韓国・ソウル『Muoki(ムオキ)』イノベーティブ ☆

Seoul-Restaurant-Muoki

 

オープン1年半にして「ミシュランガイド ソウル」で1つ星を獲得した『Muoki(ムオキ)』。
『ファットダック』『キー』『ザ・テストキッチン』などアクの強い名店で研鑽を積んだシェフが奏でるトリッキーかつテクニカルな皿の数々が真骨頂。
もしかしたら、アジアの巨匠になる可能性も感じる注目の新鋭です。

Seoul-Restaurant-Muoki

平均予算:ランチ 7,000~10,000円、ディナー 15,000~20,000円 / 「ミシュランガイド ソウル 2019」1つ星

googleマップで場所を見る
日本語可!『Muoki』をグルヤクで予約する

インターナショナルなシェフのキャリアから生まれる、独自の料理

店名の「ムオキ」とは、南アフリカで樫の木を意味します。

ソウルでなぜ?と不思議だったのですが、南アフリカの名店『ザ・テストキッチン』で働いた経験があると聞いて納得。

Seoul-Restaurant-Muoki

このシェフのパク・ムヒョンさん、キャリアが非常に国際的で面白いです。

軍で調理師として勤めた後、アメリカ・ボルチモアのヒルトンの厨房に。

その後、イギリスの『The Fat Duck』、オーストラリアの『Quay』を経て、南アフリカの『The Test Kitchen』に5年間勤務、 Senior Sous Chefを勤めます。

それぞれ世界から客を呼べる名店ばかりですが、なかなか日本ではまだ少ないタイプの土地の選び方ですね。

そして、2017年9月に、この『Muoki(ムオキ)』をオープン。

1年半でミシュランガイド 2019」で1つ星を獲得と、今ノリにノッている新鋭と言えるでしょう。

アクジョンの隠れ家で

場所はアクジョンの南側、江南区庁駅から少し北東に入ったエリア。

看板の付いたビルを2階に上がったところにダイニングルームがあります。

seoul-restaurant-muoki

1人での予約だったので、カウンター席に案内されましたが、これがキッチンに近いことといったら!

seoul-restaurant-muoki

・メニューは、おまかせコース1種のみの展開

メニューはコースで1種のみ。料金は、135,000韓国ウォン(約12,500円)。

ランチは、60,000韓国ウォン(約5,800円)でショートバージョンのようなイメージのよう。

そのディナーの内容を、ここではご紹介していきます。

 

Snack 한입거리
Truffle Beef Tartare

Seoul-Restaurant-Muoki

アミューズは、牛肉のタルタルのトリュフがけ。サンドされているのは、マッシュルーム。

下に敷かれているクリスピーライスは、そのまま食べられるので、ここで食べきらなくても、皿と皿の間のワインのつまみに最適です。

Seoul-Restaurant-Muoki

最初のグラスは、シャンパーニュ。

 

Seasonality 봄
Seasonal Raw Fish

Seoul-Restaurant-Muoki

旬の白身の刺し身とチェジュ産のフルーツ。

一口で食べると、取り合わせの良さがわかります。

・中盤にこだわりの皿がてんこ盛り

Tomato #4 토마토 Ver.4
6 ways of tomatoes

Seoul-Restaurant-Muoki

春のトマト、ドライブラック、ピクルスなど、トマトだけで6つの調理法で味を楽しめる一皿。

クリームチーズソースと合わせると、カプレーゼっぽい味わいも。

シグネチャーの一つとして、シェフはこだわっているようで、バージョンを繰り返しているとか。

Seoul-Restaurant-Muoki

ワインは、アルザスのピノブラン。クリーンで酸味強め。

 

Asparagus 아스파라거스
Asparagus, Shitake, Reggiano

Seoul-Restaurant-Muoki

アスパラガスと、醤油で味付けされた椎茸。

ミニミニなポーチドエッグが載っています。

 

Muoki Egg 무오키 에그 Truffle, Foie Gras, Chicken」

チキンレバーにフォアグラ、トリュフのクリームソースなどが使われ、卵のかたちに。

 

Seoul-Restaurant-Muoki

ムオキエッグという名が付いたスペシャリテ。

日替わりの皿は、ラビオリ。中はビーフ。

Seoul-Restaurant-Muoki

チキンレバーにフォアグラ、トリュフのクリームソースなどが使われ、卵のかたちに。

口直しの一品は、ビール・・・みたいな風貌のもの。

Seoul-Restaurant-Muoki

実はアップルジュースで、ジンジャーやシナモン、ローズマリーなどの風味が足されています。

 

前半から中盤を駆け足でみてきましたが、かなりのてんこ盛りという印象。

トリッキーな皿が立て続けに提供されるというか、情報量がつまっているというか、これは一筋縄ではいかないなと思いつつ、コースは終盤へと向かっていきます。

 

外国語での予約が面倒な方は、代行予約が便利です▽
日本語可!『Muoki』をグルヤクで予約する

 

次ページ:ダブルの肉メイン、構成もトリッキーなコース後半へ >

店舗情報、予約の仕方、マップなどはこちら >

 

 

1

2

関連記事

  1. Bangkok-Thai-Restaurant-Nahm

    タイ・バンコク『nahm(ナーム)』オーセンティック・タイ ☆☆

  2. seoul-Restaurant-Ryunique

    韓国・ソウル『RYUNIQUE/류니끄(リュニーク)』コンテンポラリー・フレンチ ☆

  3. Korea-Seoul_Kwon-Sook-Soo

    韓国・ソウル『KWON SOOK SOO(クォンスクス)』 韓国料理 ☆☆

  4. Osaka-Restaurant-Kobayashi

    大阪・心斎橋『KOBAYASHI(コバヤシ)』イノベーティブ ☆

  5. singapore_lesamis

    シンガポール『Les Amis(レザミ)』モダン・フランス料理 ☆

  6. Siemreap-TheRedPiano

    カンボジア・シェムリアップ『The RED PIANO(ザ・レッドピアノ)』カフェ・バー

▽海外レストランを日本語で予約したい方は、こちらがおすすめ!▽


予約手数料=1人350円(税抜)
サイトに未掲載のお店もリクエスト可能

予約手数料=1組500円(税抜)
▽空港のラウンジが使えるプライオリティ・パスが付いています!▽

▽日本国内のレストランのweb予約は、こちらで!▽

カテゴリー