[2018年度最新版] アジアの最優秀女性シェフ歴代受賞店に全部行きたい!

Asia's-Female-Best-Chefs

2013年から始まった「アジアのベストレストラン50」も’18年で6回目。
スタート当初からある特別賞「最優秀女性シェフ」受賞店を一気に紹介します!

ベスト女性シェフ受賞店を全店制覇!

ベストレストラン50には、いくつかの部門賞があるのですが、その中で個人的に好きなのが、「one to watch(ランク外だけれども、今後注目すべきお店)」とともに、この「best female chef(最優秀女性シェフ)」です。

女性シェフというカテゴリーをつくるのに、異論を唱える方も少なくないとは思いますが、私がこの部門賞が好きなのは、ベスト50ランク外から受賞することも多い、すなわち、人気投票であるベスト50ランキングとは違った視点でアジアの注目店を知ることができるからです。

並べてみると、中華圏かタイとフィリピンの東南アジアのシェフが占めています。女性が働くことが当然だった文化的背景もあるのでしょう。

 

2018年受賞:ビー・サトンガンさん from バンコク『paste(ペースト)』

本年度、2018年の受賞者は、バンコクのモダンタイ料理『ペースト』のシェフを務めるビー・サトンガンさん。

『ボラン』のドゥアンポーン・ソンヴィサヴァさんに続き、2人目のタイ料理からの受賞となりました。

bangkok_paste

彼女の特徴は、自身も語っているように、伝統的なタイ料理の味を最大限にリスペクトしながら、モダンなプレゼンテーションと両立させていることでしょう。

基本的には、優しい味です。
日本語可!『ペースト』をグルヤクで予約する

 

『paste(ペースト)』店舗情報

bangkok_paste

営業時間:ランチ 12:00~14:00、ディナー 18:30~23:00 定休日:日曜
電話番号:+66 2 656 1003
住所:3rd. fl, Gaysorn Shopping Centre 999 Ploenchit Road, Lumpin, Bangrak, Bangkok

 

2017年受賞:メイ・チョウさん  from 香港『Littile Bao(リトル・バオ)』

部門賞を含めた、「アジアベストレストラン50」のなかで、もっとも驚いたのが、ベスト女性シェフのこのメイ・チョウさんでした。

彼女は、香港とバンコクに2店舗を展開する『リトル・バオ』を率いるシェフです。

なぜ意外だったかというと、ハイエンドなコースを提供するレストランではなく、中華風蒸しパンをバーガーにしたメニューがシグネチャー。

そして、キューピーちゃんのようなキャラを前面に押し出した、アメリカン・ポップなスタンスが特徴のお店だからです。

香港の本店には、タイミング合わなくて行けなかったのですが(でも、前を通ったら、満席で入る余地はなさそうでした)、2月下旬、バンコク店で件の『バオ・バーガー』を楽しむことができました。

具は、「ポークベリー(豚バラのトンポーロー)」や「魚の天ぷら」など約4種のバリエーションがありますが、この日選んだのは、「四川風チキン」。と、淡々と書き進めてしまいましたが、これが本当に面白いものでした。

Hongkong-Littele-Bao

蒸しパンと具のバランス、そして複雑に絡み合むその他の具材やソース。中華とも洋食とも割り切れない小宇宙が、この小さなバオの中に詰まっています。

イノベーティヴなレストランが、合間に挟むユーモアの利いた一品が切り出されたようなイメージです。

Hongkong-Little-Bao

デザートは、アイスクリームを挟んだ”揚げバオ”。

メディアでの発言などを調べてみると、イノベーティヴ中国料理の先駆者『Bo Innovation(ボ・イノヴェイション)』や新感覚の焼き鳥店『Yardbird(ヤードバード)』などをリスペクトしているとのこと。それを知ると、「道理で」と彼女の料理の面白さに膝を打ちました。

Hongkong-Little-Bao

ドリンクはカクテルが中心。アメリカン・クラシックなものから『HK to BKK』(写真)といったオリジナルレシピまで多種にわたります。

ストリート・カルチャーを出発点にガストロミーを経由し、アメリカン・ポップなテイストでパッケージする――そんなセンスと才能が彼女の真骨頂のよう。

日本への出店も既に計画に入れていると公言していますので、これからも要注目のシェフです。

『Littile Bao(リトル・バオ)香港』店舗情報

営業時間:<月~金>18:00~23:00 <土>12:00~16:00、18:00 – 23:00 <日>12:00~16:00、18:00 – 22:00 定休日:無休
電話番号:+852-2194-0202
住所:66 Staunton Street, SoHo, Hong Kong

 

 

2016年受賞:マルガリータ・フォレスさん from マニラ『Cibo(チボ)』『Lusso(ルッソ)』etc

2017年の『リトル・バオ』のメイ・チョウさんの受賞を驚いたと書いてしまいましたが、実はその流れはこの2016年から始まっていたのかもしれません。受賞者はフィリピンのシェフ、マルガリータ・フォレスさん。

アーティスティックだったり、職人的だったりするシェフとは異なり、プロデューサー的なセンスに長けたシェフだという印象を持っています。

そんなところまで、目配せをしているのんだ?と、アジアベストレストラン50の審査基準に、若干の驚きを隠せずにいました。

マニラに滞在する機会があったので、彼女の店の一つ『LUSSO(ルッソ)』を訪れてみました。

マカティ・エリアにある商業施設「グリーンヴェルト」内にあるこのイタリアン。小ぢんまりしてはいますが、庭園を望むオープンエアのテラスもあり、開放的な雰囲気が印象的です。

