【2019年度最新版】アジアのベストレストラン50「注目のレストラン賞」歴代受賞店に全部行きたい

Taichun-JL-STUDIO

「アジアのベストレストラン50」2年目の2014年から始まった「one to watch award」も今年で6回目。
日本語では「注目のレストラン賞」と訳されるこの部門賞は、近い将来トップ50リストにランクインする可能性が最も高いレストランが選出されます。
2019年度は台湾・台中の『JL Studio(ジェーエルスタジオ)』が受賞。
最優秀女性シェフと並んで、通常のランキングとは異なる視点で選ばれるところが面白いこの賞、歴代受賞店をすべてご紹介します。

 

アジアのベストレストラン2019の全結果はこちら

 

アジアのベストレストラン「注目のレストラン賞」受賞店を全網羅!

3月12日に発表されたアジアのベストレストラン50の部門賞「One To Watch Award・(注目のレストラン賞)」の受賞店は、台湾・台中にある『JL Studio』

現代的なシンガポール料理店ですが、私が2018年に訪れたお店のなかで、もっとも新鮮な風を感じたレストランなので、個人的にも嬉しい受賞です。

OneToWatch2019

 

「アジアのベストレストラン50」のなかでは「最優秀女性シェフ」とともに異彩を放つ、この「注目のレストラン賞」。

アカデミーによる投票で選ばれるランキングとは違った視点でのアジアの中での新鋭を知ることができるので、新しもの好きの方はとくに注目しておいて損はないアワードだと思います。

このページでは、現在までの受賞店すべてをご紹介します。

 

 

2019年受賞店:台湾・台中『JL Studio(ジェーエル・スタジオ)』

Taichun-JL-STUDIO

『JLスタジオ』のシェフ、ジミー・リムはシンガポール出身。

昨年惜しくも閉店した台中のフランス料理店『Le Mout(ル・ムー)』で7年間研鑽を積んだ後、カリフォルニア州ナパバレーにある『The French Laundry(フレンチ・ランドリー)』やニューヨークの3つ星フレンチ『Per Se(パーセ)』、コペンハーゲンの『Noma(ノーマ)』や『Geranium(ゲラニウム)』で世界に通用する料理の腕を磨き続けました。

そして、2017年に台中で『JLスタジオ』をオープン。

Taichun-JL-STUDIO

リム氏が選んだスタイルは、出身地であるシンガポールに古くから伝わるメニューを、現代的な解釈で提供することでした。

同氏の手による「Mod-Sin(モダンシンガポール)」と称される料理は、伝統的シンガポール料理を、プログレッシブなアプローチで成就した料理ですが、シンガポール現地でもこのスタイルを貫くレストランは珍しい存在です。

日本語可!『JL スタジオ』をグルヤクで予約する

 

当サイトでの『JLスタジオ』の記事はこちらへ。

 

『JL Studio 現代新加坡料理(ジェーエル・スタジオ)』店舗情報

平均予算:5,000~7,000TWD(約18,000~25,000円)
営業時間:18:00-22:30 定休日:月曜
電話番号:+886 4 2380 3570
住所:台中市南屯區益豐路四段689號
オフィシャルFacebookページはこちら

Taichun-JL-STUDIO

店の地図

 

 

2018年受賞店:フィリピン・マニラ『TOYO Eatery(トーヨー・イータリー)』

2017年にこの店に出会ったときの率直な感想は、「マニラもこんなすごいことになってるのか!?」という驚きでした。

端的には、ニュー・ノルディック・キュイジーヌ以降のフィリピン料理の現在形とでも言えるのでしょうが、『トーヨー イータリー』を体験したことによって、この北欧からの風が世界に果たした影響というのを理解できました。

ニュー・ノルディック・キュイジーヌ以降と書きましたが、オーナーシェフのジョーディ・ナバラ(Jordy Navarra)氏は、正確に言うと、その流れと並行して歩んできたキャリアのようです。

イギリスの伝説的レストラン『ザ・ファット・ダック(The Fat Duck)』で修行した後、香港の『ボー・イノベーション(Bo Innovation)』で研鑽を積み、2014年マニラに『ブラック・シープ(Black Sheep)』のシェフを経て、この『TOYO EATERY』をオープン。

Manila-Restaurant-Toyo-Eatery

それはともかく、ニュー・ノルディック・キュイジーヌにしろ、イノベーティブにしろ、とかくテクニックの話になりがちです。美味しいのは当たり前として、これはどうやってつくったんだろう?というようなことに目が行きがちです。

でも、この『TOYO』でコースを食べて気づいたのですが、それは側というか器でしかないんだということです。それだけにかえって、何を伝えたいかというメッセージや気持ちが強くないとうわべだけのものになってしまいます。

 

日本語可!『Toyo eatery』をグルヤクで予約する

 

当サイトでの『TOYO Eatery(トーヨー・イータリー)』の記事はこちらへ。

 

Toyo Eatery(トーヨー イータリー)』店舗情報

営業時間:ディナー 18:00-23:30
平均予算:5,000~10,000円
電話:+63 91 7720 8630
住所:Ground Floor, Karrivin Plaza, 2316 Chino Roces Avenue, Magallanes, Makati City
オフィシャルFBページはこちら

