東京・根津『味坊鉄鍋荘(あじぼうてつなべそう)』山東料理

tokyo-ajibou-tetsunabe

テーブルに埋め込まれた鉄鍋で煮込む、中国東北地方の郷土料理

人気の神田『味坊』の系列店。オーナーの梁さんが、自らの生まれ故郷・中国黒竜江省の家庭の味わいを伝えたいとつくった店。

本店は、羊肉を中心とした一般的な中国東北料理ですが、こちらの『鉄鍋荘』は、さらに郷土料理の奥深いところへ。鉄鍋料理を提供しています。

tokyo-ajibou-tetsunabe

味の特徴は、発酵食品が多用されていることかもしれません。

昨今、世界的に流行していますね。

ご飯物などはありませんが、煮込んでいる鉄鍋の端などを使って、パンを焼くスタイルも独特です。

Tokyo-Ajibou-Tetsunabe

家庭料理ならではの、こういった文化に触れられることも楽しみの一つでしょう。

 

コース料理がお得

まずは、コース料理がおすすめ。鉄鍋が2つの5,000円のコースと鉄鍋が1つの3,500円のコースがあります。

おすすめなのは、コースだとメインの鉄鍋の煮込み料理だけではなく、毎日10〜12種用意される前菜が楽しめるということもあります。

tokyo-ajibou-tetsunabe tokyo-ajibou-tetsunabe

日本では珍しい、様々な食材を使った家庭料理は、一見の価値アリです。

ちなみに、21時以降は、コース料理でなくても、これら前菜が注文できるようになったようです。

tokyo-ajibou-tetsunabe

リーズナブルな自然派ワインも健在

もう一つ、『味坊』と言えば、自然派ワインなのですが、この『鉄鍋荘』でも、本店と同じリーズナブルさで楽しむことができます。

多少ラインナップは少ないですが、煮込み料理に合うようにセレクトされているとか。

 

メニュー・コース

アラカルト

下記の鉄鍋料理(煮込み料理)は、アラカルトでも注文可。
1人前 980~1,680円(注文は、2名分から)

「红焖羊肉(ホンムンヤンロウ)/ラム肉と大根の醤油炒め煮」
「清炖羊肉(チントゥンヤンロウ)/ラム肉と野菜の塩煮込み」
「排骨炖扁豆(パイコゥトゥンベントゥ)/豚スペアリブといんげんの家庭風煮込み」
「酸菜白肉(スヮンツァイパイロウ)/豚三枚肉と発酵白菜の煮込み」
「水煮鱼(スイジゥユゥ)/白身魚のとうがらし煮込み」
「酸菜鱼(スヮンツァイユゥ)/白身魚と発酵高菜の煮込み」
「笨鸡炖磨菇/親鶏とナラ茸の煮込み」
「得莫利炖鱼/東北風の魚煮込み」

コース

~3500円コース~
前菜5品/煮込み料理1品/饅頭/水餃子・蒸餃子/デザート

~5000円コース~
前菜7品/煮込み料理2品/饅頭/水餃子・蒸餃子/デザート

 

神田の本店『味坊』に関してはこちらを。

 

 

『味坊鉄鍋荘(あじぼうてつなべそう)』店舗情報

営業時間:17:00~23:30、日曜営業
定休日:不定休
電話番号:050-5590-7735
住所:東京都台東区上野1-12-9
オフィシャルfacebookページはこちら

予約に関して

電話かwebにて。webの即時予約は、 トレタから。

店の地図

 

関連記事

  1. 羽田空港国際線ターミナル・レストランガイド。海外グルメ旅の前後に使えるタイプ別厳選12店 [my best+αシリーズ]

  2. tokyo-restaurant-unique

    東京・目黒『restaurant unique(レストランユニック)』フランス料理

  3. Azabujuban-Torihan

    東京・麻布十番『鳥はん 麻布十番店(とりはん)』焼鳥

  4. tokyo-garam-masala

    東京・経堂『ガラムマサラ』インド料理

  5. Tokyo-Shibuya-Katsudon-Zuichou

    煮ないからサクサク! 新感覚の「かつ丼」で一躍人気店になった裏渋谷の『瑞兆』

  6. 東京・代官山『立道屋(たてみちや)』居酒屋

▽海外レストランを日本語で予約したい方は、こちらがおすすめ!▽


予約手数料=1人350円(税抜)
サイトに未掲載のお店もリクエスト可能

予約手数料=1組500円(税抜)

Foodies Asia Instagram

▽空港のラウンジが使えるプライオリティ・パスが付いています!▽

▽日本国内のレストランのweb予約は、こちらで!▽



カテゴリー