Manila-Makati-Restaurant-Lusso

パスタやサラダなど、一通り味わってみたところ、けれんみのないシンプルな味付けが好印象です。

二度のがん治療を克服した彼女。本人が語っていることによると、その闘病を経験したことにより、オーガニック食材の重要性を実感し、それらを各店舗で実践しているとのこと。その食材の良さも実感できました。

Manila-Makati-Restaurant-Lusso

マサチューセッツの大学で国際経済学、会計学を学び、アメリカと香港の企業数社で働いたキャリアウーマンだったフォレスさん。

その経験が生きているのでしょう、ケータリングや料理教室からスタートした料理のキャリアも順調です。

最初にオープンした『CIBO』ブランドは、現在10店舗を展開。カフェ『GRACE PARK(グレース・パーク)』、高級ラインの『LUSSO(ルッソ)』『Alta(アルタ)』をはじめ、食材やコンセプトレストランなど、現在10のブランドを運営。

フィリピンにイタリア料理を根づかせた立役者です。

『LUSSO(ルッソ)』店舗情報

Manila-Makati-Restaurant-Lusso
営業時間:11:00~24:00 定休日:無休
電話番号:+63 2 756 5893
住所:Ground Floor, Greenbelt 5, Legaspi St., Legazpi Village, Makati, Manila
オフィシャルwebサイトはこちら

 

2015年受賞:ヴィッキー・ラウさん from 香港『Tate Dining Roomテート・ダイニング・ルーム)』

実はこれ以前の2年は、ベスト50のノミネート店の中から受賞していたのが、この年に受賞したヴィッキー・ラウ氏から、ベスト50以外からセレクトされています。

その意味で「one to watch」とともに、ベスト50には入っている超人気店・実力店とは少し違った視点で、新たな注目店を見つける楽しさがあります。

Hongkong-Tate-Dining-Room
フレンチをベースに、中華や和のエッセンスをクロスオーバーさせたという彼女の料理。

2017年前半には、広いスペースに移転し、店としてさらなる飛躍を果たしています。

 

『Tete Dining Room』店舗情報

Hongkong-Tate-Dining-Room
営業時間:19:00~1:00 定休日:日曜
電話番号:+852 2555 2172
住所:210 Hollywood Road, Sheung Wan, Hong Kong

 

2014年受賞:ランシュー・チェンさん from 台中『Le Mout(ル・ムー)』

このアジアン・ビューティーなチェンさんですが、美しすぎる女性シェフという以前に実力派シェフとして捉えるべき存在。

彼女がシェフを務める『Le Mout』はアジアのベストレストラン50には、2014年のNo.24にノミネートして以降、’15年はNo26、’16年はNo. 30、’17年はNo.28とコンスタントに評価され続けているフランス料理店です。


華やかでありながら、モダンフレンチを体現した凛とした料理が印象的でした。

taichung_lemout
この店がある台中市は、台湾第三の都市ではありますが、豊かな歴史文化と自然、そしてアートなどに溢れた街。美食都市でもあるこの街の食文化を、フランス料理として担っているクオリティを誇っています。

 

Le Mout』店舗情報

taichung_lemout
営業時間:11:30~15:30、18:00~22:30 定休日:月・火曜
電話番号:+886 4 2375 3002
住所:59, Cunzhong St., Taichung 403, Taiwan

 

 

2013年受賞:ドゥアンポーン・ソンヴィサヴァさん from バンコク『Bo.Lan(ボラン)』

最後になりましたが、栄えある第一回の受賞シェフは、バンコク『ボラン』のソンヴィサヴァさん。

かのモダンタイ料理の名店『ナーム』で研鑽を積み、パートナーであるオーストラリア出身のディラン・ジョーンズさんと共同シェフを務めています。
タイ・バンコク『nahm(ナーム)』の記事はこちら

bangkok_bolan

徹底的に伝統的、古典的なタイ料理にこだわりながら、アイデアやプレゼンテーションの新鮮さが特徴と言えます。

バンコクの中でも閑静な住宅地トンローの一軒家でゆったりと楽しめる雰囲気も店としての魅力でしょう。

さらにカーボンフリーにも取り組んでいて、2018年までにはゼロカーボンを実現する予定とのこと。料理や雰囲気、姿勢など非常にバランスの取れたオススメ店です。

日本語可!『ボラン レストラン』をグルヤクで予約する

 

『Bo.Lan(ボーラーン)』店舗情報

bangkok_bolan
営業時間:ディナー 18:00~22:30(L.O.)、ランチ(土日のみ) 12:00~14:30(L.O.) 定休日:月
電話番号:+66(2) 260 2961
住所:House number 24 Soi Sukhumvit 53 (Soi Pai dee ma dee) Klong Toey Nua Wattana Bangkok

 

 

 

関連記事

  1. OAD-2018-TOP200-Restaurants

    世界のレストランランキングOADによる「アジア・レストラン 2018」TOP200が発表

  2. Asias-50-Best-Bars

    「アジアのベストバー50」2018年度にランクインしたバーの国・都市別リスト

  3. bestchefaward2017

    「The Best Chef Award 2017」が発表! アジアからノミネートされたレストランを一挙紹介

  4. Noma-Movie

    『ノーマ、世界を変える料理』(2015年)[フーディーズ・シネマ・クラブ]

  5. World-50-best-restaurants

    速報!2018年度「世界のベストレストラン50」、No.100までにランクインしたアジアの店をピックアップ

  6. Singapore-Cocktail-Bar-Native

    「世界のベストバー50」2018年度発表。best 100にランクインしたアジアのバーを国・都市別にリストアップ