香港『Twenty Six by Liberty(トゥエンティシックス・バイ・リバティ)』インターナショナル・フュージョン ☆

hongkong_twentysix-by-liberty

カナダ出身の香港人シェフによる、注目のインターナショナル・フュージョン。イタリアン、フレンチ、広東料理を自由に駆け抜けるスタイルに、身も心も軽くなりました。
googleマップの地図を見る

香港の個店では珍しい眺めのいいレストラン

アグレッシブな広東料理で、香港ミシュラン3つ星を獲得している『ボ・イノベーション』出身のシェフ(Chris Keung氏)が、面白げな店をやっていると聞いたので、行って来ました。
『Bo Innovation/厨魔 (ボー・イノベーション)』

研鑽を積んだ店のテイストから、勝手に広東料理ルーツのイノベーティブかと思っていたら、インターナショナルだったのが、驚きでした。

要所要所に広東料理のエッセンスが入るというイメージ。

多国籍は結局無国籍、みたいなものとか言い出すとややこしくなりますが、香港はそもそも租借地という、ある種、国という観点でいうと、どこでもない土地。

インターナショナル・キュイジーヌというのは、それはそれで香港らしさと言えるかもしれません。

hongkong_twentysix-by-liberty

店自体のオープンは2015年。中環から徒歩で5分ほど、飲茶の老舗『陸羽茶室』や1つ星のローストグース店『一樂燒鵝』などがある、スタンレイ通りのビルにあります。

エレベーターで26階にあがるのですが、中環のホテル系ではない個店で、これだけの抜けのいい眺望は希少でしょう。

ご存知の通り、香港の中心地はビルが密集していて、窓の外は隣のビルの壁なんてことも多いので、窓は開かず、見せないインテリアを追求している店が多いのですが、ガラス張りのこの開放感は、それだけで「リバティ」という店名を納得させます。さすが26階。

 

メニューは、8皿+アミューズ+小菓子のデギュスタシオン・コースのみ

営業はディナーのみ、コースもデギュスタシオン・コースの一本です。

値段は、8皿のコースで800香港ドル(約11,000円)。追加料金で、ラビオリの際に北海道産ウニを選択できるようですが、「日本でいっぱい食べてるから遠慮します」と言ったら、スタッフは残念そうな表情。日本産の食材への信頼は篤いようです。

グラス数が違う、ワインのペアリングコースもあります。香港では持込料が安めのレストランが多いのですが、コルケージチャージは高め。

ワインにはこだわりがあるようです。素直に、店にあるものを飲んだほうが、美味しく楽しめそうです。

hongkong_twentysix-by-liberty
アミューズは、香港でよく見かけるストリートフードのユーモア。

前菜は、軽やかなイノベーティブ風

hongkong_twentysix-by-liberty
前菜1皿目は、スープ。

タコとジャガイモのポタージュ。華やかなプレゼンテーション。

hongkong_twentysix-by-liberty
2つ目はサラダで、キュウリ。

エディブルフラワーが見た目のアクセント。

hongkong_twentysix-by-liberty
4皿目は、タイのカルパッチョ。今度は、違った種類のトマトを使い分けています。

多皿構成のコースにしては、一皿のポーションは大きめですね。

 

次ページ:パスタ+メイン以降は、イタリアン、フレンチ、カントニーズと駆け抜ける自由さ >

店舗情報、予約の仕方、マップなどはこちら >

 

 

1

2

関連記事

  1. Phuket-PRU-Restarant

    タイ・プーケット『PRU(プル)』イノベーティブ

  2. Hongkong-Michelin-2018-1star

    「ミシュランガイド香港 2018」1つ星獲得レストラン全46店舗リスト

  3. タイ・バンコク『EAT ME(イート・ミー)』モダン・インターナショナル ☆

  4. Tokyo-Azabujuban-Sublime

    東京・麻布十番『sublime(スブリム)』新北欧料理・フレンチ ☆

  5. Korea-Seoul_Kwon-Sook-Soo

    韓国・ソウル『KWON SOOK SOO(クォンスクス)』 韓国料理 ☆☆

  6. Hongkong-Kam's-Roast-Goose

    香港『甘牌焼鵝/Kam’s Roast Goose(カムズ・ローストグース)』香港式焼物☆