東京・経堂『ガラムマサラ』インド料理

tokyo-garam-masala

インドカレーの名店には留まらない、達人による創作スパイス料理。

小田急経堂駅にある、カレーの美味しいインド料理店。

普通に紹介すれば、こうなると思うのですが、『ガラムマサラ』の面白いのは、それだけに留まらないところでしょう。

カレーにしても、「梅ベジカレー」だとか「レモンチキンカレー」だとか、現地にはないようなメニューも並びますが、これがまた美味しいんです。

tokyo-garam-masala

言ってみれば、創作料理なのですが、決して破綻せず、やっぱりインドのスパイス料理だなと納得させる説得力があるのが、特徴でしょう。

それも、オーナーのハサン氏の天才的なセンスがなせる技だと思います。

 

創作スパイス料理の真髄を味わいたいなら、ディナーがオススメ

そのスパイスの達人のセンスは、ランチのカレーでも垣間見えますが、やはりディナーで味わいたいものです。

「カレー」「タンドリー」「ティカ」など一般的なインド料理だけでなく、巻頭の写真のように、サバ缶(写真冒頭)までもが極上のスパイス料理に変身し。

tokyo-garam-masala

「生春巻き」もインド系香辛料とパクチーで、スパイシー!

tokyo-garam-masala

経堂のエスニック料理カルチャーの牽引車

この『ガラムマサラ』のある経堂から祖師谷大蔵などにかけては、なぜかスパイス系エスニック料理の名店が連なるエリアです。

2018年3月に惜しまれつつも発展的閉店をしたパクチーブームの火付け役『パクチーハウス東京』や、四川料理の隠れた名店『蜀彩』も経堂にあります。

また、通常はイベント的にビリヤニを出す店があったり、ワインバーでもスパイシーなソーセージがあったり。

マレーシア・カレーを東京に根付かせた『馬来西亜マレー』も2駅先の祖師ヶ谷大蔵にあります。

『ガラムマサラ』は、そんな無国籍感を楽しめる経堂にした立役者だとも言えるでしょう。

 

 

『ガラムマサラ』店舗情報

営業時間:ランチ 11:30~14:30(L.O 14:00)※、ディナーランチメニューのみ、ディナー 17:30~22:30(L.O 21:30)※入店は21:30まで、日曜営業
定休日:木曜日
電話番号:03-3427-1985
住所:東京都世田谷区経堂1-22-18 タイムポート経堂 2F
オフィシャルwebはこちら

予約に関して

週末の夜や、奥の半個室を使いたい場合は、予約しておいたほうが確実です。
電話にて予約可です。

店の地図

 

 

関連記事

  1. Baali-Ubudo-Locavore-to-Go

    バリ島ウブド『Locavore To Go(ロカヴォール・トゥー・ゴー)』デリ&カフェ ☆

  2. Singapore-Restaurant-The-Bleu-Ginger

    シンガポール『The Blue Ginger(ブルージンジャー)』プラナカン料理 ☆

  3. tokyo-natural-wine

    “ワイン天国”東京で良質な自然派ワインが揃う店 Pt.2:イタリアン・西欧料理全般・中華料理・和食

  4. tokyo-lature

    東京・渋谷『LATURE(ラチュレ)』フランス料理

  5. 東京・下北沢『Cuore forte(クオーレ・フォルテ)』イタリア料理

  6. 東京・浅草『Hommage(オマージュ)』フランス料理

▽海外レストランを日本語で予約したい方は、こちらがおすすめ!▽


予約手数料=1人350円(税抜)
サイトに未掲載のお店もリクエスト可能

予約手数料=1組500円(税抜)
▽空港のラウンジが使えるプライオリティ・パスが付いています!▽

▽日本国内のレストランのweb予約は、こちらで!▽

カテゴリー