【ニュース】「アジアのベストレストラン50 」佐賀県での開催を中止。新型コロナウィルスの影響で

 

25日午前に佐賀県は、新型コロナウィルスの影響で「アジアのベストレストラン50 2020」の佐賀県での開催中止を発表。
主催者からは、授賞式はオンラインセレモニーに切り替えると告知されています。

 

夕方あたりから報道が走っていますが、各社の記事はこんな感じです。

佐賀新聞

SAGA TV

 

日経新聞

 

前夜祭的に、3月21・22日に武雄市で開かれる予定だった「TAKEOアジアンフード&マーケットFESTIVAL」も21日は中止を発表していたので、悪い予感はしていたのですが。

 

 

別候補地開催ではなく、オンラインでの授賞式に変更が告知

主催者の英ウィリアムリード社は、先週末に中止を打診していたよう。

正確に言うと、中止ではなく、オンラインセレモニーに切り替えることがSNSで告知されています。


オンラインセレモニーって、無観客試合みたいな感じなんでしょうか。

スタジオ収録とか。

あるいは、シェフも含めて参加者無しで、ランキングを発表する映像を流すということでしょうか。

まあ、当日を楽しみに待つことにします。

 

 

 

ちなみに①

佐賀での中止を最初に知ったときには、勝手に代替案はどうなるのだろう?とか考えていました。

余計なお世話ですが。

開催の3月24日までまだ1ヶ月あるので、代替地でやれるのかな?

でもアジアだから、多かれ少なかれ影響のある場所ばかりだよな、とか。

なんとか延期にならないかな?とか。

でも、そんな簡単なことではなかったようです。

 

ちなみに②

「アジアのベストレストラン50」のランキングの結果は大手ニュースメディアでも報道されるようになってきましたが、こういう突発的な事故が起こると、ディテールにいろいろ興味深い情報が出てきたりします。

私が気になったのは、日経新聞の記事のこの部分。

佐賀県は約9400万円の予算を組み、有田焼などの食器や県産品を売り込む準備を進めていた。県によると、このうち開催地負担金として約5500万円をリード社に支払っているが、その対応は今後話し合う。

日経新聞より

開催地負担金って、約5500万円なんだ? 思ってたより安いな、と感じたのは私だけでしょうか。

誘致活動の難易度がどれくらいのものかは図りかねますが、これくらいの予算だったら、東京だったら区レベルで組めそうな気がします。

これを知って、来年以降の主催地に立候補する自治体が出てきたりして。

それはそれで、活性化として良いことだと思います。

 

ちなみに③

既に発表されている部門賞は、

「Icon Award」は、村田吉弘氏(『菊乃井』)が受賞

昨年の『日本料理 龍吟』山本征治氏に続き2年連続で和食から。

「Best Female chef」は、韓国のチョー・ヒスク(『韓食空間(ハンシクゴンガン)』)が受賞。

 

昨年のランキングの復習はこちらから!

 

 

関連記事

  1. Hongkong-Chairman

    世界のレストランランキングOADによる「アジア・レストラン 2020」TOP100+が発表

  2. La-Liste-TOP1000

    「La Liste 2018」のTOP 1000ランキングからアジア各国の「食いしん坊度」を試算 Pt.1

  3. OAD-2018-TOP200-Restaurants

    世界のレストランランキングOADによる「アジア・レストラン 2018」TOP200が発表

  4. Statistics-Asias-50-Best-Restaurants

    食通はバンコクへ急ぐ!? 数字で紐解く2018年度「アジアのベストレストラン50」

  5. taichung_lemout

    海外レストランの探し方。どのメディアが信頼できるか、経験を元に考えてみました

  6. Asia's-50-Best-Restaurants-2018

    2019年度「アジアのベストレストラン50」の全リスト掲載・全店紹介!『オデット』がNo.1



▽日本国内のレストランのweb予約は、こちらで!▽

海外レストランを日本語で予約したい方におすすめ!

①:グルヤク

 

予約手数料=1人350円~(税抜)
サイトに未掲載のお店もリクエスト可能

②:たびらく

 

予約手数料=1組500円(税抜)
 

空港ラウンジが使えるプライオリティパス付!

 

 

エリアからお店を探す