長野・奈良井『嵓(kura)/BYAKU Narai』創作日本料理

長野・奈良井『嵓(kura)/BYAKU Narai』創作日本料理

 

「アジアのベストレストラン50」でもトップを争う、あの『傳』の長谷川在佑氏が料理監修を務めるのが長野の宿場・奈良井に生まれた『嵓(kura)』。

普段は滞在客のみに提供している、その野心的な料理が週末の昼なら一般客でも味わえます。

長野・奈良井『嵓(kura)/BYAKU Narai』創作日本料理

平均予算:ランチ 3,000~5,000円  

一休で予約する  食べログで予約する

 

 

店の特徴  

日本最長の宿場町として、今もその当時の面影を色濃く残す奈良井宿。

D:\Foodies-Asia\甲信越\長野\中信\塩尻\奈良井\奈良井『kura(くら)/BYAKU Narai』

風光明媚な古い街並みが、国内外の観光客に人気のエリアですが、少しずつ新しい流れが生まれているようです。

その一つが、「約二百年の建物で、百の物語を味わう」をコンセプトに2022年4月にオープンした『BYAKU Narai』。

D:\Foodies-Asia\甲信越\長野\中信\塩尻\奈良井\奈良井『kura(くら)/BYAKU Narai』

4つの蔵を改装し、生まれた全16室の客室は、用途も間取りも異なる4棟の歴史ある建物の構造を活かした個性的で多様。

そういったコンセプトなので、街の景観は全く変えていないところにも、これからの観光のあり方の一つを示しているように思えます。

 

『傳』の長谷川在佑氏による料理監修

滞在する空間だけでなく、提供する食事にもストーリーが込められています

料理監修は、あの『傳』の長谷川在佑氏。

先日、前橋で『フロリレージュ』の川手シェフの監修の『the RESTAURANT(ザ・レストラン)/白井屋ホテル』に伺ったので、こちらも行っておかなくちゃ不公平かな?と。

はい、行くための単なる言い訳です。

近くを通る機会があったので、少し贅沢しようと。

長野・奈良井『嵓(kura)/BYAKU Narai』創作日本料理

もともとの建具などを使いながらモダンにリフォームされたレセプションで、名前を告げ、ダイニングスペースに向かいます。

長野・奈良井『嵓(kura)/BYAKU Narai』創作日本料理

カウンター席とテーブル席があって、カウンター席に腰を下ろします。

借景が旅情を誘います。

食事は滞在者優先で、週末の昼のみ食事客にも開放されています。

「嵓 御膳」(2,900円)がグランドメニューのようですが、「一休レストラン」で偶然ランチコース(5,500円)が出ていたのを見かけて、予約してみました。

このあたりのメニューは流動的かもしれませんので、各予約サイト、オフィシャルwebサイトなどで確認してから、伺ってみてください。

話を戻して、このランチコース、概ね8品の構成のディナーコースから6品をピックアップされたショートコースのようです。

長野・奈良井『嵓(kura)/BYAKU Narai』創作日本料理

机に置かれたメニュー表の裏には、主要な生産者の本拠地がマッピングされています。

周辺120kmくらいにある、信頼できる生産者の食材を使っているとのこと。

メニュー自体は、それぞれののコンセプトが書かれていて、特徴的だと思うので、そちらも紹介していきます。

 

「ここにしかないもの」を追求する料理の数々

まずはドリンクを。

紫蘇ジュース

長野・奈良井『嵓(kura)/BYAKU Narai』創作日本料理

ノンアルのワインやビールはないとのことだったので、紫蘇ジュースで。

ほかにりんごジュース、冷たい紅茶、三年番茶などがあるそうです。

 

清香(せいこう)

旬菜と出汁の邂逅が成す「清香」
まずは心身を清らかに

長野・奈良井『嵓(kura)/BYAKU Narai』創作日本料理

ツートーンカラーのとうもろこし「大和ルージュ」のすり流し。

紅と黄の実が付くそうで、すり流しにしても、ほのかに赤が浮かび上がります。

器は、杉の森の蔵から出てきたもてなし用の器を、平沢地区の職人が塗り直したもの。

 

暮らし

信州の暮らしに馴染み深い
定番料理を「嵓 kura」流に

この日のランチでは、このカテゴリーはスキップ。

 

水明

陽光に輝く「水明」のごとく、
澄んだ水で育った銀体の魚を

長野・奈良井『嵓(kura)/BYAKU Narai』創作日本料理

シナノユキマスと鯉の造り。

ユキマスは溜まり醤油、鯉はニッキ油で味付け。

 

伝承

奈良井の祭りや冠婚葬祭、
大事な食事に供される鯉を「伝承」

鯉は造りで出たこともあって、ここはスキップ。

 

