タイ・バンコク『Haoma(ハオマ)』コンテンポラリー・インド料理 ☆

タイ・バンコク『ハオマ(Haoma)』コンテンポラリー・インド料理

 

インド料理をベースとしたイノベーティブな料理で、注目が集まっているバンコクの『Haoma(ハオマ)』。
「Farm to Table」をコンセプトに自家菜園で採れた野菜や魚を多用。
オーガニック食材を使った、新しいタイプの自然派&未来派インディアン・レストランに要注目です!

平均予算:ランチ 3,000~5,000円、ディナー 15,000~20,000円  

日本語可!『ハオマ』をグルヤクで予約する

 

オーガニック食材を使ったインド料理の最新スタイル

思っていた店とまったく違っていたのに、結果、素晴らしくクリエイティブな店だったという嬉しい誤算。

正直に告白しますと、そんな経験をしたのが、この『HAOMA(ハオマ)』でした。

日本語のブログで、この店を紹介している記事をいくつか読んだら、自家菜園で育てられるオーガニックな食事が特徴というようなことが書かれていまして。

自然食レストランという言葉も使われていたので、それだけを鵜呑みにして、オーガニックカフェのような料理をイメージし、たまには有機野菜でも食べまくるかと伺ったのです。

実際、店の外に自家菜園はありました。

ところが!

出される料理は、イノベーティブなインド料理。

あらま?!と思いつつも、次々と繰り広げられる皿を、ニコニコしながら食べ進めるという、ことの成り行きです。

店内の装飾にも、緑が溢れています。

さて、勘違いの原因ですが、ちゃんと英語のメディアの記事などでも調べろよ!と自分自身にツッコミを入れるべきでもあるのですが、そもそもランチとディナーは、かなりテイストが違うようです。

土日にやっているランチはオーガニック・カフェ・テイスト。で、ディナーは、作り込んだデギュスタシオン・コースという展開。

いずれにせよ、下調べは重要ですね……。

 

・3種のコースのディナーメニュー。ランチはセットメニューかアラカルトで

さて、件のそのメニューです。

ディナーは、3種。「13 Course Tasting Menu」2,890THB(約10,000円)、「9 Course Tasting Menu」2,390THB(約8,500円)、「Vegetarian menu」2,890THB(約10,000円)。

ランチセットは、「Flexible lunch」と名付けられていて、「3 Course」999THB(約3,500円)、「4 Course」1,250THB(約4,500円)と価格帯がかなり変わるので、内容もまったく違うものなのでしょう。
クドいですが、そこで勘違いしたようです。

今回は、「9 コース・テイスティング・メニュー」をご紹介します。

ワインはグラスで。だいたいグラスで400THB(約1400円)くらい。タイ価格で、ちと高いとは思います。

結構セレクトは凝っているようで、今ではつくっていないオーガニックのフランス産のシャルドネ。

 

「Galauti cornets」

まずはアミューズ。

Galautiとはインド料理でミックスケバブ的なものなのですが、それが中に詰まったコーン仕立て。

マッシュルームクリームが印象的で、結構スパイシーなのですが、ゆずで香り付けをしているところなどが今っぽいと思います。

 

「Oyster & Corn Tartar」

前菜ですが、シグネチャーディッシュとのこと。

牡蠣と季節の魚のタルタル、固形化したコーンスープで挟んでいます。

 

「Golgappa」

インドでは一般的なパンケーキの一種。

中はマッシュポテト、グリーンピースがベースで、タマリンド、ミントなどで味付けしています。

薬瓶に入ったのは、マンゴーウォーター。

 

「Tomato mist」

 

自家菜園で採れたトマトをいくつかのバリエーションで表現したミスト。

ゼリー状のものとスープは、トマトのグルタミン酸から。

キュウリのソルベにかけていただきます。

ここまで見ていただければおわかりのように、現代的なスタイルの中に、インド料理のエッセンスが詰まったテイストです。

この分野はバンコクでは『ガガン』が有名ですが、ここ『ハオマ』はそれほどモラキュラー(分子料理)のエッセンスは強くなく、イノベーティブでありながら自然派なスタンス。

それがかえって現代的とも言えます。

比べて見るなら、クアラルンプールの『ナドディ』などのほうが近いイメージです。

さて、コースの後半はどうなのでしょう?

