香港『Belon(ベロン)』フランス料理

Hongkong-French-Restaurant-Belon

 

 「アジアのベストレストラン50 2019」では香港で3番目に高いランク、ミシュランも1つ星獲得と、昨今の香港のなかで評価と注目度では抜きん出ている『ベロン』。
パリの雰囲気をそのまま伝える店作りのなかで、オーセンティックさとクリエイティブさの絶妙なバランスを誇る、ここにしかない現代のフランス料理が堪能できます。

Hongkong-Restaurant-Belon

平均予算:ディナー 15,000~20,000円 /「ミシュランガイド香港 2020」1つ星、「アジアのベストレストラン50 2020」No.4、「La Liste 2020」No.458

日本語可!『Belon』をグルヤクで予約する

 店舗情報・予約方法はこちらへ > 

パリよりパリらしいと評判のビストロな雰囲気のなかで堪能するコンテンポラリー・フレンチ

今もっとも勢いのある香港のフレンチの代表格でしょう。

「アジアのベストレストラン50 2019」ではNo.15にランクインし、広東料理の『The Chairman』(No.11)、イタリア料理の『8 1/2 Otto e Mezzo Bombana』(No.12)に次ぐ香港では3番目の好位置につけているレストランです。

キッチンで腕を振るうエグゼクティブシェフは、イギリス出身のダニエル・カルバート氏。

ネオビストロを代表するパリの人気店の一つ『BONES』などで腕を奮った後、2016年に『ベロン』を任された方です。

Hongkong-French-Restaurant-Belon

SOHOのなかでも雰囲気のあるElgin Stなかでも、一際目立つウッディーな外観。

中に入ると、白と青を基調としたインテリアと丸い照明が落ち着いた雰囲気を感じさせてくれます。

そこはまるで知識人や若者たちが集うカフェやバーが多く並ぶパリの一角のよう。

香港にいることを忘れてしまうほどの魅力的な空間づくりに、期待が高まります。

 

・アラカルトでシェアして食べるのが基本。日曜のランチにはコースも

前菜、メイン、デザートというオーソドックスなメニュー構成を解体して、それぞれメニューを選びながら、シェアして食べることを前提としたスタイルのため、アラカルトが中心。

日曜の昼のみ、「WEEKEND LUNCH」でランチコースを提供しています。

料金は、528香港ドル(約7,500円)+サービスチャージです。

 

MICHEL REDDE “LA MOYNERIE”
Pouilly Fumé 2018

ランチですが、この雰囲気に逆らえず、まずはソーヴィニヨンブランの白ワインから。

アミューズとして出てきた、プティシュー。

だと思っていたのですが、イギリスの「Welsh Rarebit」というものだというそうです。

そもそもはカジュアルスナックだそうですが、基本の味はチーズとマスタード。

このBelonバージョンは、48ヶ月熟成のコンテチーズを使ったアップグレード版で、ふわっとした生地のなかに濃厚で深みがある味に仕上げています。

ワインとバッチリ合います。

 

「OYSTER TARTARE」

名物メニューの一つ「牡蠣のタルタル」。空輸される新鮮な福岡産恵比寿牡蠣だそう。

牡蠣の身は細切れにして、オイスタームース、シャロット、チャイブ、レモンジュースなどと混ぜ合わせてています。

オイスタームースの使い方が新鮮なのですが、牡蠣感は薄めなので、苦手な人でも大丈夫な仕上がりですね。

 

「HOMEMADE NATURALLY LEAVENED BREAD WITH SALTED NORMANDY BUTTER」
「“SAUCISSON DE BIGORRE”」

こちらも名物の一つとされるサワードウパン。

ダニエルさんが毎日世話しているというサワードウ種には、大麦や味噌も入っているとか。

バターは、英仏海峡に浮かぶ、ジャージー種の牛の発祥地チャンネル諸島ガーンジー島産。風味豊かで、これも逸品ですね。

ハムは18ヶ月もののVentreche de Bigorre 。

この3つだけでも、いつまでも食べていられそう。

 

「SHIMA AJI “SALADE NIÇOISE”」

シマアジのカルパッチョに目が奪われてしまっていたのですが、下のサラダもよく食べるやつだなぁと考えていたら、思い出しました。

ゆで卵とポテトが印象的なニース風のサラダですね。

 

「’Musquée de Provence’ Pumpkin Scarpinocc」

プロヴァンス産のカボチャをふんだんにつかった冬の逸品。

詰め物のパスタはベルガモ風のカソンチェッリ。

ほうれん草もアクセントに添えられていますが、とにかくカボチャ! な潔いメニューですね。

 

日本語で予約したい場合は、代行予約が便利▽
日本語可!『Belon』をグルヤクで予約する

 

次ページ:フーディたちが「香港一!」絶賛するチキンの丸焼きとは? >

店舗情報、予約の仕方、マップなどはこちら >

 

香港の「ミシュラン」1つ星獲得店を探すなら、こちらの記事がおすすめ▽

 

1

2

関連記事

  1. Tokyo-French-Restaurant-Damme-Janne

    東京・神泉『dame‐Jeanne(ダム・ジャンヌ)』フランス料理 ☆

  2. Siemreap-restaurant-cuisine-wat-damnak

    カンボジア・シェムリアップ『Cuisine Wat Damnak(キュイジーヌ ワット ダムナック)』フレンチ・アジアン・フュージョン ☆

  3. Macu-Guincho-a-Galera

    マカオ『Guincho a Galera(ギンショ ア ガレラ)』ポルトガル料理 ☆

  4. Chiangmai-Restaurant-137PillarsHouse

    タイ・チェンマイの最高級レストラン8選。食通でも満足できるおすすめのトップレストラン [my best+αシリーズ]

  5. Phuket-Bampot

    タイ・プーケット『Bampot Kitchen & Bar(バンポット キッチン&バー)』欧州コンテンポラリー料理

  6. Bali-Sarong

    バリ島スミニャック『Sarong(サロン・レストラン)』アジアン・フュージョン ☆



▽日本国内のレストランのweb予約は、こちらで!▽

海外レストランを日本語で予約したい方におすすめ!

①:グルヤク

 

予約手数料=1人350円~(税抜)
サイトに未掲載のお店もリクエスト可能

②:たびらく

 

予約手数料=1組500円(税抜)
 

空港ラウンジが使えるプライオリティパス付!

 

 

エリアからお店を探す