フィリピン・マニラ『Toyo Eatery(トーヨー イータリー)』コンテンポラリー・フィリピン料理 ☆☆

Manila-Restaurant-Toyo-Eatery

「マドリッド・フュージョン マニラ」の開催など国ぐるみで食に力を入れている影響もあるのか、フィリピン、とくにマニラの食がどんどん進化しています。そういったバッグボーンのなかで、新世代の躍進を象徴する店の1つが、この『Toyo Eatery(トーヨー イータリー)』。伝統の味にリスペクトを払いつつ、これまでなかったくらいコンテンポラリーなプレゼンテーションをフィリピン料理で実現。アジアのベストレストラン50」の2018年度で注目すべきレストラン「one to watch award」を受賞した、ノリにノッてるフィリピンの新鋭に迫ります!
googleマップで場所を見る

イノベーティブの力を追い風に、フィリピン料理を新たな次元に進める新鋭

2017年に自分が出会ったレストランでは、タイ・バンコクの『GAA』、台湾・屏東の『AKAME』とともに3本の指に入る驚きを感じたレストランでした。

「マニラもこんなすごいことになってるのか!?」というのが率直な感想です。

端的には、ニュー・ノルディック・キュイジーヌ以降のフィリピン料理の現在形とでも言えるのでしょうが、『トーヨー イータリー』を体験したことによって、この北欧からの風が世界に果たした影響というのを理解できました。

そんな話はさておき、さっそくレポートにいってみます。

場所は、マカティのはずれ、空港の2kmほど北側の「Karrivin Plaza」内にあります。新しいレストランコンプレックスですが、メトロ「Magallanes」駅からであればタクシーで5分弱、徒歩で20分、マカティの中心部からであればタクシーで20分程度の場所なので、アクセスはそれほど良いとは言えないですね。

Manila-Restaurant-Toyo-Eatery
駐車場を奥にどんどん進むと、レストランやカフェが連なるエリアが見えてきます。店の前まで行くと、看板代わりにコンクリートの打ちっぱなしに刻まれたロゴに、目が留まります。

クリスマスシーズンだったので左下の「O」はリースになっていました。このあたりのディテールにまで気を配られた店だということがわかり、一安心。

Manila-TOYO-Eatery
実は、この店を選んだのは、かなり直感に頼っています。

マニラでは断トツのお気に入り『ギャラリー・ヴァスク』とコラボレーションしていたのを、fbの投稿で見ただけで、何か匂う、だったら行ってみた方が早いと、あまり前知識なしに訪れたのでした。

 

中に入ると、4人がけテーブルが並ぶダイニング・エリアの奥に、10人がけ程度の大きなテーブルが存在感を示すコーナーもあります。2階には個室もあるとのことです。

大テーブルに案内されると、そこはシェフズテーブルでした。

Manila-Restaurant-Toyo-Eatery

奥には、メインのオープンキッチン、横にはパティスリー用のオープンキッチン。まさに目の前で料理がつくられていきます。

この店内の構造に関しては、やはり多少なりとも『noma』に影響を受けているのでしょうか。

メニューは、大きく分けて2つ。3皿前後の「ショートコース」と、10皿前後の「デグスタシオンコース」。

その日はそれぞれ、1,000フィリピンペソ(約2,500円)と2,900フィリピンペソ(約7,250円)です。

それほど高くはないので、迷わず「デグスタシオンコース」を選択。メインはビーフかポークか選べたのですが、私にとってフィリピンは豚が美味しい国なので、そちらにしました。

ドリンクは、ビール、カクテル、ワイン、ノンアルコールなど満遍なく揃っています。メニュー名だけでは、どんな料理が出てくるかわからなかったので、シンプルなカクテルから始めます。

Manila-TOYO-Eatery

シンプルに素材のポテンシャルを生かしつつ、アイデアを加えた料理の連続

「Start」。アミューズですね。マカロンかとも思ったのですが、もう少しモチッとした食感。サービスマンがていねいに、「フィリピン伝統の味を新しいかたちにしたもの」と説明してくれます。

少し甘みの入った味やエディフルフラワーが南国感満載。このアミューズは、当分変わらないそうなので、何味かは自分で確かめてみてください。

次は「貝」。殻がかぶされた形で運ばれてきます。


貝をはずすと、珊瑚に囲まれた盛り付けで身が出てきます。


貝から出るスープを使ってシンプルに煮たやさしい味わい。

魚醤ベースの野菜の煮物も添えられ、こちらもホッとするやさしさ。

次は「魚」。


アジ系の小魚のから揚げで、ドライトマトとチリのパウダーが味にも見た目にも効いています。

このあたりから中盤戦でしょうか。続いて「烏賊」。

Manila-Restaurant-Toyo-Eatery
中には酢飯が入っていて、サービスマンも「SUSHIです」と説明してくれました。

口に入れてみると、「鮓」と書いた方が正確な味わい。暑いフィリピンでは、保存効果のために伝統的に酢が多用されるのですが、現地の強めの味のその酢と発酵を利かせた烏賊は、少しドロッとした強い味で、熟れ鮓にも似た印象を受けました。

続いて「海老」。これも米を使った料理で、リゾットですね。

Manila-Restaurant-Toyo-Eatery
海老を中心に搾り出された、フレンチで言えばビスクのようなニュアンスで、濃厚!

そして、ここにもパンチの利いた酢が使われ、独特の味に仕上がっています。

そして「鮑」。蒸し物です。

Manila-Restaurant-Toyo-Eatery
瓜系の野菜のピクルスが挟まれたところに、これまたフィリピンらしさを感じます。

 

次ページ:クライマックスに現れるフィリピンらしさ! >

店舗情報、予約の仕方、マップなどはこちら >

 

外国語での予約が苦手な方は、予約代行サービスの利用が便利。

1

2

関連記事

  1. Kuala-Lumpur-Nadodi

    マレーシア・クアラルンプール『NADODI(ナドディ)』イノベーティブ・インディアン ☆☆

  2. Taipei-Restaurant-Leputing

    台湾・台北『楽埔町/Leputing(ラプティン)』フレンチ&アジアン・フュージョン ☆

  3. Shanghai-Speak-Low

    中国・上海『Speak Low 彼楼(スピーク ロー)』バー ☆☆

  4. manila-Mamou-Too

    フィリピン・マニラ『Mamou Too(マモウ トゥー)』ステーキ ☆

  5. インド・ニューデリー『Indian Accent(インディアン・アクセント)』モダン・インド料理 ☆

  6. Taipei-Gen/Roots Creative

    台湾・台北『Gen/Roots Creative(ゲン/ルーツ・クリエイティブ)』ニュー・アメリカン料理 ☆