フィリピン・マニラ『Old Manila(オールドマニラ)』ヨーロピアン・キュイジーヌ

Manila-Restaurant-Old-Manila

世界のVIPたちをもてなしてきた、マニラきっての由緒正しきホテルレストランで感じる新たな風とは?
マニラのトップホテルで初となるフィリピン人シェフをフィーチャー、現地の食材と輸入食材を使い分け、オーセンティックなゲストも新しもの好きも納得させる技術とセンス。
伝統の「ザ・ペニンシュラマニラ」のメインダイニング『Old Manila(オールドマニラ)』の現在を体験してきました。
googleマップで地図を見る 日本語可!『オールドマニラ』をグルヤクで予約する

 

 

伝統と革新を股にかけ、ホテルレストランに新風を吹かせる『オールドマニラ』

「マニラのへそ」というと、やはりマカティになるのでしょうか。新興のグローバルシティもいいですが、マカティは、東京で言えば銀座のような歴史と風格が魅力です。

マニラ最大のショッピングセンターであるグリーンベルトをはじめレストラン、ミュジアム、映画館などが密集し、金融と商業の中心地でもあるこのマカティで、1976年のオープン以降、長い歴史を刻んでいるホテルが「ザ・ペニンシュラマニラ」であることをご存知の方は多いでしょう。

実はこの「ザ・ペニンシュラマニラ」、現在では世界10か所にある「ザ・ペニンシュラホテルズ」のなかでは香港に続き2番目に古い歴史を持つそう。

確かに、一歩館内に入ると広がっている「ザ・ロビー」にも風格が漂っています。伝統的なアフタヌーンティーやブッフェで知られているスペースですが、品の良さと、ほどよい賑やかさが共存した心地よい空間に、南国のコロニアル文化の名残も感じられます。

しかも、マニラの「ザ・ロビー」は、24時間営業だとか。ビジネスと社交の場として愛されてきたことが伺えます。

・「ザ・ペニンシュラマニラ」のシグネチャー・レストラン

さて、このページの本題は、「ザ・ペニンシュラマニラ」のシグニチャーレストラン『オールドマニラ』。ホテルのエントランスから入ると、1階の左側奥にあります。

店内はフィリピンのアーティストによる作品を鑑賞できるインテリアが特徴的で、ホテルとの歴史と共にここで多くのVIPたちをもてなしてきた由緒正しきメインダイニングです。

一方で、この店に興味を引いたのは、歴史あるホテルのメインダイニングでありながら、シェフが変わるごとに店のコンセプトも変わるという臨機応変さを併せ持っていること。

さらに2016年に就任したシェフ、Allan Briones(アラン・ブリオネス)さんは、長い歴史を誇る『オールドマニラ』のなかで、初のフィリピン人だとか。

いったいどんな化学反応が起きているのでしょうか? 興味津々で、3月末に伺ってみました。

・トップホテルとしてフィリピン人初となるシェフは、マルチカルチャーを地で行く国際派

件のアラン・シェフは、アメリカの料理学校で学び、ゴードン・ラムゼイを始めとした著名なシェフを育てたロンドンの伝説的なシェフ、マルコ・ピエール・ホワイトのもとで研鑽を積みます。

その後、ドバイの「インターコンチネンタル・アブダビ」のレストランで腕をふるっていたというキャリア。

(c)The Peninsula Manila

そもそも幼少期をナイジェリアやハワイで過ごした国際派で、料理の道に入ってからも、フランス料理やイギリス料理だけでなく、各国のアジア料理や日本料理まで経験してきたという、ダイバーシティを地で行くバックボーンを持っていることが特徴でしょう。

そんなシェフが、2016年にフィリピンに帰国したのは怪我の治療のためだったそうですが、久々に帰ったマニラに対して「グルメシーンが活気づいていることを感じた」と言います。

まだまだグルメ先進国ほど発展しきってはいないとはいえ、母国のレストランシーンが進化することを確信したシェフがたどり着いたのが、この『オールドマニラ』だったのです。

・季節の素材を取り入れ、そのポテンシャルに合わせて調理法を駆使

多彩なキャリアが示すように、「何らかの料理ではなく、季節の食材をベースにしたメニューを作る」というのが、彼の信条。

その考えを実現するには柔軟性が必要ですが、自ずと革新的なものが生まれる可能性もあるというのが、面白さかもしれません。

それは、最初に出してくれたアミューズ「フォアグラのカナッペ」からも感じられました。

カルパッチョを足しているところが肝でしょう。こんな小品にまで、肉と魚、それらの旨味をうまくミックスさせるというセンスを発揮しています。

続いて出してくれたサラダも大胆。

軸がついたまま、くし型切りにしたロメインレタスを下に起き、緑菜、ハーブ、アボガドのピュレ、ナッツなどを乗せた一品。

サラダですが、野菜のステーキといったイメージにも映りました(肉じゃなくても、焼かないとステーキではないのですが、なんとなくのイメージです)

そして、冷菜は「スズキのカルパッチョ」。

こちらも、様々な食材をあわせた複合的な一皿。

酸味を感じるのですが、調味料を足すのではなく、パイナップルやしめじなどの素材から引き出しているそう。

「私はいつ、どのように食材を使うのかを、料理の種類に応じて決めます」というシェフの言葉が裏付けられています。

シェフ自身は「フレーバープロファイル」という言葉をよく使っていますが、そのプロファイルを研究しているからこそ生み出せる味の組み合わせは、彼ならではの個性だと理解できます。

 

 

次ページ:力強さに溢れたメイン料理へ >

店舗情報、予約の仕方、マップなどはこちら >

 

外国語での予約が面倒な方は、代行予約が便利です。
日本語可!『オールドマニラ』をグルヤクで予約する

1

2 3

関連記事

  1. Taipei-INDULGE-EXPERIMENTAL-BISTRO

    台湾・台北『INDULGE EXPERIMENTAL BISTRO(インダルジ・エクペリメンタル・ビストロ)』ダイニング・バー ☆

  2. Hongkong-Tate-Dining-Room

    香港『Tate Dining Room & Bar(テイト ダイニングルーム&バー)』イノベーティブ ☆

  3. singapore_lesamis

    シンガポール『Les Amis(レザミ)』モダン・フランス料理 ☆

  4. タイ・プーケット『Siam Supper Club(サイアム サパー クラブ)』欧州料理

  5. シンガポール『JAAN(ジャーン)』フランス料理

  6. Singapore-restaurant-Odette

    シンガポール『Odette Restaurant (オデット)』フランス料理

▽海外レストランを日本語で予約したい方は、こちらで!▽

▽空港のラウンジが使えるプライオリティ・パスが付いています!▽

▽日本国内のレストランのweb予約は、こちらで!▽
▽空港のラウンジが使えるプライオリティ・パスが付いています!▽

Foodies Asia Instagram