シカゴで3つ星を獲得していたシェフLaurent Grasのもとで研鑽を積みます。

その後は、プライベートシェフとして世界中を旅しながら腕を磨き、バンコクの食と人と街が気に入り、2016年に準備を始め、2017年にこの『キャンバス』をオープンしたと言いいます。

メニューは、6皿と9皿のテイスティングコースのみ

最初にウェルカムドリンクとしてお茶。チェンマイ産の烏龍茶です。

メニューは、「テースティングコース」のみで6皿が2,900THB(約10,500円)、9皿が3,600THB(約13,000円)。

この日は、食後にバーをはしごする予定だったので、若干控えめに6皿のコースを頼みましたが、「ロブスター」と「タイ和牛」などシグネチャーが入っているので、しっかり堪能したい場合は9皿のコースのほうがオススメでしょうか。

ワインのペアリングコースもあって、それぞれ2,400THBと2,900THB。

ワインペアリングの最初はジュラ地方のスパークリング。

「このワインは、ぼくにとっては、ワイルドかつ東洋的なイメージなんだ」とはソムリエの弁。

この方も、英語のイントネーションからすると、アメリカ出身っぽいですが、その後のグラスもなかなか野心的なセレクトです。

やはり、もう出身地とかはあまり関係ない時代になってきていますね。

料理は、まずスナック3連発。

「snacks」

「marian plum, red chili, borage」


「river prawn, kaffir lime, coconut」


「thai wagyu, anchovy, mah kwan」

ワインだけでなく、料理も野心的でした。

小さめのマンゴーとチリ、和牛のタルタルにアンチョビとあまり食べ慣れない組み合わせなので、直感的に美味しいとは言いづらい部分もありましたが、やりたいことは理解できます。

「toasted rice bread」

「brown butter, salted egg, yellow chili」

前菜扱いになるのか、米粉のパン。燻製の卵とブラウンバターのふわふわ感で、こちらは素直に美味しい一品。

 

 

「king mackerel」

「ant egg, cucumber, soy, dill」

前半のハイライトは、ここなのでしょう。

低温で火入れした鯖に、上に載っているのは蟻! 一応「!」とつけてみましたが、僕自身は三回目。

慣れてくると、ふつうに「いい酸味付になっているな」と冷静に食べている自分に笑えました。

大豆(ほぼ豆乳)のまろやかさにディルの香りが入ったソースも、なるほど!という感じ。

鯖&蟻に合わせられたのが、なんと日本酒。

生酛づくりの日本酒推しのようです。

日本人としては、焼鯖のレモンがけ(蟻ですが)に豆腐とだったら、日本酒が合わないわけはないのですが、現地の人はどう思っているのかが気になりました。

 

外国語での予約が面倒な方は、予約代行サービスなどが便利です。
日本語可!『キャンバス』をグルヤクで予約する

 

次ページ:続くも珍品? カエルから豚足、鴨へと続くメイン料理へ >

店舗情報、予約の仕方、マップなどはこちら >

 

 

1

2

関連記事

  1. bangkok_ledu

    タイ・バンコク『Le Du(ル ドゥー)』コンテンポラリー・タイ料理 ☆

  2. タイ・バンコク『Mezzaluna(メッツァルーナ)』コンテンポラリー・フレンチ

  3. Bangkok-Innovative-Indian-Haoma

    タイ・バンコク『Haoma(ハオマ)』コンテンポラリー・インド料理 ☆

  4. bangkok-Isan-cuisine-100Mahaseth

    タイ・バンコク『100 Mahaseth(ワンハンドレッド・マハセット)』タイ北部料理 ☆

  5. chiangmai-restaurant-Blackitch Artisan Kitchen

    タイ・チェンマイ『Blackitch Artisan Kitchen(ブラキッチ アルチザン キッチン)』イノベーティブ・タイ ☆

  6. bangkok-streetfood

    「ミシュラン バンコク ビブグルマン2018 」掲載レストラン全33店ジャンル別リスト

▽海外レストランを日本語で予約したい方は、こちらで!▽

▽空港のラウンジが使えるプライオリティ・パスが付いています!▽

▽日本国内のレストランのweb予約は、こちらで!▽
▽空港のラウンジが使えるプライオリティ・パスが付いています!▽

Foodies Asia Instagram