タイ・バンコク『Gaa(ガー)』イノベーティブ ☆☆

・『ガガン』のDNAにニューノルディックキュイジーヌの現代性をプラスした『ガー』

コースは、さらに続きます。

「Crayfish, Khakhra」。

ザリガニ。プリプリ感がたまりません。

「Cauliflower, Caramelized Whey, Add on Royal Project Cavier」。

キャラメライズドしたカリフラワーに、オプションのキャビア。

「Pork Rib」。

ここまでざっと見ていきましたが、食材を生かした料理が特徴でしょうか。

カリフラワーに付いていたキャビアは、タイ王室がプロデュースしている国産もの。その他、コーンやザリガニなどの食材のほか、パクチーなどハーブやスパイスの使い方は、タイの食文化を積極的に取り入れようという意志が伺えます。

そういった食材への信頼、地産へのアプローチに、ニューノルディックキュイジーヌの影響も垣間見えたのですが、訊いてみたら、Garima Arora(ガリーマ・アローラ)シェフは『noma』で働いていたこともあったそう。確かに、「ポークリブ」のプレゼンテーションには、ストレートにその経験が出ているかもしれません。

・ポエティックなセンスも随所に

メインが出た後で、ちょっと一息。「Caramelized Onion Bread, Homemade Butter」。

 

包みの中にはメッセージ入り。イギリスの作家ゼイディー・スミスの言葉がタイプされたメッセージ入りの包みには、パン。玉ねぎ入り。

ボソボソ感のある自家製バターも独特です。

「Egg Fruit Icecream」。

デザートはエッグフルーツ(カニステル)のソフトクリーム。

そして、シナモンが効いたインドの小菓子「Bakharwadi/バカルワディ」に、少し変化球で「koji ganache/麹のガナンシュ」。

 

と、終盤になって、アローラ・シェフのルーツであるインドの食文化が顕著に表現されています。

・バンコクにおける今後のガストロノミー・シーンをリードしていく存在

「青は藍より出でて藍より青し」ということわざがあります。

これを聞くと、どっちが師か弟子か、結局どっちが優れているのか、いつも混乱してしまうのですが、師と弟子の関係を考えるときに、私が基準としているのが、たけし軍団です。

北野武は常々「司会をやらせれば、タカのほうが俺よりうまい。漫才をやらせれば、浅草キッドのほうがうまい。けれど、全部やれるのは俺だけだ」と言っていたと記憶しています。

先のことわざでは、藍が師で、青が弟子なのですが、どちらが優れているかを考えること自体がナンセンスなのかもしれません。

強いて言うなら、一代で何かを築き上げた師は総合力に勝り、そこから出てきた優れた弟子はより特化した才能に恵まれることが多いのではないでしょうか。

この『ガア』も、師のスピリッツを継承しつつも、アプローチはシェフなりに若干シフトしているところが印象的でした。

『ガガン』では、壮大すぎてつかみどころがなかった部分も、ピントがピシッと合った感があります。ニュー・ノルディック・キュイジーヌを通過した料理と私自身が相性がいいということもありますが、『ガガン』だけではなく『ノマ』のDNAを内包するアローマ・シェフの料理は、素直に舌と胃と頭に入ってきます。

まだ、オペレーションなどに、こなれていない面はありましたが、今後、確実のバンコクのガストロノミーシーンをリードしていく存在となるでしょう。とくに『ガガン』がクローズする予定の2020年以降は。

『GAA』のインスタ最新投稿をチェックする

 

 

『GAA(ガア)』店舗情報

コース料金:3,2000THB(約11,500円)
営業時間:18:00~L.O. 21:30 定休日:無休
電話番号:+66 91 419 2424
住所:68/4 Soi Langsuan, Ploenchit Road Lumpini, Phathumwan, Bangkok 10330
オフィシャルwebページ(英語)はこちら

Thai-Bangkok-Restaurant-Gaa

ドレスコードと店の雰囲気

カジュアルな店ですが、いわゆる「スマートカジュアル」が無難でしょう。食事の間も含めて、英語かタイ語が話せる方なら、まったく問題ありません。日本語でのコミュニケーションは難しいと考えた方がいいでしょう。

予約の仕方

予約はオフィシャルHPから(英語、タイ語)。英語などでの予約が苦手な方は、下記のサイトなど日本語で予約代行をしてくれるサービスを利用するのもいいと思います。
日本語可!『ガア』をグルヤクで予約する

店の地図

 

1

2

関連記事

  1. bangkok_bolan

    タイ・バンコク『Bo.Lan(ボラン)』オーセンティック・タイ ☆☆

  2. Seoul-Restaurant-Muoki

    韓国・ソウル『Muoki(ムオキ)』イノベーティブ ☆

  3. ベトナム・ホーチミン『Hue House(フエハウス)』ベトナム料理

  4. shanghai_wujie-meisuguan

    中国・上海『大蔬無界 徐家匯公園 美素館/Dashuwujie Jiahuigongyuan Meisuguan』ベジタリアン料理 ☆

  5. bangkok_supanniga-eating-room

    タイ・バンコク『Supanniga Eating Room(スパンニガー・イーティング・ルーム トンロー店)』タイ東北料理

  6. manila-Raging Bull Chophouse & Bar

    フィリピン・マニラ『Raging Bull Chophouse & Bar(レイジングブル チョップハウス&バー)』ステーキ ☆

▽海外レストランを日本語で予約したい方は、こちらがおすすめ!▽


予約手数料=1人350円(税抜)
サイトに未掲載のお店もリクエスト可能

予約手数料=1組500円(税抜)
▽空港のラウンジが使えるプライオリティ・パスが付いています!▽

▽日本国内のレストランのweb予約は、こちらで!▽

カテゴリー