Manila-TOYO-Eatery

店の地図

 

2017年受賞店:韓国・ソウル『TocToc/톡톡(トク トク)』

2013年4月にソウルの狎鴎亭(アックジョン)にオープン。

アッと言う間に、韓国内の旬の食材の魅力を引き出した料理を提供する店として、評判となっていたのですが、その名を国外にも轟かせたのが、2017年春のことでした。

それが、この「注目のレストラン賞」受賞だったと言えるでしょう。

もともとシェフのキム・テチュンさんは音楽家としてのキャリアを積むために来日したのですが、日本滞在中に料理の魅力に目覚め、料理専門学校に入学。

その後、『ランベリー』などのフランス料理をはじめイタリア料理、日本料理の一流店で様々な料理技術を身につけたとか。

seoul_restaurant-toctoc

ここからは料理を味わった上での憶測ですが、日本での経験から技術だけでなく、食材を活かす術を身に付けたのでしょう。

韓国国産の食材を活かしながら、コンテンポラリーな料理に仕上げるの真骨頂です。

 

日本語可!『トクトク』をグルヤクで予約する

 

当サイトでの『TocToc』の記事はこちらへ。

 

『TocToc/톡톡(トク・トク)』店舗情報

seoul_restaurant-toctoc

平均予算:8,000~15,000円
営業時間:ランチ <火~日>12:00~15:00(L.O.14:00)、ディナー <火~土>17:30~22:00(L.O.21:00)<日>17:30~21:30(L.O.20:30) 定休日:月曜
電話番号:+82-2-542-3030
住所:A. 3F, Rodeo Bldg., 33, Dosan-daero 51-gil, Gangnam-gu, Seoul 
オフィシャルwebページはこちら

店の地図

 

 

2016年受賞店:日本・東京『florilege(フロリレージュ)』

3回目の受賞は、日本から。

既に実力人気とも東京を代表するフランス料理店が大胆にリニューアル、日本の優良な食材を駆使したイノベーティブなレストランに変貌を遂げた直後の受賞でした。

その後の活躍は言うまでもなく、2018年の「アジアのベストレストラン50」ではNo.3までランクアップ。

アジアを代表するレストランへと変貌を遂げています。

また、この「注目のレストラン賞」自体も、言葉通りに次の時代を築く、新鮮な風を吹かせる才能に与えられる賞だというコンセプトがくっきりしたように思えます。

 

『florilege(フロリレージュ)』店舗情報

営業時間:ランチ 12:00~13:30 ディナー 18:30~20:00 定休日:水曜
電話番号:+81 (0)3 6440 0878
住所:東京都渋谷区神宮前2丁目5−4 SEIZAN外苑
オフィシャルHPはこちら

店の地図

 

 

2015年受賞店:韓国・ソウル『羅宴/La Yeon(ラヨン)』

2回目の受賞はソウルにある韓国宮廷料理店。

現在では、ミシュラン3つ星を毎年キープしている名店中の名店というイメージですが、つい数年前まで、アジアレベルでは、フレッシュな新人扱いだったというのも、グルメシーンの移り変わりの早さを感じさせます。

 

『羅宴/La Yeon(ラヨン)』店舗情報

Korea-Seoul_La-Yeon

営業時間:ランチ 12:00~14:30 ディナー 18:00~22:00 定休日:無休
電話番号:+82 2 2230 3367
住所:Hotel Shilla 35F, 249 Dongho-ro, Jung-gu, Seoul
オフィシャルHPはこちら

店の地図

 

 

2014年受賞店:香港『Tenku RyuGin 天空龍吟』

記念すべき最初の「One to Watch Award」受賞店は香港の『天空龍吟』。

ご存知、日本料理の革命児『龍吟』の香港支店です。

今から振り返ると、確立した名店じゃん?と思わせるところも面白いですね。

日本語可!『天空 龍吟』をグルヤクで予約する

 

『Tenku RyuGin 天空龍吟』店舗情報

営業時間:18:00~21:30 定休日:無休
電話番号:+852 2302 0222
住所:101/F, International Commerce Centre, 1 Austin Road West, Tsim Sha Tsui, Kowloon, Hong Kong
オフィシャルHPはこちら

店の地図

 

 

関連記事

  1. OAD-2018-TOP200-Restaurants

    世界のレストランランキングOADによる「アジア・レストラン 2018」TOP200が発表

  2. How-To-Reservation

    効率的に海外レストランの予約を取る5つの方法。初心者でも簡単!

  3. Asia-Foodie-Ranking

    国別・都市別のアジア美食力ランキング。アジアを網羅するサービスの結果を総合して再集計してみました

  4. Singapore-Cocktail-Bar-Native

    「世界のベストバー50」2018年度発表。best 100にランクインしたアジアのバーを国・都市別にリストアップ

  5. Best-Restaurant-50-One-to-Watch

    「アジアのベストレストラン50」2018年度の「One To Watch Award」は、マニラの『TOYO EATERY』が受賞

  6. Thai-Bangkok-House-on-Sathorn

    「アジアのベストレストラン50」ランキングの統計から、注目のグルメシティを探ります