 

外国語での予約が面倒な方は、代行予約が便利です▽
日本語可!『ハオマ』をグルヤクで予約する

 

 

 

・インド料理を脱構築したメインの皿々へ

前半で、コースのテイストがわかってきたので、グラスワインは、ロゼに。

エスニックで、どんな料理が出てくるかわからないときは、やはりロゼが無難だと思っています。

 

「The disappeasring duck」

手前がダックのウィング。奥には、スティッキーライス。

要はチキンカレーですね。

中央のカレーのムースがダック型にかたどられているのですが(かわいい)、カレーを流し込んでいきます。なので「消えていくダック」。軽いユーモアですね。

 

「Haoma in a bite」

一口サイズのちょっとした口休め的な皿ですが、店のコンセプトが詰まっています。

店内で育ててる魚を、軽くい酢締めし、これまら店内の菜園で採れる水菜とワサビともに。

 

「Farmers Fuel」

ナスの付け合せ、マンゴーのピクルス、トマトチャツネをインド流のパンとともに。

インドの農村の風景をイメージしたということでしょうか。

 

「Me in Bowl」

メインはカレーだったのですが、これもちょっと凝ったもの。

バターチキンカレーをフローズン状にしています。

ナンもフリットっぽい感じで面白い食感。

 

「Nadia」

オーナーの名が冠せられたシグネチャーデザート。

ホワイトチョコをベースに、チェリーのソルベ、ラズベリー、点在するバラのジャムが香りを引き立てます。

宝飾品のデザインのようですね。

 

「Petit Four」

お茶と伝統的なスナックにインスパイアされた小菓子で〆です。

 

・まだ珍しい「Farm to Table」をコンセプトにしたクリエイティブダイニング

これも行ったあとでわかったことですが、バンコク内ではかなり注目されているレストランのよう。

『BK Magazine』の「Top Tables 2019」には、しっかりとNo.13にランクインしていました。

今後、国際的にどれくらい知名度を上げていくかは未知数ですが、「ファーム・トゥ・テーブル」をイノベーティブなダイニングでやっているインド料理は、それほど聞かないので、注目しておいて損はないでしょう。

実際、「Haoma(ハオマ)」という店名自体、古代の人々に崇められた神の植物から取られたそう。

都市のレストランでありながら、自然へ敬意を払いたいという意志の表れは、気持ちよく受け止められます。

店の雰囲気では、夜はかなりムーディーな雰囲気なので、基本的にはデート向きですね。

そこも、ちょっと間違えた感があったのですが、美味しくて楽しかったので、すべてOKです。

 

 

 

『Haoma』のインスタ最新投稿をチェック 

▽インスタグラム最新投稿(#タグ付けされた投稿です)
[elfsight_instagram_feed id=”24″]

 

オフィシャルinstagramページはこちら

『Haoma(ハオマ)』店舗情報

予算:ディナー 1,500~2,000タイバーツ(5,000~7,000円)
営業時間:<火~金曜>18:00~23:00、<土・日曜> 11:30~15: 00、18:00~23:00
定休日:月曜
電話番号:+66 2 258 4744
住所:231/3 Sukhumvit Rd, Khwaeng Khlong Toei Nuea, Khet Watthana, Krung Thep Maha Nakhon
オフィシャルwebページはこちら

予約に関して

予約は電話か、オフィシャルwebから(タイ語・英語)。
日本語で予約したい場合は、代行予約が便利です。

日本語可!『ハオマ』をグルヤクで予約する

店の地図

 

 

よく読まれている関連記事

  1. 東京・銀座『Il Ristorante – Luca Fantin(イル リストランテ ルカ ファンティン)』イタリア料理

  2. フィリピン・マニラ『オールドマニラ(Old Manila)』ヨーロピアン・キュイジーヌ

    フィリピン・マニラ『Old Manila(オールドマニラ)』ヨーロピアン・キュイジーヌ

  3. フィリピン・マニラ『メチャウマ(Mecha Uma)』ジャパニーズ・フュージョン

    フィリピン・マニラ『Mecha Uma(メチャウマ)』ジャパニーズ・フュージョン ☆

  4. シンガポール『マ キュイジーヌ(Ma Cuisine)』フランス料理

    シンガポール『Ma Cuisine(マ キュイジーヌ)』フランス料理

  5. 香港『口利福/Ho Lee Fook(ホウリーフック)』グローバルチャイニーズ

    香港『口利福/Ho Lee Fook(ホウリーフック)』グローバルチャイニーズ ☆

  6. bangkok-restaurant-saawaan

    【バンコク】国際的評価もおしゃれさも抜群のコンテンポラリー・タイ・キュイジーヌ(現代タイ料理)。今行くべきレストランを厳選12店 [my best+αシリーズ]



海外レストランを日本語で予約したい方におすすめ!

予約手数料=1人350円~(税抜)
サイトに未掲載のお店もリクエスト可能です

 

 

エリアからお店を探す