里山

大地の恵みをひとつひとつ
炊き合わせた「里山」の゙野生

長野・奈良井『嵓(kura)/BYAKU Narai』創作日本料理

手前の夏野菜の冷製テリーヌがきれいに映えます。

上には、揚げなす かぶ ビーツ かぼちゃ、右にはブロッコリー、ほおずき 大根など。

人参ソースか、味噌パウダーをドレッシングとして。

 

嵓シシ

古語において肉の意味を持つ「シシ」
命をいただく感謝。

長野・奈良井『嵓(kura)/BYAKU Narai』創作日本料理

「シシ」といメニュー名にイノシシが豚を想像していたのですが、肉料理は、信州プレミアムビーフでした。

3日間ほどかけて低温調理で含め煮のように仕上げていくそう。

付け合わせは、万願寺唐辛子、つるむらさき、里芋。

 

「嵓 kura」のおもてなし「響」
水でつながる土鍋ごはん

長野・奈良井『嵓(kura)/BYAKU Narai』創作日本料理

豚は、こちらで出てきました。

プレゼンテーションで見せてくれた土鍋のオレインポークと大和ルージュの炊き込みご飯。

肉たっぷり。

長野・奈良井『嵓(kura)/BYAKU Narai』創作日本料理

茶碗によそって、再び出してくれます。

漬け物は、きゅうり、みょうが、夕顔。

 

Mizu-Gashi

美味しさも旬も一歩先へ。
「水菓子」を「Mizu-Gashi」に。

長野・奈良井『嵓(kura)/BYAKU Narai』創作日本料理

清水牧場のヨーグルトのアイスクリームとシャインマスカット。

もしかしたらランチですので、カジュアル版かもしれませんので、「一歩先」までいくかどうかはわかりませんが、めちゃくちゃ美味しいコクのあるアイスクリームでした。

 

ランチだけでもおすすめ

奈良井宿の古い町並みの真ん中という立地、リノベートされた心地よい空間、ほど良い距離感のサービス、そしてストーリーとワンアイデアを加えながら、美味しさは決して外さない料理。

一回のランチだけでは「凄み」のようなものまでは感じませんでしたが、非常に納得感のあるコースでした。

木曽福島~奈良井あたりでご飯を食べるとき、蕎麦や郷土料理以外ではイタリア料理の『バーゼ(base)』一択だったのですが、良い選択肢ができたな、と。

「嵓 御膳」でも、秋にはきのこ、冬にはジビエなどの地元食材を取り入れていくとのことなので、季節ごとに訪れるのも楽しいと思います。

 

メニュー

【週末のランチ】
「嵓 御膳」2,900円
「ランチコース」5,500円

メニュー・料金はあくまで参考になります。季節や食材の入荷状況によって変わることを前提にご覧ください

 

予約方法

電話かwebから。 web即時予約は、一休・食べログで受け付けています。

一休で予約する  食べログで予約する

 

「BYAKU Narai」の宿泊を予約する▽

「約二百年の建物で、百の物語を味わう」

そんなコンセプトのもと、4棟の歴史的建造物を御宿にリノベート。

全16室の客室は、用途も間取りも異なる4棟の歴史ある建物の構造を活かした個性的で多様な部屋として、泊るたびに違った物語を体感できます。

長野・奈良井『嵓(kura)/BYAKU Narai』創作日本料理

©一休

長野・奈良井『嵓(kura)/BYAKU Narai』創作日本料理

©一休

Expediaで予約する  るるぶで予約する  一休で予約する  じゃらんで予約する

 

 

店の地図・アクセス

JR中央本線「奈良井駅」より徒歩5分。

 

 

『嵓(kura)』店舗情報

営業時間:ランチ 11:30~14:30(L.O.13:30)
定休日:月~木曜
電話番号:0264-34-3001
住所:〒399-6303 長野県塩尻市奈良井551
オフィシャルwebはこちら

オフィシャルinstagramページはこちら

 

 

関連記事▽

 

 



よく読まれている関連記事

  1. 台湾・台北『鮨隆/Sushi Ryu』寿司

  2. 長野・信濃町『珈琲 占野』喫茶

    長野・信濃町『珈琲 占野』喫茶

  3. 「ミシュラン石川(金沢)2016」寿司(鮨)で星獲得&ビブグルマン掲載の全10店一覧

    「ミシュラン石川(金沢)2021」寿司(鮨)で星獲得&ビブグルマン掲載の全10店一覧

  4. 京都・河原町『たん熊北店 本店(たんくまきたみせ)』懐石・割烹

    京都・河原町『たん熊北店 本店(たんくまきたみせ)』懐石・割烹

  5. 「ミシュラン福岡 2019」フレンチで星獲得&ビブグルマン掲載のレストラン全20店一覧

    「ミシュラン福岡 2019」フレンチで星獲得&ビブグルマン掲載のレストラン全20店一覧

  6. 香川県・高松市『両忘 (リョウボウ)』イタリア料理

    香川県・高松市『両忘 (リョウボウ)』イタリア料理

※本サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています



エリアからお店を探す