タイ・バンコク『EAT ME(イート・ミー)』モダン・インターナショナル ☆

『GAGGAN』『NAHM』と並び、バンコクのレストランとして「アジアのベストレストラン50」開始からすべての年でBest 50以内に入っている、この『EAT ME(イート・ミー)』。
10年以上も前からニュー・オーストラリア・キュイジーヌを提供している隠れたトレンドセッターだったのですが、その楽しさの本質は、トータルな空気感にありました。

googleマップで場所を見る 日本語可!『イートミー』をグルヤクで予約する

隠れたトレンドセッターだったベテラン店

bangkok_eatme
レストランという場ならではの楽しさがあるお店だと思います。

料理に斬新なクリエイティビティがあるか?とか、ずば抜けて美味しいのか?と訊かれたら、正直、答えに詰まってしまいます。

けれども、やはり、この店にしかない空気感があって、それに引き寄せられ、つい通ってしまう雰囲気が最大の強みでしょう。東京のレストラン通だったら、表参道のイタリアン『トラットリア シチリアーナ ドンチッチョ』 にもと言えば、ニュアンスをわかってくれる方もいるかもしれません。

バンコクのメインエリアであるシーロムとサトーン、どちらからもアクセスの良さが魅力

場所は、BTSのサラディーンとチョーンノンシー駅のちょうど中間、どちらからも徒歩で10分くらい。コンベント通りを入ってすぐのソイ・ピパットにあります。

バンコクでもシーロムとサトーンは何かと行く機会の多いエリアので、店との最初の出会いは、この立地がきっかけ。

夜のそぞろ歩きの際に、偶然前を通り、「オシャレなバーだな」「面白い店名だな」と思って入ってみたのでした。

bangkok_eatme
1階はバー・スペース。

グリーンをうまくあしらったインテリアは、モダンでありながらも、程よくトロピカルな雰囲気もあって、とくに旅行者にはありがたいしつらえ。

お酒を飲みながら、軽くつまむくらいなバー利用で行くことが多いので、この心地よさはありがたいです。

bangkok_eatme
2階がダイニングスペース。

室内とテラスがありますので、南国気分を味わいたい短期滞在者は、オープンエアでの食事もいいかもしれません。

bangkok_eatme
ときどき『イート ミー アート レストラン』と店名を表記された記事などを見かけますが、実はアートギャラリーも兼ねていて、さりげなく飾ってあるのはオーストラリアやタイのコンテンポラリーアーティストの作品です。

 

ニュー・オーストラリア・キュイジーヌを、バンコクでさりげなく提供

料理は、ニュー・オーストラリア・キュイジーヌの範疇に入るものでしょう。

オーナーは、オーストラリア人のダーレン氏で、現在のシェフはアメリカ出身。

ニュー・オーストラリア・キュイジーヌをきちんと説明すれば、移民国家オーストラリアの多民族文化を反映した料理ということになるでしょうか。さまざまな国の味をミックスしたフュージョン料理で、『イート・ミー』に関しては、イタリア料理をベースにアジアやアメリカの食文化をおしゃれに取り入れた料理とざっくり捉えれば、大きく外すことはないと思います。

メニューは豊富で、季節によって入れ替わる料理が、B4サイズの紙にびっしり書かれています。

bangkok_eatme
アーティチョークやモッツァレラを使ったサラダ。緑菜やチーズもしっかりとフレッシュ。

 

外国語でのやり取りが面倒な方は、予約代行サービスが便利です。
日本語可!『イートミー』をグルヤクで予約する

 

次ページ:シーフードが真骨頂 >

店舗情報、予約の仕方、マップなどはこちら >

 

 

1

2

関連記事

  1. bangkok-restaurant-saawaan

    タイ・バンコク『Saawaan(サアワアン)』コンテンポラリータイ料理

  2. Shanghai-Rstaurant-Canton8

    中国・上海『喜粤8号/CANTON 8』広東料理 ☆☆

  3. 和歌山・南紀白浜『幸鮨(こうずし)』寿司

  4. Bangkok-L'atelie- de-Joel-Robuchon

    タイ・バンコク『L’atelier de Joel Robuchon Bangkok(ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション)』フレンチ ☆

  5. Bangkok-Ku-Bar

    タイ・バンコク『Ku Bar(ク・バー)』カクテルバー ☆

  6. Bangkok-Top-Tabele-2018

    バンコク・レストランランキングの決定版! 英字タウン誌『BK Magazine』による「Top Tables 2018: Bangkok’s 100 best restaurants」がリリース