香港『ザ ラウンジ&バー(ザ・リッツ・カールトン香港)』で地上102階からの絶景アフタヌーンティー

香港『ザ ラウンジ&バー(ザ・リッツ・カールトン香港)』で地上102階からの絶景アフタヌーンティー

 

世界一高いところにあるホテルとして記録されている「ザ・リッツ・カールトン香港」
その102階にある『The Lounge & Bar(ザ ラウンジ&バー)』の名物は、アフタヌーンティー。
地上約450mからビクトリアハーバーを見下ろしながら、香港のラグジュアリーホテルクオリティのアフタヌーンティを、ひとり占めしてきました。

Hongkon_Ritz-Carlton-the-Lounge-Bar

 

絶景! 世界一高いところにあるホテル「ザ・リッツ・カールトン香港」で、アフタヌーンティー

“世界最高地点”にあるホテルと称される「ザ・リッツ・カールトン香港」

標高ではもちろんもっと高い地域にあるホテルはいくらでもありますが、地階からの高さですね。

Hongkon_Ritz-Carlton-the-Lounge-Bar

場所は再開発が続行中の西九龍と呼ばれるエリア。エアポート・エクスプレスとMTRの「九龍駅」と直結した「環球貿易広場(International Commerce Centre)」にあります。

このビルの高さは484m。香港では1番、なんと世界でも4番目に高いビルなんです。

「ザ・リッツ・カールトン香港」は、その102階から上で106階から117階までが客室。『The Lounge & Bar(ザ ラウンジ&バー)』は102階にあります。

 

この最高地点でのアフタヌーンティと言いたくなってしまいますが、実は1階上にある『CAFÉ 103』でもアフタヌーンティを出していますので、そちらが最高地点ですね。

アフタヌーンティの内容的には『ザ ラウンジ&バー』が王道、『CAFÉ 103』がチョコレートにこだわったスイーツをメインにしたもの。

私自身、飛行機の到着時間の関係でランチを食べ逃した際に、アフタヌーンティを楽しむことが多いので、スイーツやスコーン、セイボリーがバランスよく配された、これぞアフタヌーンティーという内容が好みですが、スイーツだけでいいとか、とにかく最高地点でのアフタヌーンティを味わいたい方なら、『CAFÉ 103』もおすすめします。

・ヴィクトリアハーバーを見下ろしながら、オーセンティックなアフタヌーンティ

『ザ ラウンジ&バー』の特徴は、お店のレイアウトから窓際の席数が多く、絶景を楽しみやすいことでしょう。

1周間ほど前の予約で、かつ、ひとり旅だったことも影響したのか、キャンセルなどがない限り、窓側の席は確約できないとのことでしたが、当日伺ってみたら、窓側でした。

ラッキー! ダメ元でも希望は伝えておいたほうが良さそうですね。

何はともあれ、その絶景からお見せしましょう。こんな景色です。

Hongkon_Ritz-Carlton-the-Lounge-Bar

香港島の中環(セントラル)方面です。

標高約450mの地点。空調がちゃんと利いているので暑いことはないですが、晴れた日の日差しは半端ないです。

普通のデジカメでパシャッと撮っても、スポットライトをガンガン焚いた、昔のブロマイド写真のような色味になってしまっていますね。自然の力には抗えません。

Hongkon_Ritz-Carlton-the-Lounge-Bar

ティーは、紅茶や中国茶、日本茶などが揃っていますが、香港初日だったので、やはり中国茶を。

個人的に好きな杭州の龍井茶があったので、そちらを頼みます。

 

・そして、三段トレイの登場

10分ほど、風景を眺めながらお茶を楽しんでいると、ご本尊の登場。英国式のオーソドックスな三段トレイです。

Hongkon_Ritz-Carlton-the-Lounge-Bar

この場所に置くと、何かモニュメントっぽさを感じてしまいます。

Hongkon_Ritz-Carlton-the-Lounge-Bar

1段目が、クロワッサンやプティ・クロックムッシュなどのセイボリー。

Hongkon_Ritz-Carlton-the-Lounge-Bar

2段目が、チョコレートケーキ、レモンタルトなどのスイーツ。

Hongkon_Ritz-Carlton-the-Lounge-Bar

3段目が、スコーンや抹茶のマカロン。

提供される味だけでみれば、香港のホテル・ラウンジで提供されるアフタヌーンティとしては、平均的でしょう。と言っても、どのホテルもレベルが高いので、かなり美味しいです。

もう一つ特筆すべきは、サービスの良さ。こちらは、香港のホテル・ラウンジではトップレベルだと思っています。

・サンセットを楽しみたいなら、訪れる時期と開催時間に気をつけて

今回は楽しめませんでしたが、このシチュエーションだと夕暮れ時のサンセットがすごいことでも評判。

香港の日の入りは、12月が17:40前後、6月が19:10前後です。

夏場に訪れる場合は、金土日祝の後半の回が18:30までですので、少し赤く染まってきた空が見られるでしょう。

平日だと18:00までなので、少し難しいかな?と思います。冬場は、平日でも問題なくサンセットが楽しめますね。

 

 

 

『The Lounge & Bar(ザ ラウンジ&バー)』店舗情報

平均予算:アフタヌーンティー 500香港ドル、 ランチ 300 – 500香港ドル、ディナー500-1,000香港ドル
営業時間:6:30-0:00(アフタヌーンティー <月-木>15:00-18:00 <金>14:15- 16:15、16:30-18:30 <土・日・祝>12:00-14:00、14:15-16:15、16:30-18:30) 定休日:無休
電話番号:+852 2263 2263
住所:102F, International Commerce Centre, 1 Austin Road West Hong Kong CN-91, West Kowloon, Hong Kong
オフィシャルHP(英文)はこちら

Hongkon_Ritz-Carlton-the-Lounge-Bar

 

予約に関して

オフィシャルwebから予約可能です。

店の地図

 

 

 

よく読まれている関連記事

  1. 【東アジア全域】プライオリティ・パスで無料で使える空港VIPラウンジ一覧

    【東アジア全域】プライオリティ・パスで無料で使える空港VIPラウンジ一覧

  2. 台湾・台北『八拾捌茶輪番所(りんばんしょ/Eightyeightea Rinbansyo)』ティーハウス

    台湾・台北『八拾捌茶輪番所/Eightyeightea Rinbansyo(りんばんしょ)』ティーハウス ☆

  3. 香港でこそ食べたい、絶品ローストグース(ガチョウ)のおすすめ6店

    香港でこそ食べたい、絶品ローストグース(ガチョウ)のおすすめ6店 [my best+αシリーズ]

  4. フィリピン・マニラ『ザ キュレーター コーヒー&カクテル(The Curator Coffee and Cocktails)』カフェ・バー|Foodies Asia

    フィリピン・マニラ『The Curator Coffee and Cocktails(ザ キュレーター コーヒー&カクテル)』カフェ・バー

  5. 香港『Bo Innovation/厨魔 (ボー・イノベーション)』プログレッシブ・チャイニーズ

    香港『Bo Innovation/厨魔 (ボー・イノベーション)』プログレッシブ・チャイニーズ ☆

  6. 紅茶の名産地インド・ダージリンでおすすめのティーハウス4選。本場のダージリン・ティーを飲み倒します! [my best+αシリーズ]



 

エリアからお店を探す