タイ・バンコク『Issaya Siamese Club(イッサヤ・サイアミーズ・クラブ)』モダン・タイ ☆

Thai-Bangkok_Issaya-Siamese-Club

『nahm(ナーム)』とともに「アジアのベストレストラン50」でタイ料理を牽引するこのこの『Issaya Siamese Club(イッサヤ・サイアミーズ・クラブ)』。
イノベーティヴなスタンスとは少し異なるアプローチで、伝統料理を再構築するセンスに脱帽しまくり。

googleマップで地図を見る

日本語可!『イッサヤー・サイアミーズ・クラブ』をグルヤクで予約する

タイ版「料理の鉄人」シェフ、イアン・キットチャイ氏が率いる創作タイ料理店

タイ料理のカテゴリーで、前回紹介した『nahm(ナーム)』とともに、「アジアのベストレストラン50」にノミネートされているのが、この『Issaya Siamese Club(イッサヤ・サイアミーズ・クラブ、以下『イッサヤ』に)』。

2013年のランク外から、’14年のNo.31、’15年のNo.39、’16年のNo.19、’17年のNo.21と着々と評価を上げているレストランです。

Thai-Bangkok_Issaya-Siamese-Club
『ナーム』が外国人シェフがタイ料理を次のフェーズに押し上げたのであるならば、この『イッサヤ』は、タイ人のシェフが、インターナショナルな経験を原動力に、自国の料理を新しい境地に導いたとも言えます。

どちらも「モダン・タイ・キュイジーヌ」と呼べますが、キャリアのプロセスがまったく逆。出てくる料理もそのバックボーンを反映した違いが楽しめそうです。

 

イアン・キットチャイ氏とは?

オーナーシェフのイアン・キットチャイ氏(Ian Kittchai)は、現地では、タイ版「料理の鉄人」(Iron Chef Thailand)で知られる人気シェフ。

もともとシドニーにあるフランス料理店で頭角を現し、タイに帰国してからは「フォーシーズンズホテル」でエグゼクティブシェフに。2004年にはアメリカ・ニューヨークに拠点を移し、手がけたレストランが成功を収めるなど、華々しいキャリアを誇るシェフです。

’10年からタイでも精力的に活動再開。その彼がプロデュースしたタイレストランが、この『イッサヤ』です。

バンコクで展開する初のタイ料理レストランということで「HOME」と呼ばれることが多いそう。その後、キットチャイ氏は、バンコクにオープンしたガストロバー『HYDE&SEEK』やダイニングバー『SMITH』の経営に携わっています。

Thai-Bangkok_Issaya-Siamese-Club
『イッサヤ』は、メトロ(MRT)の「Khlong Toei Station」から徒歩10分弱のところに位置しますが、ややわかりづらいところにありますし、スクムビットの中心部からでも、道が空いていれば10分ぐらいで到着するので、タクシー利用が便利でしょう。

高速の下の「Chuea Phloeng Road」から「Soi Sri Aksorn」に入って少し行くと見えてくる一軒家がレストランです。

築100年の一軒家を改装したとのことで、建物自体にも趣があります。

店内もハワイのおしゃれなB&Bなどにありそうなカラフルなリゾートスタイルが心地よい空間です

メニューは伝統的、料理は革新的

ランチでもコースはありますが、この日はアラカルトで。「3皿くらいかな?」と伝えると、流暢な英語を話すマネージャー女史が相談に乗ってくれます。

ちなみに、コースは1500バーツ(約5,000円)と2500バーツ(約8,250円)の2種類で、2名から。

私が選んだのは、1皿目が「コームーヤーン」。日本語に訳すと「豚喉肉の焼きもの」で、タイでは屋台でもよく見られる料理です。

Thai-Bangkok_Issaya-Siamese-Club

Thai-Bangkok_Issaya-Siamese-Club
一般的に、日本で言えば牛タン焼きのようにシンプルなグリルとして出てくることが多いこの「コームーヤーン」ですが、ここではまったく趣が違いました。

豚喉肉のグリルというより、サラダのような佇まい。酸味の利いたドレッシングと青唐辛子の辛みが味の決め手となり、火を入れたジャスミンライスのパリッとした食感に、パクチーファランのシャキシャキ感が加わります。

「あれ、普通のタイ料理と違うなぁ」と思いながらも、これはこれで絶妙な味。

 

外国語での予約が面倒な方は、代行予約が便利です。
日本語可!『イッサヤー・サイアミーズ・クラブ』をグルヤクで予約する

 

次ページ:独自のセンスが光る、唯一無二のタイ料理 >

店舗情報、予約の仕方、マップなどはこちら >

 

1

2

関連記事

  1. 奈良・奈良市『玄(げん)』蕎麦

  2. 大阪・大阪市『agnel d’or(アニエルドール)』フランス料理

  3. Tokyo-La-Pioche

    東京・水天宮『La Pioche(ラ ピヨッシュ)』ワインバー・フランス料理

  4. Bangkok-Top-Tabele-2018

    バンコク・レストランランキングの決定版! 英字タウン誌『BK Magazine』による「Top Tables 2018: Bangkok’s 100 best restaurants」がリリース

  5. pingtung_akame

    台湾・屏東『AKAME(アカメ)』イノベーティブ・フレンチ ☆

  6. tokyo-fiocchi

    東京・祖師ヶ谷大蔵『Ristorante Fiocchi(リストランテ フィオッキ)』イタリア料理